爪もみ健康法
ホーム > 爪もみ健康法

爪もみ健康法

 健康な毎日をおくるためには、自律神経のバランスを整えておくことはとても大切です。

 fufu_youngなぜなら、自律神経は自分の意思に関係なく身体の働きを調整する神経で、無意識にしている呼吸、消化、排泄、睡眠、体温調整などをコントロールしています。生命を維持するための重要な働きをします。

自律神経のバランスが崩れると・・・

 自律神経には副交感神経と交感神経があり、副交感神経は血管を拡張して血行をよくし、交感神経は血管を収縮して血行を緩やかにするなど、正反対の働きをします。お互いが24時間、365日休まずバランスをとりあい、身体の働きを調整しているのです。

 natsubate_girl tsukareta_business_man副交感神経と交感神経のバランスが崩れると、のぼせ、冷え、浮腫み、不眠、便秘・下痢、イライラ、慢性的な肩こり・腰痛など、様々な不調を招くことになります。

 さらに、自律神経のバランスは免疫力にも影響していると考えられるようになりました。自律神経と免疫力は連動しているのです。(詳しくはこちら→自己治癒力と自律神経の関係

 baikin_komatta body_hakkekyuu免疫力の主役である白血球は、全身の血流をめぐり細菌・ウイルスなどの異物から身体を守っています。白血球は顆粒球、リンパ球などの免疫細胞を持ち、絶妙な役割分担を行っています。

 顆粒球は細菌などを食べると、化膿性の炎症を起こします。また異物を食べた後、顆粒球は体内で活性酸素をまき散らし、健康な細胞や組織を破壊してしまいます。活性酸素が増えると、がん、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、白内障などの病気の原因になります。

 このように顆粒球は異物の侵入を防ぐ大切な役割を持っていますが、これが増えすぎるとかえって病気を引き起こしてしまうのです。

 一方、リンパ球はウイルスなどが体内に入ると、これに対抗できる抗体を作り、病気から身体を守ってくれるのです。

 そして近年の研究から、交感神経が優位になると顆粒球が増え、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えることが解明されたのです。
 免疫力が正しく働くかは、自律神経のバランスにかかっているのです。

 人の体は、無理やストレスが高じると交感神経が過剰に働きます。すると血管の収縮が徐々に強くなってくるため、血流障害が起こり、体が冷えてきます。さらに、顆粒球が過剰に増えて、さまざまな病気を招くことになるのです。

爪もみ健康法

happy_woman4★爪もみで自律神経のバランスを整え、健康な身体に!

 自律神経失調症様の症状に効果的です。
 副交感神経と交感神経のバランスが整い、自己治癒力(免疫力)が蘇ります。

 
 爪もみは、自律神経のバランスを整え、自己治癒力を回復すると考えられています。

 また、それぞれの指には次のような病気に対する効果があると言われています。

井穴1親指  :アトピー性皮膚炎、ぜんそく、ドライマウス、リウマチ、
      円形脱毛症、がん など
人差し指:クローン病、潰瘍性大腸炎、胃・十二指腸潰瘍 など
中指  :難聴、耳鳴り など
薬指  :交感神経を刺激するため基本的にもまない
小指  :認知症、物忘れ、手足のしびれ、生理痛、更年期障害、
     子宮筋腫、子宮内膜症、不安神経症、うつ など

 井穴1日2回、爪の生え際の角(井穴「せいけつ」と呼ばれるツボ)をもう一方の手の親指と人差し指でつまみ、1か所10秒(症状に対する指は20秒)ずつ、少し痛いぐらいの強さでもんでください。

 最近ストレスがたまっているなぁ、体調を崩しやすいなぁ、という方はぜひお試しください。

                               引用文献 安保 徹:「やめてみる」病気は自分で治せる 永岡書店 

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り