自律神経
ホーム > 自律神経

自律神経

自律神経は心臓や血管、胃腸などの内臓のはたらきや、体温、睡眠、生殖機能などを調整しています。

脳の指令を受けずに独立してはたらくことから、自律神経と呼ばれています。

みなさんが寝ている間も心臓が動いたり、呼吸をしているのは、自律神経が自動的にコントロールしているからです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります

自律神経には交感神経副交感神経があり、それぞれ正反対のはたらきをして、シーソーのようにバランスをとり合っています。




交感神経は主に昼間の活動時に優位になる神経で、心臓の拍動を高め、血管を収縮させて血圧を上げ、消化器の働きを抑制し、からだや精神活動を活発にします。

一方、副交感神経は食事のときや休息時に優位になる神経で、心臓の拍動をゆるやかにし、血管を拡張して血流を促し、心身をリラックスモードに整えます。

このように2つの自律神経(交感神経と副交感神経)は、バランスをとりながら、からだの働きを安定的に調整しています。

自律神経は免疫もコントロールしています

自律神経についてもう1つ重要なことは、免疫系にも連動しているということです。

わたしたちのからだには「免疫」と呼ばれる自己防御システムが備わっていて、ウイルスや細菌などの外敵や、がん細胞などからからだを守っています。

白血球は、この免疫システムの中で中心的なはたらきをしています。

白血球には、リンパ球顆粒球などがあり、白血球の約60%は顆粒球が占め、約35%はリンパ球が占めています。

顆粒球とリンパ球はともにからだを敵から守っていますが、それぞれ働きに違いがあります。

顆粒球は、細菌などサイズの大きな異物を食べて処理する係です。

この顆粒球は、役目を終えると、活性酸素を放出しながら死んでいきます。

活性酸素は病のもとであり老化を引き起こすといわれますが、わたしたちのからだには、活性酸素無毒化するしくみが備わっているので、通常は心配ありません。

しかし、顆粒球が増えすぎて活性酸素が過剰になると、無毒化が追いつかなくなり、さまざまな病を招くことになります。

このように、顆粒球は外敵の侵入を防ぐ大切な役割がありますが、増えすぎると病気を引き起こすことになります。

一方、リンパ球は、ウイルスなど小さな異物やがん細胞を攻撃するはたらきがあります。

リンパ球は、異物を「抗原」と認識すると、抗原に対抗できる「抗体」を作って病気からからだを守っています。このしくみを「抗原抗体反応」といいます。

そして、近年、白血球自律神経の支配をうけていることが明らかになりました。

交感神経が優位になると、顆粒球が増え、副交感神経が優位になると、リンパ球が増えます。

自律神経の指令を受けながら、両者はバランスをとり合い、病からからだを守っているのです。


自律神経の乱れはさまざまな不調を招きます

このように、自律神経は、心臓や血管、胃腸などの内臓のはたらきや、体温、睡眠、生殖機能などの調整、そして、免疫システムまでコントロールしているとても大切な神経です。

交感神経副交感神経がバランスよく働いているときは、体調も良く健康を感じられます。

しかし、過労や精神的ストレスで交感神経の緊張が続くと、自律神経のバランスが徐々に乱れてきて様々な症状があらわれます。

自律神経は体の全ての器官をコントロールする制御装置です。

この制御装置の乱れからおこる症状は、頭、耳、目、皮ふ、消化器、循環器、生殖器など、からだのいたる所にあらわれます。

そして、あらわれる症状も、眠れない、食欲がない、胃酸が逆流する、疲れがとれない、手足がむくみ冷える、肌が荒れる、慢性的に肩がこる、腰がいたい、頭が重い、イライラする、不安感がつよい、のぼせる、めまいがする、耳鳴りがする、月経周期が乱れる(月経不順)、赤ちゃんになかなか恵まれない(不妊)など、人によって千差万別です。




さらに、交感神経の緊張が強くなると、顆粒球が過剰にふえ活性酸素をまきちらして、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳卒中などの脳疾患、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、腎不全、甲状腺機能亢進症、子宮内膜症、がんなど、さまざまな病気を招くことになります。

病気の大半は、交感神経の過剰な緊張でひきおこされています。

一般に、「ストレスはよくない」と言われるのはこのためです。

健康は自律神経のはたらきにかかっています。

東洋医学の立場から自律神経を考えてみましょう

では、自律神経のはたらきを、東洋医学ではどのように診ているのでしょうか。

東洋医学の基本概念に、「陰陽論」というものがあります。

ひとのからだには、陰と陽の2つのはたらきがあり、この2つのバランスが保たれている状態が健康とされてきました。

すべてのものには二面性、陰と陽があり、そして陰陽は相対的なものと考えます。

一方が陰なら一方は陽です。反対のものでありながら、調和する、それが陰と陽です。




たとえば、女性(陰)と男性(陽)、1人の人を見た場合は、お腹(陰)と背中(陽)などです。

からだの働きでは、正反対の役割をする副交感神経交感神経はまさに陰と陽です。

自律神経以外にも、ホルモンなどで、陰陽の作用をもつものがたくさんみつかっています。

陰があるから陽があり、陰だけ、あるいは陽だけが単独であるのではないのです。

自律神経やホルモンの存在がわかるよりも遥か昔から、東洋医学は数千年におよぶ治療の積み重ねの中で、陰陽というからだのしくみを解き明かし、治療にとり組んできました。

自律神経は鍼灸が最も得意とする治療の1つです

また、東洋医学では、昔から「冷えは万病のもと」とされてきました。

ひとのからだは、過労や精神的ストレスなどにより「冷え」が生じると、陰陽のバランスが崩れ、さまざまな病を招くことになります。

この冷えを「根元的な冷え」と呼び、病の根本原因と考えてきました。

近年、西洋医学の分野でも「体温が1度下がると免疫力は30%低下する」といわれるようになりました(ここでいう免疫力とは、先にお話しした免疫システム(白血球)のことです)。

東洋医学で昔から言われてきた、冷えがからだに及ぼす影響が、科学的にもわかってきたのです。

鍼灸治療は、数千年におよぶ歴史のなかで「冷えをとり、陰陽のバランスを整え、健康なからだを導く」という治療を追求し発展してきました。

からだの最も基本的なしくみといえる陰陽のバランス(自律神経のバランス)を整える治療は、鍼灸が最も得意とする治療の1つです。

辛い症状でお悩みの方、不調の原因は自律神経の乱れから?とお悩みの方、ぜひ一度はなもも鍼灸治療院へご相談ください。



参考文献 小林詔司:積聚治療 医道の日本社、安保徹:「やめてみる」病気は自分で治せる 永岡書店

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

関連記事

 

 

はなもも便り