トップページ

トピックス

 

ごあいさつ

はなもも鍼灸治療院では、人の体に本来備わっている自己治癒力を回復させることで、心と体を健康にするお手伝いをさせていただきます。

当院は東洋医学の考えに基づく積聚治療(しゃくじゅちりょう)を取り入れています。

気血の流れを整えることで、人が持つ治癒力がきちんと働くように促し、心と体の調和を導きます。

疲れが取れない、よく眠れない、手足がむくみ冷える、慢性的に肩がこる、腰がいたい、イライラする、頭が重い、のぼせる、めまいがするなど、体調が悪いが、検査をしても原因となる病気が見つからない。

鍼灸治療は、これら不定愁訴や自律神経失調症をはじめ、パニック障害、うつ病などの症状に効果的です。

また、全身の血行を改善し、温かいからだを保つので、不妊症、逆子・つわり・腰痛など妊娠中の悩みや産後の体調回復、更年期障害、月経痛や月経不順、子宮筋腫や子宮内膜症など、産婦人科の症状にとても適しています。

「心身がともに元気になる」これが、はなもも鍼灸治療院の治療方針です。

健康についてどのようなことでもご気軽にお問い合わせください。 tiryou3

スタッフ

staff2私たち夫婦二人でお待ちしています。
  • ◇鍼灸師 磯部律元
    辛い症状が1日でも早く改善しますよう、日々患者様と向き合っています。
  • ◇サポート 磯部真由美
    ゆったりとした気持ちで治療を受けていただけるよう、院内をいつも清潔に保っています。

受付

受付時間

  • 午前9:00~12:00
  • 午後14:00~18:00
  • 18:00以降に治療希望の方はご相談ください。時間外料金はございません。
  • はなもも鍼灸治療院は予約制です。
  • 電話でのご予約は当日も可能です。メールでのご予約は2日前までにお願いいたします。

休診日

  • 木曜日、日曜祝日
  • 休診日に治療希望の方はご相談ください。休日料金はございません。

住所

  • 〒284-0001
  • 千葉県四街道市大日299-2

電話番号

043-376-1535

お気軽にお問い合わせください

治療理念

はなもも鍼灸治療院は、一時的に症状をとる対症療法ではなく、再発しにくい体へと体質改善する根本治療を目指しています。

身体の不調の原因は、ほとんどが身体の芯の「冷え」です。

「冷え」は知らず知らずのうちにだんだんと身体の芯で大きくなっていきます。その要因は、無理なお仕事、ストレス、偏った食生活、交通事故などの外傷、環境など・・・。

当院では、自己治癒力を引き出していくという根本治療を行っています。

自己治癒力は本来、すべての人の身体に備わっているものです。

それが、身体の芯の「冷え」のためにだんだんと低下し、さまざまな症状が身体にあらわれてきます。

はりとお灸で「冷え」を取り除くことで、不快な症状がだんだん改善されていきます。

「いろいろなところで診てもらったが、なかなか良くならない」と悩んでおられる方が多くいらっしゃいます。それは、身体の芯の「冷え」をとる、根本治療を行っていないためと考えられます。

「冷え」は長い時間をかけて溜まってくるものです。昨日今日でたまるものではないのです。

根本的に病を治すには、「冷え」の原因となっている日々の生活習慣を改めることも大切です。根本治療には根気がいります。

しかし、長年悩まされている症状が徐々に和らぎ、再発のしにくい体質に改善されていきます。

自分の症状は治らないとあきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。

鍼灸治療のイメージが変わります。

はりは痛い?お灸は熱い?と不安に思っている方も多いと思います。

でも、ご安心ください。

治療には、昔のような太い鍼とは違い、髪の毛ほどの細さで先を丸くした鍼を用いて、背中やお腹にやさしく接触させて治療を行います。お灸も穏やかな温度が感じられます。

とても“ここちのよい感覚”で、治療中に眠ってしまう患者様もいらっしゃいます。お子さんや妊婦さん、鍼に不安のある方、初めての方も安心して治療をお受けください。

もし、痛かったり、熱いと感じるときは遠慮なく仰ってください。必要最小限の刺激量で、根本治療という最大限の効果を引き出すのが、積聚治療(しゃくじゅちりょう)です。

治療後には、多くの患者様が身体がすっきりした、元気になったと仰います。

鍼灸治療によって、本来の健康な身体を体感してください。

衛生面にも配慮し、鍼(はり)、シーツは全てディスポーザブル(使い捨て)を使用しております。

マタニティライフを応援します。

赤ちゃんに恵まれ安産を迎えるためには、温かいからだを保つことが大切です。

赤ちゃんとお母さんが元気で過ごすために、冷えをとり体を温める積聚治療(しゃくじゅちりょう)はとても適した治療法です。

治療を続けていると骨盤内の血流が良くなり、お腹の赤ちゃんの健やかな発育にとてもよい効果が期待できます。

逆子やお腹のはり、腰痛、つわり、などの妊娠中の悩みや産後の体調回復、子宝、不妊治療に効果的です。

妊娠準備から産後のお体のケアまで、はなもも鍼灸治療院はマタニティライフを応援します。

治療案内

めまい、動悸、のぼせ、むくみ、頭痛、不眠、イライラ、不安感、気持ちの落ち込み、逆流性食道炎や胃酸過多など、多彩な症状でお悩みの方。

慢性化した症状でお悩みの方や膠原病などの難病でお困りの方。

赤ちゃんを望まれている方。

つわり・逆子・腰痛などでお悩みの妊婦さん、安産を望まれている方。

更年期障害や月経に伴う症状、子宮筋腫などの婦人科系でお困りの方。

症状ごと

●自律神経系

●妊活・不妊

●マタニティ

●婦人科

●慢性症状・難病

  • 片頭痛
  • 神経痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 40肩
  • 脊柱管狭窄症
  • ヘルニア
  • 腱鞘炎
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 耳管開放症・耳管狭窄症
  • メニエール病
  • リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • シェーグレン症候群
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • アレルギー
  • 花粉症
  • アトピー性皮膚炎
  • 夜尿症
  • 夜泣き など

鍼灸治療後の反応

鍼灸治療を受けたあと、からだが軽く感じる、あるいは、ホカホカ温かく感じる、という方が多くいらっしゃいます。

逆に、一時的に眠くなるなどの反応があらわれることもあります。東洋医学では、これを瞑眩反応(めんげんはんのう)といい、からだが回復していく過程でさまざまな反応があらわれることがあります。

いずれも、からだが正常な状態に戻そうとする好転反応で、良い結果が期待できます。ここでは、瞑眩反応(好転反応)についてわかりやすくお話しします。

鍼灸治療の後はどんな反応があらわれるのでしょうか

冷えについて

東洋医学では昔から「冷えは万病のもと」と言われてきました。一般に冷えというと、「手足が冷える」などという「冷熱」の冷えを指していますが、東洋医学における「冷え」は、このような温度感覚の冷えだけではなく、実はもっと大きな意味を持っています。ここでは、東洋医学における「冷え」の本質について詳しくお話しします。

冷えの本質~冷えをとり、自己治癒力を高める鍼灸治療~

お気軽にお問い合わせください

はなもも便り