ミトコンドリアを活性化して不妊を解消

ミトコンドリアを活性化して不妊を解消

 ミトコンドリアとは、細胞の中にある小器官で活動エネルギーを作り出しています。このエネルギーを使って、卵子が成熟したり、子宮内膜が発育したりします。

 もし、ミトコンドリアのはたらきが低下してエネルギーが不足すると、卵子の質が低下したり、子宮内膜が十分に育たなくなります。このため、ミトコンドリアの機能低下が不妊の要因の1つと考えられるようになりました。

 そこで今回は、どうしたらミトコンドリアを活性化できるのか、わかりやすくお話します。

ミトコンドリアは温かいからだで活性化する

 1つの細胞にあるミトコンドリアの数は、からだの部位によって異なり、およそ数百~数千個といわれています。ところが、卵子には10万個もの膨大な数のミトコンドリアが存在しています。たった1つの受精卵が細胞分裂を繰り返して赤ちゃんに成長するには、それだけ多くのエネルギーが必要になるからです。

 女性は一生分の卵子を持って生まれてきます。そして、卵子はからだの中で温められながら成熟します。

 思春期を迎える15歳前後までに、1つの卵子のミトコンドリアはおよそ10万個まで増えます。ミトコンドリアの作り出すエネルギーによって、卵子は順番に成熟して排卵を迎えます。質の良い卵子が排卵されるか否かは、ミトコンドリアの働きにかかっています。

 ここで重要なことは、「ミトコンドリアは温かい環境で活発に機能する」ということです。つまり、質の良い卵子を作るには、温かいからだが必要なのです。

 さらに、子宮内膜のミトコンドリア系のはたらきも妊娠を大きく左右しています。ミトコンドリアの産出するエネルギーをもとにして、子宮内膜は発育します。温かいからだでは、子宮内膜のミトコンドリア系が活発にはたらき、受精卵が着床しやすいふかふかの子宮内膜がつくられやすくなります。

 ミトコンドリアに着目すると、「妊娠には温かいからだが大切」ということがよく理解できます。

ミトコンドリアを活発にはたらかせる方法

 ミトコンドリアが活性化する理想的な体温は、36.5℃~37℃くらいと考えられています。現代人は体温の低い人が多く、中には35℃台の人も珍しくありません。低体温は、赤ちゃんに恵まれにくくなる要因の1つと言えます。

 ミトコンドリアが活発にはたらく温かいからだになるには、適度な運動とバランスのとれた温かい食事、そして、規則正しい生活習慣が基本です。夜更かしや冷たい飲食物はできる限り控えましょう。ストレスが大きいと血流が悪くなり、からだはだんだん冷えてきます。趣味などで気分転換することも大切です。

 そうは言っても仕事や家事に追われ、理想的な生活を毎日送るのは難しいと思います。そんな時、東洋医学の鍼灸治療という方法があります。

ミトコンドリアを活性化する鍼灸治療

 鍼灸の妊娠治療の歴史は古く、数千年も前から行われてきました。鍼灸は長い歴史と膨大な治療の積み重ねの中で、「冷え」「不妊」の関係を解き明かし治療に生かしてきました。

 そして、今、東洋医学で数千年も前から言われてきた「冷え」と「不妊」の関係は、ミトコンドリアの発見により、科学的にも明らかとなりました。

 はなもも鍼灸治療院では、「鍼とお灸でからだの隅々に気血をめぐらせて、ミトコンドリアが活発に働く温かいからだに導く」という治療を行っています。

 特にお灸は効果的で、からだを芯から温めてくれます。冷え性の人はもちろん、そうでない人もお灸を施すと、とても気持ちいいと言います。これは、からだの芯が冷えて熱を必要としている状態だからです。不妊に悩んでいる人は、ご自身が思っている以上に冷えています。

 病院の不妊治療を受けても、いいと言われることを色々試しても、なかなか赤ちゃんに恵まれないとお悩みの方、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

 温かいからだになりミトコンドリアを活性化すれば、きっと可愛らしい赤ちゃんに恵まれます。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ




«   |   »