基礎体温表から何がわかるのでしょうか

基礎体温表から何がわかるのでしょうか

 基礎体温表からは、月経周期や排卵日、ホルモンバランスや体調などがわかります。

 ここでは、妊活や不妊治療に役立つ基礎体温表の見方をお話します。

ホルモンバランスの状態がわかる

 ホルモンバランスがいい場合、基礎体温は下図のように二相に分かれます。体温の低い時期を低温期、高い時期を高温期といいます。基礎体温表の例

 女性の基礎体温は、0.3~0.5℃の範囲で変化しています。これは、月経周期にともなうホルモン分泌に基礎体温が影響をうけるからです。この体温の変化から、ホルモンバランスを読みとることができます。

 低温期は、月経のはじまりから約2週間続きます。卵胞が成長して卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになる時期です。卵胞ホルモンの働きで子宮内膜が育ち始め、妊娠に備えます。

 排卵後の高温期は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになり子宮内膜が成熟する期間です。黄体ホルモンの分泌が増えることによって基礎体温は上昇します。

 この2種類のホルモンバランスがよいと、基礎体温はきれいな二相のグラフを描きます。低温期から高温期に移行する際に急上昇すると理想的です。

 基礎体温が二相にわかれている場合は、ホルモンがバランスよく分泌され排卵が起きていることを示しています。反対に、二相に分かれていない場合、ホルモン分泌がうまくいっていない可能性があります。

排卵日が予測できる

 基礎体温表をつけていると、排卵日がある程度予測できます。

 通常、基礎体温のグラフは、排卵日を境に、前半は低温期、後半は高温期の二相に分かれます。低温期から高温期に移る手前でもう一段体温が下がる日(最低体温日)があって、その後急上昇するときが排卵日の目安です。基礎体温表の例

 排卵日には個人差があり、最低体温日を含めた前後1~2日に排卵が起こることが多いとされています。でもなかには、明らかな最低体温日がない人もいます。

 このように基礎体温だけで排卵日を特定することは難しいですが、ある程度の範囲内で予測することができます。

からだのトラブルが読み取れる

 基礎体温表には、排卵やホルモンバランス以外にもからだのさまざまなサインがあらわれます。直接見ることはできない卵胞や子宮内膜の成長ぐあいなど、生殖機能の健康状態もある程度知ることができます。では、基礎体温表のパターンごとに見ていきましょう

体温がガタガタ

ガタガタの基礎体温表のイメージ図

 比較的多くみられるタイプです。睡眠不足が続いていたり、生活が不規則だとこのようなグラフになります。自律神経が疲れています。まずは、生活習慣を見直しましょう。

低温期と高温期に差がない

低温期と高温期に差がない基礎体温表のイメージ図

 排卵すると、卵胞は黄体に変化して黄体ホルモンを分泌します。基礎体温は黄体ホルモンの分泌量に比例して上昇します。基礎体温が上がらないということは、排卵が起きていない可能性があります。

 グラフがこのパターンの場合、無排卵が疑われます。排卵が起きなくても、まれに月経のような出血がありますがこれは無排卵の月経です。

低温期と高温期の差が小さい

低温期と高温期の差が小さい基礎体温表のイメージ図

 通常、黄体ホルモンが分泌されると基礎体温は上昇します。体温の上昇が小さいということは、黄体ホルモンの分泌量が少ない可能性があります。

 黄体ホルモンが不足すると子宮内膜が成熟できず、せっかく受精卵ができても着床しにくいことも。

 グラフがこのパターンの場合、黄体の機能が低下する黄体機能不全の可能性も考えられます。

低温期と高温期の差が大きすぎる

低温期と高温期の差が大きすぎる基礎体温表のイメージ図

 卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れていることが伺えます。このタイプは、PMS(月経前症候群)の人によく見られます。

低温期が長い

低温期が長い基礎体温表のイメージ図

 低温期は、卵胞が育ち成熟する時期です。低温期が長いということは、卵胞がなかなか成長しないことを示唆しています。

 多嚢胞性卵巣症候群高プロラクチン血症卵巣の老化などの可能性も考えられます。

高温期が短い

高温期が短い基礎体温表のイメージ図

 高温期が短いということは、黄体ホルモンの分泌が少ないということです。

 黄体ホルモンの量が不十分だと子宮内膜の成熟が遅れ、受精卵が着床できないことも。グラフがこのケースの場合、黄体機能不全卵巣機能低下症の可能性も考えられます。

低温期から高温期にだらだらと移行する

低温期から高温期にだらだらと移行する基礎体温表のイメージ図

 低温期から高温期へ緩やかに移行するタイプは、排卵はあっても黄体ホルモンの分泌量が少ないことが伺えます。このパターンは、黄体機能不全黄体化非破裂卵胞の可能性も考えられます。

 このグラフは低温期から高温期への移行がわかりにくく、排卵日を見つけるのが難しいこともあります。

高温期が続く

高温期が続く基礎体温表のイメージ図

 16日以上高温期が続く場合、妊娠している可能性があります。早めに病院へいきましょう。

基礎体温表が正常パターンでないときの対処方法

 基礎体温表をつけてみると、自分は赤ちゃんができないのではないかと不安になる人もいるのではないでしょうか。でも、そんなことはありません。

 ここでは、一般的なケースを紹介しましたが、基礎体温表はこうでなければ、妊娠できないというものではないので安心してください。人のからだは、100人いれば、100通りです。基礎体温もさまざまです。先述のように、排卵日だって個人差があり、あくまで可能性です。

 とは言え、不安がある場合は、まずは病院で診てもらいましょう。病院では、超音波検査や尿または血液によるホルモン検査により、排卵の有無などを調べてくれます。

 妊娠のために体質改善したいという人には、東洋医学に基ずく鍼灸治療という方法があります。鍼やお灸を優しくからだのツボに施すことで、ホルモンバランスを整え、妊娠力を高めていく治療方法です。基礎体温が正常パターンに近づいてくる人も少なくありません。

 妊娠には、まずは、赤ちゃんのできやすい環境にする母体づくりが大切です。からだの土台がしっかりしていないと、いくら西洋医学的な治療(タイミング法や人工授精、体外受精など)を行っても、赤ちゃんに恵まれにくいことも。

 そろそろ赤ちゃんを…とお考えの方は、鍼灸治療をとり入れてみてはいかがでしょうか。

関連するページ


妊娠の基礎知識


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日