不妊治療中のストレス解消法。治療中の心得。

不妊治療中のストレス解消法。治療中の心得。

 不妊治療は、往々にして長い時間がかかるため、ストレスがたまることも珍しくありません。

 そこでここでは、不妊治療中のストレス解消法心得を紹介します。

ふたりの時間を充実させる

 いつも不妊治療のことで頭をいっぱいにしてしまっては、ストレスはたまる一方です。時には好きな事に没頭して、治療のことは忘れましょう。

 日頃から、夫婦で夢中になれる趣味を持ったり、週末には、一緒にスポーツを楽しむなど、ふたりの時間を充実させましょう。

 また、休みをとって旅行に出かけたり、以前からやってみたかったことに挑戦するのもいいでしょう。

 ふたりで楽しい時間を過ごす機会を増やしましょう。心のモヤモヤが晴れ、気持ちもあたらに、治療に取り組む意欲が生まれるはずです。

ふたりのペースで取り組む

 不妊治療は、焦らず、気負わず、ふたりのペースで続けることが肝心です。

 「赤ちゃんはまだ?」「子どもはつくらないの?」などの周囲の心ない言葉は、さらりと聞き流しましょう。気にする必要はありません。

 相手は、こちらが思うほど深く考えずに、何気なく口にしていることがほとんどです。残念なことですが、周りの人は勝手なことをいうものです。こちらも開き直り、笑顔でかわしましょう。

 でも、家族や身近な人に、度々言われる場合は、やめて欲しいときちんと伝えるようにしましょう。

悩みは人に話す

 長い期間ストレスにさらされていると、治療に影響が及ぶことがあります。悩みはひとりで抱え込まず、夫や友人に話すようにしましょう。ひとに話すことで、解決のヒントがみつかることもあります。

 話しづらい悩みは、カウンセラーに聞いてもらうのもいいでしょう。不妊治療の専門病院には、カウンセリングの専門家をおいているところがあります。

 また、不妊症の鍼灸治療を受けている人は、担当の先生に聞いてもらうのも一つの方法です。施術中は、会話の機会がたくさんあります。悩みを聞いてもらうのもいいですし、楽しく話をするのもいいと思います。鍼灸治療をうけながら、ストレスも解消してください。

夫婦の絆を深める

 「不妊治療はふたりで取り組むもの」とはいうものの、どうしても、女性に負担がかかりがちになります。

 検査でさえ、男性は大抵の場合、精液検査だけで済むのに、女性は内診をはじめ、様々な検査を受けなければなりません。まして、いったん治療がはじまれば、女性は頻繁に、病院に通うことになります。

 妻が治療で疲れを感じたときや落ち込んだとき、一番にいたわれるのは夫です。妻の悩みに耳を傾け、辛い気持ちをしっかりと受け止めましょう。妻もまた、夫の気持ちを理解することをこころがけましょう。

 夫婦仲のいい家庭に生まれる赤ちゃんは、とても幸せです。赤ちゃんを待つ間、お互いを思いやり、どんなことでも乗り越えていけるように、夫婦のきずなを深めていきましょう。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください

料金のご案内へ



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日