腸内フローラと脳の関係
ホーム > 腸内フローラと脳の関係

腸内フローラと脳の関係

私たちの消化管には無数の細菌が共生していて、健康に大きな影響を与えています。科学の進歩により、腸内細菌の遺伝子情報や様々な代謝物を解析することが可能となり、その全体像が明らかになりつつあります。

この腸内細菌の集まりは、腸内フローラ(腸内細菌網)と呼ばれ、近年その働きが話題になっています。ここでは、腸内フローラと脳の関係についてお話しします。

腸内フローラのバランス

ヒトの小腸には1兆個、そして大腸には数百兆個もの細菌が共生していて、その遺伝子は数千万種にものぼることがわかっています。重さにして1~1.5kgの細菌がいると言われています。ちなみに、ヒトの皮膚には約1兆個、口内には100億個、胃には1万個の細菌が共生しています。まさに、ヒトは細菌の乗り物といえます。

ヒトの体は、約60兆個の細胞と2万3千種の遺伝子で構成されています。これに比べて、腸内細菌は細胞数や遺伝子の多様性でも、人体を遥かに凌ぐ生命体であることがわかります。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌(善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたときは悪玉菌として働く菌)などと呼ばれていますが、本来は発酵菌、腐敗菌、代謝調整菌と呼んだ方が適切と言えます。

なぜなら、約1割の悪玉菌(腐敗菌)もいなければヒトの健康は保てなくなるからです。悪玉菌(腐敗菌)も、健康にとって大切な役割を持っています。例えば、バクテロイデス菌は悪玉菌とされていますが、酪酸などを産生し、脂肪の燃焼を促進して肥満を抑制してくれます。

また、悪玉菌の中には免疫作用を正常化する役割をもった菌がいることもわかってきました。悪玉菌(腐敗菌)は増えすぎると悪さをしますが、減り過ぎると健康を損なうことになります。このように、悪玉菌(腐敗菌)もいなければ、腸内フローラはいいバランスとはいえません。

一方、善玉菌(発酵菌)と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌により産出されたセロトニンという物質は、に作用して幸福感をもたらしてくれることがわかっています。

しかし、善玉菌(発酵菌)が産出するセロトニンが増えすぎると、過敏性腸症候群を発症すると言われています。善玉菌(発酵菌)も増えすぎると、健康を損なうことがあるのです。

そう考えると腸内細菌に善も悪もないといえます。健康を保つためには、腸内細菌のバランスが大切なのです。腸内フローラは、発酵菌、腐敗菌、代謝調整菌の割合が、2:1:7で多様性が保たれているのが健康な状態と言われています。

腸内細菌と脳の関係

腸内フローラと脳の関係について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

脳の中では、神経伝達物質によって、神経細胞から神経細胞へさまざまな情報が伝達されます。セロトニンという神経伝達物質は、人の感情に関する情報を伝達する物質です。この物質が不足すると、脳内で情報の伝達がうまくいかなくなり、幸福感が低下してうつ病を発症することがわかっています。

脳で働く神経伝達物質としてはその他には、ドーパミン、ヒスタミン、GABAなどがありますが、これらはすべてビタミンB6と酵素によりアミノ酸から産出されます。実は腸内細菌も全てのアミノ酸、ビタミンB6、神経伝達物質、およびその合成酵素を食物繊維から作ることができるのです。驚くことに、体内で利用されているセロトニンの95%以上は腸内細菌が産出していて、ドーパミン、ヒスタミン、GABA、アセチルコリンなども作っています。

例えば、セロトニンは大腸菌、連鎖球菌、腸球菌により、ノルアドレナリンやドーパミンは大腸菌、バシラス属、サッカロマイセスにより、GABAやアセチルコリンはビフィズス菌や乳酸桿菌により作られています。

腸内細菌の代謝物はに影響し、快不快、イライラ、不安感、うつ病、パニック障害、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、自閉症などに関与しています。腸内フローラのバランスを整えることは、こころとからだの健康にとってとても大切なことなのです。

参考文献 井上正康:「健康長寿処方箋41」月刊東洋療法278

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り