自律神経
ホーム > 自律神経

自律神経

自律神経は心臓や血管、胃腸などの内臓の働きや、体温、睡眠、生殖機能などを調整している神経です。脳の指令を受けずに独立してはたらくことから、自律神経と呼ばれています。みなさんが寝ている間も心臓が動いたり、呼吸をしているのは、自律神経が自動的にコントロールしているからです。

詳しいページ

自律神経とは

また、免疫機能の調整も行っています。自律神経の働きが良いと免疫力が高まり、病気にもかかりにくくなります。

このような症状の方が来院されています

自律神経は内臓の働きから免疫システムまでコントロールしているとても大切な神経です。自律神経がうまく機能していると、体調も良く健康を感じられます。

しかし、過労や精神的ストレスが続くと、自律神経の働きが徐々に乱れてきて様々な症状があらわれます。

当院を訪れる患者さんも、眠れない、食欲がない、胃酸が逆流する、疲れがとれない、手足がむくみ冷える、肌が荒れる、慢性的に肩がこる、腰がいたい、頭が重い、イライラする、不安感がつよい、のぼせる、めまいがする、耳鳴りがする、月経周期が乱れる、赤ちゃんになかなか恵まれないなど、様々です。うつ病やパニック障害を併発している方もいらっしゃいます。

自律神経は、からだの全ての器官をコントロールしている神経です。ですから、あらわれる症状も多岐にわたります。

辛い症状でお悩みの方、不調の原因は自律神経の乱れから?とお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

症状ごと


関連するページ


お気軽にお問い合わせください

はなもも便り