月経痛(生理痛)の鍼灸治療
ホーム > 月経痛(生理痛)の鍼灸治療

月経痛(生理痛)の鍼灸治療

近年、月経(生理)のたびに辛い症状に悩まされている女性が増えていると言われています。健康な女性ならだれでもある月経なのに、なぜ月経痛(生理痛)が起きる人と起きない人がいるのでしょうか?

ここでは、月経痛の原因と当院で行っている鍼灸治療について、わかりやすくお話しします。

月経痛の原因

月経痛の原因は様々あり、子宮や卵巣になんらかの病気が隠れている場合もありますが、何もないケースも多くあります。そのような方で特に大きな要因と言われているのは、プロスタグランジンという物質です。

月経前から月経前半にかけて、プロスタグランジンが分泌されます。この物質は子宮の収縮を促して、経血を身体の外に押し出す働きがあります。また、痛みを起こす作用もあり、過剰に分泌されるとキリキリした痛みが発生します。月経痛のある女性では、経血や子宮内膜に含まれるプロスタグランジンの量が、月経痛のない女性よりも多いと言われています。

では、なぜプロスタグランジンが過剰に分泌される人とされない人がいるのでしょうか。その前に、プロスタグランジンの働きをもう少し詳しくみていきましょう。

プロスタグランジンの働き

プロスタグランジンには何種類かあって、「血管を拡張させ痛みを起こす作用のもの」と、反対に「血管を収縮させ痛みを軽減する作用のもの」があり、本来、これらがバランスをとりあって分泌されます。バランス良く分泌されていると月経痛は起きないのです。

月経では経血を押し出すために子宮筋(子宮の筋肉)が収縮します。通常、筋肉が収縮するには豊富な酸素と栄養を必要とします。子宮筋も同様に、収縮する時は、酸素と栄養が必要になります。この酸素と栄養を運んでいるのは血液です。

ところが、もし血流が悪いと子宮は十分に収縮できないため、経血を押し出せなくなってしまいます。そこで、血行を良くするために、血管を拡張するプロスタグランジンが沢山分泌され、痛みが起きるのです。

月経痛の原因

まとめると、「血流が悪い→子宮筋が十分に収縮できないため経血を押し出せない→血流を良くするために血管を拡張するプロスタグランジンが沢山分泌される→月経痛が起きる」ということです。

そうすると、月経痛のそもそもの原因は、血流の滞り、つまり「冷え」ということになります。「冷え」が強く血流の悪い女性は、月経の時、子宮収縮に必要な酸素と栄養が足りないため、血管を拡張するプロスタグランジンがより多く分泌され、月経痛が起きているのです。月経痛の根本的な原因は、プロスタグランジンではなく、「冷え」というわけです。

月経痛の鍼灸治療

元々、女性のからだは男性に比べて冷えやすく、それに加えて、現代社会は、ストレスや食べ物、エアコンなど、からだを冷やしやすい要素が意外と多くあります。このため、月経痛に悩まされる女性が年々増えていると思われます。

本来、血流を良くするためにプロスタグランジンが分泌されることは、身体にとってごく自然なことで、過剰な分泌を促している「身体の冷え」が問題なのです。東洋医学には、「冷えは万病のもと」という言葉があります。当院でもこの理念のもと、鍼灸治療に取り組んでいます。

鍼とお灸で、骨盤内を中心に全身の血行を良くする治療を施します。昔から月経痛の治療に用いられてきた、「三陰交(さんいんこう)」などの伝統的なツボを使って、子宮周りの血流を改善していきます。さらに、お腹や腰をお灸で温め、全身のめぐりを良くして、温かな身体に導きます。

原因が解消されれば、プロスタグランジンはバランスよく分泌されるようになり、やがて月経痛から解放されていきます。辛い月経痛でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

月経痛のツボ

昔から月経痛の治療に使われてきた伝統的なツボをご紹介します。

1.三陰交(さんいんこう)

三陰交のツボは、足の内くるぶしから指幅4本分上がった骨際にあります。月経痛をはじめ、婦人科系のツボとしてとても有名です。月経不順、不妊、更年期障害や逆子、安産などの治療にも使われます。三陰交の説明図

2.照海(しょうかい)

照海は、内くるぶしの突起の頂点から、親指幅1本分下がったところにあります。押すと痛みを感じます。婦人科系の疾患、とくに月経にともなう症状に効果があるツボです。照海の説明図

3.血海(けっかい)

血海のツボは、膝蓋骨の内側端を指幅3本分ぐらい上がったところにあります。血の道に関する症状を治すツボです。血の滞りを取り除き、血液循環を良くしてくれます。女性特有の月経から起こるいろいろな症状によく効きます。血海の説明図

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り