頭痛の鍼灸治療
ホーム > 頭痛の鍼灸治療

頭痛の鍼灸治療

 日本人の多くが悩まされている頭痛。不快な痛みから少しでも早く解放されたいものです。ここでは、頭痛の対処法と当鍼灸院で行っている鍼灸治療についてお話します。

さまざまな頭痛

 頭痛と言っても、その種類はさまざまです。「すぐに治るだろう」と思っていても、脳梗塞やくも膜下出血のように、ほっとくと危険な頭痛もあります。症状がひどいときは我慢せず、病院でみてもらいましょう。

 一方、片頭痛や緊張性頭痛、群発頭痛のように、命にはかかわらないけれども、日常生活に支障が出るものもあります。慢性的な頭痛に悩まされている人も少なくありません。

片頭痛

 それまで何でもなかったのに、突然ズキズキした頭痛に襲われる片頭痛。数時間~数日続くこともあります。音や光に敏感になったり、吐き気、嘔吐、イライラなどの症状があらわれることもあります。目がチカチカする閃輝暗点(せんきあんてん)などの前兆を伴うこともあります。

 片頭痛は、ストレスや心理的な葛藤から解放された後に発症しやすいと言われています。はっきりした原因はわかっていませんが、血管の過剰な拡張でおこるという説が有力のようです。

 特に20代から40代の女性に多くみられ、生理前に起こりやすいとされています。一般に年齢とともに頭痛の発作頻度は減り、症状は軽くなっていきます。

緊張性頭痛

 緊張性頭痛は頭痛の中で最も多く、70~80%が緊張性頭痛と言われています。片頭痛と間違われやすい頭痛です。

 現代医学では、詳しい原因は不明ですが、肉体的、精神的なストレスなどの心理的な要因があると考えられています。ストレスで頭や首の筋肉が緊張して、それに伴って、頭皮の血管が収縮することで頭痛が起こると推測されています。

 人によっては、頭を締め付けられるような頭重感や、帽子をかぶったような被帽感があります。痛みは朝に軽く、夕方に強くなるなどの日内変動があり、天候によっても左右されやすい頭痛です。肩こり、後頭部や首の後ろのこり、疲れ目を多く伴います。

群発頭痛

 睡眠後、2~3時間で突然起きる頭痛です。20~30歳代の青年・壮年男性に多く、男女比は5:1です。

 夜間睡眠中に突然、片側の眼窩周辺から始まり、えぐられるような激しい痛みが、反復して起こります。痛みは20分~90分でおさまります。このような発作が年に1、2回の頻度で起こるとされています。

 頭痛発作の間に、顔面が赤くなったり、涙や鼻水が出たり、結膜の充血を伴います。ストレスやアルコールが誘発すると考えられています。

頭痛の対処方法

 頭痛はストレスや心理的な葛藤がきっかけになります。対処法としては、日々のストレスを溜め込まないことが大切です。規則正しい生活をおくる、夜更かしをしない、疲れをためない、リラックスする時間を作る、軽い運動で気分転換するのもよいでしょう。

 刺激物は避け、バランスのとれた食事を心がけましょう。冷たい食べ物は控え、温かい物を摂るとよいでしょう。特に、赤ワイン、チョコレート、チーズには血管を拡張する物質、チラミンが含まれています。これらの食べ物は、片頭痛を誘発する可能性があるので、摂りすぎないようにしましょう。逆にマグネシウムをたくさん含む緑黄色野菜などは、片頭痛を予防する食べ物です。

 症状がひどいときは重い病気の心配がないか、病院で検査してもらいましょう。頭痛薬などを処方してくれる病院もありますが、副作用が気になる人や、服用しても症状があまりかわらない人には、東洋医学の鍼灸治療や漢方薬があります。

 植物などから作られている漢方薬は、副作用の心配が少なく、緩やかに作用します。鍼灸治療は、からだのツボに鍼やお灸を施すことで頭痛をやわらげます。からだに優しく作用し、副作用はほとんどありません。ツボ押し(指圧)は自分で手軽にできます。頭痛によっては軽くなることもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

頭痛のツボ

 「百会(ひゃくえ)」は、頭痛のツボとしてよく使われます。両耳からまっすぐ上がった線と、眉間の中央から上がった線が交差するところに「百会(ひゃくえ)」はあります。頭のてっぺんから、真下に抜けるように指圧します。頭痛や頭重感が和らぎます。強く押しすぎないように気をつけて下さい。

当鍼灸院で行っている頭痛の鍼灸治療

 普段悩まされている頭痛は、血管の過剰な拡張や収縮でおきています。西洋医学は、そこにスポットをあてて痛みを緩和をします。鎮痛剤や頭痛薬で「血管の拡張・収縮」を一時的に抑えます。辛い痛みを即効性に抑える薬はありがたいものです。でも、薬の効力がきれると、また頭痛がおきるという人も多いのではないでしょうか。

はなもも鍼灸治療院では、そのような人たちのために、頭痛体質から脱却する「根本的な鍼灸治療」を目指しています。一時的に痛みを抑える「対症療法」ではありません。

 当鍼灸院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)の基本理念に「病の原因は冷えに帰着する」というものがあります。病気や症状の根底には「冷え」があると考えています。ここで言う冷えとは、単に冷たいという意味だけではなく、実はもっと大きな意味を含んでいます。一言で表現すると「精気(せいき)の低下」です。

 頭痛もこの理念のもと、鍼灸治療を行っています。全身に鍼灸を施して気血のめぐりを良くすることで、根本原因(=冷え)を解消します。自己治癒力が高まり、頭痛の起きにくいからだに改善されていきます。頭痛は人によって様々で、変化のあらわれにくい方もいますが、根気よく原因を取り除くことで、頭痛のない健康なからだに体質改善されると考えています。

 原因を解消すれば病は快復に向かいます。ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院へご相談ください。一日でも早く不快な頭痛から解放されるよう、鍼灸治療に取り組んでいます。

お気軽にお問い合わせください

患者さまの声へ

料金のご案内へ



«   |   »

はなもも便り