マタニティ
ホーム > マタニティ

マタニティ

妊婦さんにも安心・安全な鍼灸治療

マタニティ鍼灸は副作用がなく、妊娠中のお母さんとお腹の赤ちゃんにとって安心・安全な治療法です。

逆子つわり早産予防安産など、妊婦さんのケアに広く用いられてきた歴史があります。

全身の血行が改善されるので、お母さんの体調が良くなり、赤ちゃんの健やかな発育も促進されます。

また、出産時の出血が少なくなり、出産にかかる時間も短くなって、お母さんと赤ちゃん両方の負担を減らすことにつながります。

妊娠中に鍼灸ケアを受けていたお母さんから、初産なのに安産だったとたくさんの報告をいただきます。

出産がスムーズだった妊婦さんは、「産後の肥立ち」が良いのも特徴です。

赤ちゃんを出産後、お母さんのからだは妊娠前の元のからだに戻っていきます。

産後、心とからだが順調に回復していくことを「産後の肥立ちが良い」といいます。

血流の良いからだは回復力があり、産後の肥立ちもスムーズです。




でも、鍼は痛くない?お腹の赤ちゃんに鍼は刺さらない?お灸は熱くない?と不安に思っている方も多いと思います。

ご安心ください。

妊婦さんの治療には、鍉鍼(ていしん)という先を丸くした刺さらない特別な鍼を使用しています(写真)。

お腹や背中、手足にやさしく接触させて治療を行うので、お母さんにもお腹の赤ちゃんにも安全です。




お灸は知熱灸(ちねつきゅう)と言って、やわらかな温度が広がります。

とても心地のよい感覚なので、治療中に眠ってしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

当院では、最小限の刺激量で最大限の効果を出す治療をこころがけています。

衛生面にも配慮して、鍉鍼(ていしん)はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で完全消毒したものを、シーツはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

このように、マタニティ鍼灸は安心・安全な治療で、お母さんの健康と赤ちゃんの成長にとってとても効果的です。

マイナートラブルにも鍼灸治療は最適です

マイナートラブルとはお母さんのからだやお腹の赤ちゃんに深刻な影響をあたえるほどではないけれども、辛くて悩ましい症状のことです。

妊娠中のマイナートラブル

 つわり
 逆子
 腰や股関節・恥骨の痛み
 手足のむくみ
 お腹のはり
 足をつる
 静脈瘤
 倦怠感
 便秘
 痔
 風邪 など

 

 

病院では、妊娠中は薬の副作用のことを考慮して、多くの場合、経過観察(治療をしないで様子をみる)となります。

そんなとき、副作用の心配がない鍼灸は、妊婦さんの治療にとても適しています。

例えば、逆子やつわりには、「三陰交(さんいんこう)」や「至陰(しいん)」、「内関(ないかん)」など、何千年も前から用いられてきた伝統的なツボがあります。

もちろん、その他の症状にも、昔から妊婦さんの治療に使われてきたツボがたくさんあります。

病院のない時代から、妊婦さんの健康を守る治療法として鍼灸は発展してきました。

温かいからだを保ちましょう

一般に、妊婦さんはみなさん体温が高くなります。人によっては暑いと感じることもあります。

これは、赤ちゃんの健やかな発育には温かな環境が必要だからです。

お腹の赤ちゃんのために、お母さんのからだはとても温かくなります。

ところが、悩ましい症状を抱えている妊婦さんの中には、冷えている方が多くいらっしゃいます。

冷えを自覚している妊婦さんも、そうでない妊婦さんも、お灸をするととても気持ちがよいと感じます。

これはからだの芯が冷えて、熱を必要としている状態だからです。

全身の血流をわるくする冷えは、からだの回復力を低下させてマイナートラブルをひきおこす原因になります。


東洋医学では、昔から「冷えは万病のもと」といわれてきました。

近年、産婦人科でも「からだを冷やさないように」と妊婦さんにアドバイスするところが増えてきました。

西洋医学の分野でも、妊婦さんの冷えに注意を払うようになってきたのです。

温かいからだを保って、快適なマタニティライフをすごし安産を迎えましょう。


リラックスした日々を過ごしましょう

温かいからだを保つには、リラックスした毎日を過ごすことが大切です。

体温は主に内臓などでつくられ、血流にのって全身には運ばれます。

リラックスしているときは、副交感神経(ふくこうかんしんけい)が優位にはたらいて血管を広げ血流がよくなるので、体温がからだの隅々に届いて温かくなります。

ところが、家事や育児、仕事などのストレスで緊張状態が長く続くと、反対に交感神経(こうかんしんけい)が過剰にはたらき、血管が収縮して血流がわるくなります。

すると、だんだんとからだの芯から冷えてきます。

毎日の暮らしの中で、ご自身のペースで家事や仕事ができる環境はストレスも少なく、体調も良く感じられます。

でも実際には、上のお子さんの育児や家事、仕事の都合や心配ごとなどが重なり、なかなか思いどおりにいかないこともあります。

そんなとき、鍼灸治療は日常生活による緊張やストレスを解きほぐす手助けをします。

鍼灸リラックスモードをつかさどる副交感神経のはたらきを高める作用があるので、治療後は、こころもからだもリラックスモードに切り替わります。

心身をリラックス状態に導き温かいからだを保つ治療は、鍼灸が最も得意とする治療の1つです。

からだが温まり血流が良くなると、回復力も高まりマイナートラブルの改善につながります。

赤ちゃんは温かくてここちの良いお母さんのお腹で、誕生に向けてすくすくと成長することでしょう。

マイナートラブルにお悩みのお母さん、赤ちゃんの健やかな発育を願うお母さん、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。



 

お気軽にお問い合わせください

 

 

 

card当院では、千葉県の「子育て応援!チーパス」カードをご利用いただけます。 カード提示で、施術料を500円引きさせていただきます。
ぜひご活用ください。
はなもも鍼灸治療院は、千葉県の「子育て応援! チーパス事業」に協賛しています。

関連記事

 

 

syussan_akachanご自宅でのお産や母乳育児相談におすすめの助産院はこちら →白井助産院

 

 

はなもも便り