月経不順(生理不順)の鍼灸治療
ホーム > 月経不順(生理不順)の鍼灸治療

月経不順(生理不順)の鍼灸治療

正常な月経は周期が25~38日、期間が3~7日とされています。このような規則的な月経周期がみられない状態を「月経不順(生理不順)」と言います。月経不順は、放置しておくと不妊症を招くこともあります。

ここでは、月経不順の原因と当院で行っている鍼灸治療についてお話しいたします。

月経不順のメカニズム

月経は卵巣から分泌されるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の周期的な変動によって起こる生理的な現象です。何らかの要因でホルモンバランスが乱れると、月経不順が引き起こされます。何か病気が潜んでいたり、薬の副作用で起きることもありますが、何もない場合も多くあります。そのような方で特に大きな要因になるのが、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。

エストロゲンやプロゲステロンの分泌量を調整する中枢は、脳の視床下部というところにあります。このホルモン調節中枢のすぐ近くには、不安感や怒りなどの感情を司る情動中枢があります。このため、ホルモン調節中枢はストレスの影響をとても受けやすいのです。

女性ホルモンの調節中枢が乱れると、卵巣から分泌されるホルモン分泌に影響が出ます。エストロゲンは子宮内膜を厚くする働きがあります。また、プロゲステロンは子宮内膜に十分な栄養が行きわたるように作用します。これらのホルモンが不足すると子宮内膜の剥離を招いて不正出血し、月経不順を起こすことになります。

月経不順の鍼灸治療

東洋医学では、「腎は、精を蔵する」とされ、「精」とは、生殖力の根源です。「腎」の働きが充実していれば、生殖力を生みだします。「腎」は、月経を土台から支えています。

「肝」は「血を蔵す」といい、血液を蓄えたり、血流量を調整する働きを持ちます。また、「脾」は「運化・統血を主る」とされています。「運化」とは日々摂取する飲食物から、血液の源になるエネルギーを吸収し、からだ全体に配布する働きをいいます。「統血」は、血液のめぐりをコントロールする働きをさします。統血が上手く行えなくなると、不正出血が起こります。

生理が周期的にあるということは、腎・肝・脾のはたらきが充実しているということです。

ところが、腎・肝・脾に影響するものがあります。それが「七情」のアンバランスです。「七情」とは「喜、怒、思、憂、悲、恐、驚」の七つの感情を言います。七情の起伏(きふく)が激しいと冷えが生じ、腎・肝・脾に悪影響を及ぼします。怒り過ぎると「肝」が、思い悩んでいると「脾」が、不安や恐れは「腎」の働きを弱めます。七情のアンバランスは、月経不順を招くことになります。

当院における月経不順の治療方針は、七情を安定させ、月経を支える腎・肝・脾を強化して生殖力を充実させることにあります。鍼の柔らかな刺激は、腎・肝・脾の経絡にある「気血の滞り(とどこおり)」を解消します(経絡とは気血の通り道です)。気血の流れにのってお灸の効能が全身に行きわたり、腎・肝・脾のはたらきを強化します。さらに、鍼灸の持つリラックス効果は、七情を安定させて、規則正しいホルモン分泌を促します。

月経は女性にとって健康のバロメーターといえます。月経不順の方は、頭痛、肩こり、めまい、冷え性などの悩ましい症状を抱えていることも珍しくありません。はなもも鍼灸治療院では、日々の体調をより良い状態に整えながら、規則正しい月経を導いていきます。月経不順でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

月経不順のツボ

ここでは、月経不順の治療に使われる代表的なツボを紹介いたします。

1.中極(ちゅうきょく)

身体の中心線上で、おへその下4寸のところに中極のツボがあります。おへそと恥骨上端の間を5等分して、その一つを1寸とします。目安は、おへその下へ指5本分幅ほど下がったところです。

中極は、月経不順の他にも婦人科系の症状によく使われます。月経痛、不妊、子宮筋腫、子宮内膜症などにも有効です。中極の説明図

2.関元(かんげん)

身体の中心線上で、おへその下3寸のところに関元のツボがあります。おへその下へ指4本分幅下がったところです。

関元という名前は、健康の元である元気に関わる重要なツボ、ということを意味しています。応用範囲のとても広いツボで、月経不順をはじめ、月経痛、不妊、子宮筋腫、頻尿、冷え症などにも効果的です。関元の説明図

3.子宮(しきゅう)

中極から指4本分幅横にいったところに、子宮のツボがあります。

ホルモンバランスを整えると言われており、月経不順、不妊などに効果的です。子宮の説明図

4.三陰交(さんいんこう)

三陰交のツボは、足の内くるぶしから指幅4本分上がった骨際にあります。

昔から婦人科系のツボとしてとても有名です。月経不順、月経痛、不妊、冷え症、更年期障害の治療をはじめ、逆子や安産の灸にも使われます。三陰交の説明図

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り