みかんの皮でぽかぽか健康
ホーム > みかんの皮でぽかぽか健康

みかんの皮でぽかぽか健康

みかんはビタミンCを豊富に含み、冬の果物の中でもとてもなじみ深いものです。fruit_orange2
でも、ご存知でしたか? みかんの皮の効能を・・・。
みかんの皮はれっきとした漢方薬の1つなのです。
普段、皮は捨てられてしまいますが、乾燥させたものは「陳皮(ちんぴ)」という漢方薬なのです。

「陳皮(ちんぴ)」はご家庭でも簡単に作れます。
よく洗ったみかんの皮をざるなどに並べて天日干しにするだけです。
カラカラに乾燥したらビンなどで保存します。
*皮の利用にはワックス不使用のみかんがおすすめですが、ワックスを落とす時には熱湯をかけた後にスポンジなどでよくこすり洗いします。

では、みかんの皮にはどのような効能があるのでしょうか?

 

血流をよくしてポカポカに

乾燥させた皮3~5個をネットなどに入れて、お風呂に浮かべるとみかん風呂になります。furo_woman
保温効果や保湿効果、血液をさらさらにする効果があると言われています。
湯上りはからだがポカポカに、お肌もつやつやになります。

みかんの皮には、ポリフェノールの一種のヘスペリジンが含まれていて、血のめぐりをよくして体を温めてくれます。
血流が改善されて、老廃物を排泄するデトックス効果もあると言われています。

また、皮には香り成分のリモネンやテルピネンなどを主成分とする精油が含まれています。
お風呂に入れると精油が溶け出し、毛細血管を広げて血行を促進するので、冷え症や腰痛・肩コリに効果的です。

 

胃腸が気になったら

陳皮(ちんぴ)には、胃腸の調子を整える働きがあります。
食欲不振や消化不良、吐き気などをしずめてくれます。下痢や胃酸過多の症状にもよいと言われています。

急須に細切りにした陳皮を入れて、お湯を注ぎ少し蒸らせば、みかん茶の出来上がりです。cafe_snow
疲れた胃腸を整えてくれます。
お好みでハチミツやショウガのすりおろしを加えれば、からだが芯から温まります。

 

ストレスをやわらげたい

陳皮(ちんぴ)に含まれるリモネンやテルピネンなどの香り成分は、アロマテラピーにも利用されています。fufu_young
リラックス効果をもたらし、ストレスをやわらげてくれます。
みかん風呂やみかん茶でゆっくりくつろいでください。


その他にも、美肌効果や足のむくみ、生活習慣病の予防、アレルギー改善などの効果も期待されています。身近なみかんで寒い冬を元気に過ごしませんか。

 

一口メモ

さまざまな効能があるみかんですが、陳皮をいっぱい作ろうとして、食べ過ぎになるのは注意してください。というのも、みかんなどの柑橘類は酸味が強く、体の機能の働きを抑え、硬くする作用があると言われています。特に、関節や筋肉に異常をもつ人はひかえることをお勧めします。

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り