免疫力をアップする食事
ホーム > 免疫力をアップする食事

免疫力をアップする食事

免疫力が下がると風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなります。場合によっては、癌などの大病を患うこともあります。普段から免疫力は高めておきたいものです。

ここでは、からだの健康を守っている免疫機能をアップする食事についてお話しします。

腸は最大の免疫器官

免疫とは、体内に侵入した病原菌などの外敵を排除する働きのことです。リンパ球や顆粒球と呼ばれる白血球が、全身を巡り外敵からからだを守っています。

リンパ球の6~7割は、に集まっています。腸は、細菌やウイルスなどへの抵抗力がとても強い臓器で、このことから「最大の免疫器官」と呼ばれています。腸は単に食べ物を消化・吸収しているだけではなく、様々な外敵から体を守る重要な役割も持っています。

腸と免疫と自律神経の関係

この腸の働きをコントロールしているのは自律神経(交感神経と副交感神経)です。副交感神経は消化を促進し、交感神経は消化を抑制するなど、正反対の働きをしています。食後、腸がよく働き消化がスムーズに行われているときは、副交感神経が優位になりリラックスしている状態です。

詳しいページ

自律神経とは

さらに、自律神経は免疫力も左右するという研究報告もあります。交感神経が緊張しすぎると、免疫力の低下を招くと考えられています。

このように、腸、免疫、そして、自律神経は密接に関連しています。自律神経の調子を整え、腸の働きを良好に保つことが、免疫力をアップする1つの方法です。

免疫力をアップする食事

では、自律神経のバランスを整え、腸の働きを良好にする食事とは、どのような食事なのでしょうか。

ファストフードなどの外食は肉類や揚げ物などの偏った食事になり、野菜不足になりがちです。偏った食事が続くと自律神経はバランスを崩し、腸や免疫の働きを低下させてしまいます。

肉類を中心とした食事は、野菜など食物繊維に富んだ食べ物に比べて、腸管の働く時間が短くなります。それ故、すぐに活動しやすい状態をつくる交感神経を優位にする食べ物と言えます。ファストフードなどの外食を続けていると、交感神経優位に傾き、副交感神経とのバランスが崩れ、免疫力の低下を招くことに繋がります。

反対に、副交感神経の働きを高めて、免疫力をアップする食べ物もあります。緑黄色野菜、豆類、キノコ類、海藻、ゴマ、小魚類、梅干し、お酢、玄米などです。これら外食では食べる機会の少ない食事は、腸の働きを活発にして、副交感神経を優位の状態に促し、免疫力を高めてくれます。

偏食が続いている方は、「食事は免疫力を左右する」ということを理解し、食生活を見直すきっかけになれば幸いです。

参考文献:安保徹 「やめてみる」病気は自分で治せる 永岡書店

お気軽にお問い合わせください



«   |  

はなもも便り