月経不順(生理不順)の鍼灸治療
ホーム > 月経不順(生理不順)の鍼灸治療

月経不順(生理不順)の鍼灸治療

 近年、月経不順(生理不順)に悩まされている女性が増えてきていると言われています。

 正常な月経は周期が25~38日、期間が3~7日とされています。このような規則的な月経周期がみられない状態を「月経不順(生理不順)」と言います。

 月経不順は、他の病気が潜んでいることがあったり、放置しておくと不妊症を招いたり、また、自律神経失調症状を併発することもあるので注意が必要です。

 ここでは、月経不順が起こるメカニズムと根本原因、そして、鍼灸治療の有用性について、東洋医学と西洋医学の知見を交えながらわかりやすくお話しします。

 下線部分をクリックすると、ご覧になりたい章に移動します。

 第1章 月経不順(生理不順)の起こるメカニズム
 第2章 月経不順(生理不順)の根本原因と鍼灸治療
 第3章 月経不順(生理不順)に効果的なツボ

第1章 月経不順(生理不順)の起こるメカニズム

 月経は卵巣から分泌される性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の周期的な変動によって起こる生理的な現象です。

 月経は周期的に訪れてこそ、健康な身体が保たれているのです。

 では、なぜ月経不順になるのでしょうか?

woman_question 月経と密に関係している性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌量は、脳の中にある脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンによって調節されています。

 脳下垂体はさらに視床下部(間脳)によってコントロールされています。

 視床下部(間脳)の指令→脳下垂体の調整→性ホルモンの分泌量

 月経不順の原因は様々あり、何らかの病気が潜んでいる場合や、多くの薬を常用している人は、薬剤の影響も月経不順の要因になることがあると言われています。

 月経不順の特に大きな要因は、ホルモンの調節機能の失調により生じます。

 この中で最も多いのは、視床下部のホルモン調節機能の失調です。

 月経不順は精神的、肉体的ストレスでも生じます。これは、視床下部にある女性ホルモン調節中枢がストレスの影響を受けやすいからです。

 視床下部には、女性ホルモン調節中枢の他に、怒りや不安などを司る情動中枢や、自律神経の調節中枢などもあります。

 そして、この3つは極めて近くにあり、密接に連動しているのです。

 このため、女性ホルモン調節中枢はストレスの影響をとても受けやすいのです。

komatta_woman 女性ホルモンの調節中枢が乱れると、卵巣から分泌される性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌量に影響が出ます。

 エストロゲンは子宮内膜を厚くする働きがあります。また、プロゲステロンは子宮内膜に十分な栄養が行きわたるように作用します。

 これらの性ホルモンが不足すると子宮内膜の剥離を招いて不正出血し、月経不順を起こすことになるのです。

 ストレスなどにより女性ホルモン調節中枢が影響を受ける→性ホルモンの分泌が乱れる→不正出血を起こし月経不順を招く

 さらに、身体をコントロールしている自律神経がバランスをくずし、頭痛、イライラ、胃痛などの不調が引き起こされることもあります。

katakori_womanvirus_zutsuu このように、ホルモン分泌、自律神経、情動はとても密に関係しているのです。

ページトップに戻る

第2章 月経不順(生理不順)の根本原因と鍼灸治療

 東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」と言われてきました。

 さまざまな身体の機能が冷えにより低下していくと考えられています。

 月経不順や自律神経失調症状も「冷え」が原因と考えられてきました。

 また、人の身体には陰と陽の働きがあり、この2つのバランスがとれている状態が良いと言われています。

 東洋医学の基本概念に陰陽論という考え方があります。

 すべてのものには二面性、陰と陽があり、そして陰陽は相対的なものと考えます。一方が陰なら一方は陽です。

 反対のものでありながら調和する、それが陰と陽です。

 たとえば、女性(陰)と男性(陽)、1人の人を見た場合は、下半身(陰)と上半身(陽)などです。

 人の身体の働きでは、自律神経の副交感神経(陰)と交感神経(陽)などです。また、ホルモンにも陰と陽の作用をするものがたくさん見つかっています。

 陰があるから陽があり、陰だけ、あるいは陽だけが単独であるのではないのです。

happy_woman4 そして、人は陰陽のバランスが整い、気血のめぐりが良く、温かい身体が健康な状態なのです。

 身体が冷え、気血のめぐりが乱れ、陰陽のバランスが崩れることで、さまざまな症状が現れると考えられてきました。

 これはまさに、西洋医学で言う、血流障害(気血の乱れ)や自律神経やホルモンのバランス(陰陽のバランス)のことを意味しているのです。

 そして、東洋医学は数千年におよぶ治療の積み重ねの中で、冷えと病の関係について明らかにしてきました。

 人の身体は、生活習慣やストレス、交通事故などの外傷、環境などの要因により、気血の流れに偏りや滞りが起きます(=体内の循環システムに乱れが起きます)。

 そして、陰陽のバランスが乱れ、だんだんと身体の芯に「冷え」が生じ、様々な症状が現れるのです。

 月経不順もその多彩な症状の1つです。

 東洋医学ではこの冷えを「根元的な冷え」と呼び、病の根本原因と考えています。

  たとえば、私たちの身体は、仕事や家事で忙しかったり、悩み事や人間関係によるストレスを受けると、交感神経が緊張して、脈拍を上昇させます。

 ある程度のストレスは、血流が増え血行も良くなって良いのですが、いき過ぎた時が問題なのです。

 いき過ぎると血管の収縮が徐々に強くなってくるため、血流障害が起こり、身体が冷えてきます。

 そして、「顔色が悪い」「寒がり」「手足が冷える」などの症状が現れてきます。

hiesyou_woman kibunwarui_woman活発に生きている人は、とてもはつらつとしていますが、限度を超えると身体は冷え、だんだん元気がなくなってきます。

 ストレスや生活習慣、外傷、環境などの要因により、身体が冷え、そして、月経不順の症状が現れているのです。


 西洋医学では、エストロゲンなどの不足している性ホルモンにスポットを当てて症状を緩和させます。

 薬で不足しているホルモンを補充しながら、その人のホルモン分泌機能が回復するのを待ちます

 悩ましい症状を抑える薬の効果はすばらしいものです。しかし、残念ながら症状は繰り返し起こります。

 それはなぜでしょうか?

 薬は不足しているホルモンを「一時的」に補充するものであって、月経不順の根本原因を取り除くものではないからです。

 一時的に補充したホルモンが足りなくなれば、また症状は繰り返します。

 薬はホルモンの分泌機能を回復させるものではないのです。

 一方、東洋医学では病の根本原因である「根元的な冷え」に着目して治療を行います。この「冷え」によって、さまざまな症状が現れます。

 月経不順、自律神経失調症状もその1つとして治療を行います。

 はりとお灸で身体の芯の冷えを取り除くことで、人に本来備わっている機能を回復し、辛い症状が改善されていきます。

 重い月経不順を起こすほど低下してしまったホルモン分泌機能は、ご自身の力だけでは回復が難しい場合があります。

 鍼灸治療はこの機能がきちんと働き始めるように手助けをします。

okyuu 確かに局所的には、性ホルモンの分泌に異常がみられても、それは結果であって根本原因ではないのです。

 このような体質になってしまった根本原因(=根元的な冷え)を取り除くためには、鍼灸治療とともに生活習慣を見直すこともとても大切です。

 
「冷え」は知らず知らずのうちに身体の芯で大きくなっていきます。昨日今日で溜まるものではなく、長い時間をかけて大きくなっていくのです。

 根本治療は、たいへん根気のいる治療です。しかし、はりとお灸で身体の芯の冷えを取っていくことで月経不順が緩和され、また、再発しにくい体質に改善されていきます。

happy_woman5 はなもも鍼灸治療院では、「冷えを解消し、規則正しい本来の月経(生理)を導く」という根本治療を行っています。

 はりとお灸で冷えをとり、気血のめぐりを整え、身体の機能(性ホルモンの分泌機能や自律神経調節機能)の回復を促します。そして、陰陽のバランスも整い、本来の健康な身体へと導きます。

 nurse_nocap自分の症状はなかなか治らないとあきらめずに、ぜひ一度はなもも鍼灸治療院へご相談ください。

ページトップに戻る

第3章 月経不順(生理不順)に効果的なツボ

 ここでは、月経不順(生理不順)の治療に使われる代表的なツボを紹介いたします。

1.中極(ちゅうきょく)

 身体の中心線上で、おへその下4寸のところに中極のツボがあります。おへそと恥骨上端の間を5等分して、その一つを1寸とします。目安は、おへその下へ指5本分幅ほど下がったところです。

 中極の説明図中極は、月経不順の他にも婦人科系の症状によく使われます。月経痛、不妊、子宮筋腫、子宮内膜炎などにも有効です。

2.関元(かんげん)

 身体の中心線上で、おへその下3寸のところに関元のツボがあります。おへその下へ指4本分幅下がったところです。

 関元の説明図関元という名前は、健康の元である元気に関わる重要なツボ、ということを意味しています。応用範囲のとても広いツボで、月経不順をはじめ、月経痛、不妊、子宮筋腫、頻尿、冷え症などにも効果的です。

3.子宮(しきゅう)

 中極から指4本分幅横にいったところに、子宮のツボがあります。

 子宮の説明図ホルモンバランスを整えると言われており、月経不順、不妊などに効果的です。

4.三陰交(さんいんこう)

 三陰交のツボは、足の内くるぶしから指幅4本分上がった骨際にあります。

三陰交の説明図 昔から婦人科系のツボとしてとても有名です。月経不順、月経痛、不妊、冷え症、更年期障害の治療をはじめ、逆子や安産の灸にも使われます。

 

*お体の状態によっては刺激を控えた方がよいツボもあります。ご自宅でお灸を行う際には必ず鍼灸師にご相談ください。

 

 

 

 はなもも鍼灸治療院では、身体にたまった冷え(=月経不順の根本原因)をとり、温かいからだに整えます。そのうえで、月経不順のツボにお灸を行っています。

 冷えをとることでより効果的にお灸が作用します。

 辛い月経不順(生理不順)でお悩みの方、ぜひ一度はなもも鍼灸治療院へご相談ください。

ページトップに戻る

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り