子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症の鍼灸治療
ホーム > 子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症の鍼灸治療

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症の鍼灸治療

子宮筋腫は、女性の病気の中で特に多く、厚生労働省の調査によれば40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれています。また、子宮内膜症子宮腺筋症は30代にもっとも多く、不妊の原因にもなるといわれています。

この3つの疾患は、それぞれ合併してあらわれることがあります。はじめは子宮筋腫だけだったのが子宮内膜症にもなってしまった、というようなケースも珍しくありません。

ここでは、当院で行っている子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の鍼灸治療について紹介いたします。

子宮筋腫とは

子宮はやわらかな筋肉(平滑筋)の層からできています。子宮筋腫は、子宮を形成している平滑筋の細胞が増殖した、筋肉のコブのような良性の腫瘍で、それ自体が生命を脅かすものではありません。その大きさや数に統一性はなく、米粒大の小さなものから、放置すると10㎏を超える大きさになるものもあったり、1個しかできないものもあれば10個以上もできてしまったりと、実にさまざまです。

子宮筋腫は、30代~50代の女性に多くみられ、小さいものも含めると、30歳以上の女性の約20%に子宮筋腫があるとさえ言われている、もっともポピュラーな婦人病の一つです。特に30代では、妊娠・出産を迎える時期でもあるので、妊娠の検査で筋腫が見つかったり、また、子宮筋腫が不妊の原因になることもあって、不妊検査を受けて発見されることもあります。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因については、まだはっきりとはわかっていませんが、筋腫の元となるが若いうちからあって、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの影響で筋腫が発育するという説があります。これは、エストロゲンの分泌が活発な30代以降に筋腫が増大し、分泌が減少する更年期以降で筋腫が縮小する傾向があることから考えられています。

しかし、更年期以降でも筋腫が縮小しないケースもあり、エストロゲンの影響についても詳細は不明です。また、筋腫の核がなぜできるのか、そのメカニズムについてもはっきりしたことはまだわかっていません。この説のほかに、免疫力の低下やストレスの影響なども考えられています。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は筋腫が発生する場所によって3つのタイプに分類されます。

「筋層内筋腫」は、子宮の筋層内にでき、表面や子宮内腔に向かって発育していきます。筋腫の中でもっとも多いタイプです。

「漿膜(しょうまく)下筋腫」は、子宮の表面近くにでき、子宮体部から突き出たように外に向かって大きくなっていくタイプです。

「粘膜下筋腫」は、子宮内膜の粘膜面にでき、子宮内腔に向かって発育していくタイプです。子宮壁から下方に大きくなると、子宮から膣内、さらには外陰部まで脱出することがあり、これを筋腫分娩といいます。

このうち、粘膜下筋腫と筋層内筋腫は、妊娠の妨げになやすく、特に粘膜下筋腫は子宮内腔まで突出するため、小さな筋腫でも受精卵の着床の邪魔になることがあります。

子宮筋腫の症状は?

初期には自覚症状はほとんどありません。筋腫が大きくなるにつれて子宮が肥大化してくると、症状があらわれることがありますが、筋腫の場所によってはかなり大きくなっても無症状のことも多く様々です。

子宮がこぶし大以上になると、おなかの上からさわっただけで、自分でもしこりのあるのがわかるようになります。しかし、皮下脂肪だと思い込み、見過ごしてしまうことも多いようです。また、筋腫が大きい場合、月経過多や不正出血、激しい月経痛になることがあります。とくに、月経過多で出血量が多い、月経期間が異常に長く続く、血の塊が出る、また、不正出血が長く続く場合は、貧血になることがあります。慢性化すると階段や坂道を上るのがつらい、すぐに疲れるなど日常生活にも支障をきたすようになってきます。

筋腫が周囲と癒着(ゆちゃく)している場合には、激しい月経痛や下腹痛をともなうことがあります。とくに、漿膜下筋腫で、有茎性(茎(くき)のようなもので子宮につながっている)の場合には、茎部がねじるなどして激しい腹痛をおこすことがあります。

その他、筋腫が大きくなるにしたがって膀胱や直腸が圧迫され、頻尿や便秘になったり、残尿感やガスがたまって腹部に膨満感を覚えたりすることがあります。また、背中の方に発達した筋腫で骨盤内の神経や脊髄(せきずい)が圧迫されて、腰痛を訴える人もいます。

病院ではどのような治療法?

子宮筋腫は良性の腫瘍のため、筋腫が小さく症状が軽い場合、病院では経過観察して様子を見ます。

しかし、強い月経困難症や、月経過多による重症の貧血をきたす場合、不妊症や流産の原因と考えられる場合、また、筋腫が大きく発育した場合などには、薬物療法で症状を軽減したり、筋腫の成長を抑えたり、手術が行わることもあります。

ホルモン治療は女性ホルモンの分泌を抑えることで子宮筋腫の収縮を狙いますが、投薬をやめると筋腫は再び発育するため、効果は一時的と言われています。

手術には、子宮ごと摘出する全摘出手術と、子宮は残して筋腫だけを摘出する筋腫核出術とがあります。筋腫の位置や大きさ、年齢、妊娠の希望などによって検討されます。妊娠を希望する場合には、筋腫核出術が優先されますが、この場合、筋腫の再発や癒着(ゆちゃく)のリスクがあるといわれています。

子宮内膜症とは

子宮の内腔を覆っている子宮内膜は、周期的に増殖し、排卵後に受精卵の着床がなければ子宮内腔からはがれ落ち排出されます。これが月経のメカニズムですが、この子宮内膜と同じ組織細胞が、卵管、卵巣、骨盤腹膜など子宮内腔以外の場所に発生するのが、子宮内膜症です。

子宮内膜症になると、発生したそれぞれの場所で月経と同じ現象が毎月おこって出血を繰り返しますが、出口がないために体外へは排出されず、血液が次第に蓄積されていきます。ときには、周囲と癒着(ゆちゃく)し、病巣部が広がっていくことがあります。また、内膜組織は、最初は小さな粒であっても、増殖していくにつれてかたいコブになっていくのも特徴です。

とくに多いのが卵巣で発生するもので、行き場を失った血液が次第に卵巣内にたまっていき、卵巣嚢胞(のうほう)を形成します。内部にたまった血液の色から卵巣チョコレート嚢胞(嚢腫)といいます。子宮内膜症の図

卵巣チョコレート嚢胞(嚢腫)は、炎症や癒着が卵管周囲まで広がり、不妊症を招くこともあります。また、卵管に子宮内膜が増殖すると、卵管周囲の癒着(ゆちゃく)や卵管の閉塞(へいそく)をおこし、不妊や子宮外妊娠の原因となることがあります。

子宮内膜症の原因は?

子宮内膜症は月経のある20~30代にもっとも多く起こる疾患で、最近は、妊娠経験のない若い女性を中心に増えています。一方、妊娠して月経がなくなると、軽い子宮内膜症は病巣部が小さくなっていくと言われています。このように、エストロゲンという女性ホルモンの分泌がさかんな成熟期に増殖・進行して、分泌の止まる妊娠期や、分泌の減る更年期以降に縮小していくため、エストロゲンが関与しているだろうということはわかっています。

しかし、子宮内膜の組織が、どうして本来の場所である子宮内腔以外に発生するのか、その原因については解明されていません。いくつかの説はあります。月経時に剥がれ落ちた子宮内膜を含む血液が、卵管の方に逆流して卵巣や腹腔内に内膜組織が付着し増殖する説や、なんらかの原因で腹腔内の漿膜(しょうまく)が子宮内膜の組織に変化する説などですが、いずれも未解明です。

子宮内膜症の症状は?

症状は発生している場所や、程度によって多少異なります。共通した主な症状は月経痛です。子宮内膜症の約70%に月経困難症がみられますが、月経時以外にも下腹部の痛みや腰痛があったりします。症状が進むにつれて痛みは激しくなっていきます。また、不正出血のほか月経過多とそれにともなう貧血、下痢、便秘、排便痛、頻尿、むくみといった症状もあらわれることがあります。

チョコレート嚢胞(のうほう)の場合は、大きくなるまでこうした症状がみられないことがありますが、嚢胞が破裂して急激な腹痛に襲われることがあります。また、腸との癒着がひどくなると、腸閉塞をおこすことがあります。

病院ではどのような治療法?

ホルモン療法は、ホルモン剤を服用することで、一時的に無月経(閉経)状態をつくりだして病気のいきおいを軽減しようとするものです。ただし、対症療法のため服用を中断すると再発することがあります。副作用の問題もあるため、担当医と相談しながら進めることが大切です。薬物で症状が改善されなかったり、腫瘤が大きくなってしまった場合は、病巣部を切除する手術が行われます。しかし、病巣部を切除しても、再発してしまうこともあると言われています。

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症は、子宮内膜とよく似た組織が子宮の筋層にできる病気です。子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に組織ができますが、子宮腺筋症は子宮にできます。

本来は子宮の内側に増殖すべき子宮内膜が子宮の筋層に入り込んで増殖・出血するので、子宮の筋肉がかたく腫れ上がってしまいます。子宮腺筋症は20代後半~30代後半の女性に多い病気で、不妊や初期流産を引き起こすこともあります。子宮腺筋症の図

子宮腺筋症の原因は?

発生原因は、ストレスや免疫力の低下、冷えなど複合的なものと考えられていますが、詳しい原因はわかっていません。

子宮腺筋症の症状は?

自覚症状として、強い月経痛や月経過多などがあります。子宮筋腫の症状とよく似ており、子宮筋腫を合併していることもあります。

病院ではどのような治療法?

病院での治療は、薬によるホルモン治療が行われますが、進行を抑えるだけで完全に治癒するわけではないと言われています。薬による効果が見られない場合は、手術でかたくなった子宮の筋肉を切除します。ただし、健全な筋肉との境目を見分けるのが難しいため、子宮腺筋症のすべてを取り除くことは難しいと言われています。

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の鍼灸治療

東洋医学では、子宮筋腫の原因は血液の流れが悪くなる「瘀血(おけつ)」にあると考えられています。骨盤内の血流が悪くなり、どろどろと停滞することにより形成されます。

瘀血(おけつ)の解釈の1つに、熱の塊(かたまり)という見方があります。血液には、内臓などでつくられた体温を全身に運ぶ役割があります。熱を運んでいる血液が、長期間停滞することで形成される瘀血(おけつ)は、熱の集まりとみることができます。そのため、何らかの原因で、お腹に冷えが生じると、これ以上冷やさないように、熱の塊である瘀血(おけつ)がつくられる訳です。

見方を変えると、瘀血(おけつ)は、冷えに対するからだの防御反応と言えます。逆に冷えが解消されれば、瘀血(子宮筋腫)は必要なくなり、自然に小さくなっていきます。みなさんのからだには、理にかなった治癒力が備わっているのです。

冷えが生じる背景には、深く思い悩んだり、イライラしたりといった内因(内から生じる病因)や、夏のエアコンや冬の冷たい外気にあたり過ぎたといった外因(外部から発病させる病因)、また、過労や食べ過ぎなどの不内外因(生活習慣から生じる病因)があります。内因、外因、あるいは、不内外因によって、気が消耗すると、冷えが生じてきます。これを「根元的な冷え」といい、病気の根本原因と考えています。

月経のたびに出血を繰り返す子宮内膜症子宮腺筋症も「血液」と関連が深い疾患です。卵巣に発症し血液が溜まるチョコレート嚢胞(嚢腫)などの子宮内膜症や子宮の筋層に発症する子宮腺筋症も、「冷え」が下腹部に生じた結果と見ることができます。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症は、病名は違っても根本的な原因は同じで、それぞれ合併することも少なくありません。

当院における子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の治療方針は、血流を改善して冷えを解消し、気の流れを調整していくことにあります。お腹を中心に、全身をお灸で温め血流を改善します。背中や腹部、手足のツボに優しく鍼を施して、気血の流れを調整しながら、自己治癒力(からだに備わっている、病を治す機能)を高めていきます。ひとによっては、病巣が消えていきますが、消えたり、小さくなったりしなくても、病巣の広がりを防ぐことができます。

治療は、1~2週間に1回程度、無理のないペースで受けていただくとよいでしょう。もちろん、病院の治療と併用しても効果的です。婦人科疾患は、ホルモンバランスの関係で肩こりや頭痛、不眠、イライラ、のぼせなどの症状を伴うケースも少なくありません。当院では、疾患に伴う症状も一緒に鍼灸治療を行っていきます。諸症状を緩和しながら子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症の改善・治癒を目指します。

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症でお悩みの方へ

現在、病院で経過観察中の方、薬を処方されている方、手術を受けられた方など、さまざまな方がいらっしゃると思います。中には、「病院で経過観察と言われたけれど、このまま何もしなくて大丈夫だろうか」と不安だったり、「薬や手術は受けたくないけれども、どうしたらよいかわからない」、あるいは、「手術したけれども再発してしまった」など、悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症は、婦人科疾患の中でも比較的多くみられ、辛い症状を伴ったり、不妊症を招くこともあり、とても不安な気持ちになりますが、しっかり治療に取り組めば治癒できる疾患です。

病気は、原因が解消され、自己治癒力が働くことで治癒に向かいます。婦人科疾患でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

*当院では、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症の病巣に鍼を刺入しない安全な治療を行っています。どうぞ安心してご来院ください。

参考文献 小林詔司:「積聚治療」 医道の日本社、「わかりやすい女性の医学事典」 ナツメ社、「赤ちゃんが欲しい人の本」 西東社 

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り