身体を温かく保つ重要性
ホーム > 身体を温かく保つ重要性

身体を温かく保つ重要性

現代人は、ストレスや運動不足、クーラーなどで身体が冷えやすい傾向にあります。
昔から「冷えは万病の元」と言われ、身体への影響は大きいものです。

冷えの危険性と冷え対策を知って、病気に負けない身体づくりをしましょう。

平熱が35℃台ではありませんか?

 最近は基礎体温が35度台の人が多いと言われています。「体温が低いだけだから」と思われるかもしれませんが、実は低体温だと、身体機能に様々な障害がおきることがあるのです。

低体温の危険性

 
 人の身体には体内酵素というあらゆる生命活動をささえる酵素があります。この大事な体内酵素が活発に働く環境が、基礎体温36度5分から36度8分の間なのです。

 35度台の低体温であると、身体の機能の働きが鈍くなり、基礎代謝が下がることであらゆる身体の不調を引き起こすのです。

□便秘  □自律神経障害  □肌荒れ  □血行不良  □太りやすくなるkomatta_woman
□ホルモンバランスの乱れ  □くすみ  □免疫力の低下

 

冷え対策、何ができる?

様々な不調の原因となる低体温を改善・予防するためには、以下の対策が有効です。
手先・足先の冷えを感じているなら、今すぐ実践してみましょう。


保温
温める 厚着や温かい食べ物、飲み物を摂りましょう。
 お腹や首、足首を保温すると効果的です。

 

運動

運動こまめな運動で筋肉量の維持と基礎代謝アップ。
 ちょっとした運動から始めましょう。


 

休憩
休憩緊張状態は血管が収縮し、血流が悪くなり冷えの原因に。
入浴などで血流を促しましょう。

冷えにオススメのツボ

お灸はツボを芯から温めることができる、冷えにはとても相性のいい改善方法です。

 

身体の根本からケアできるので、慢性的な冷えにもおすすめです!
最近はご自宅で簡単にできるお灸も販売されているので、ぜひお試しください。

 


三陰交
 足の内くるぶしから、指4本分上がった骨際。

三陰交
 足の裏側で、足の指を曲げた時にくぼみの出る所。

 

                                                                                                                      イラスト:鍼灸さがしネット

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り