不妊とミトコンドリアの関係
ホーム > 不妊とミトコンドリアの関係

不妊とミトコンドリアの関係

近年、卵子の質を左右する要因の1つとしてミトコンドリアが注目されています。

ミトコンドリアとは細胞の中にある、エネルギーをつくりだす小器官で、卵子の成熟とも深く関連しています。そのため、ミトコンドリアのはたらきの低下が、不妊の原因の1つと考えられるようになってきました。

そこで今回は、不妊とミトコンドリアの関係について詳しくお話しします。

エネルギーを作り出すしくみ

わたしたちのからだは約60兆個の細胞から構成されており、1つ1つの細胞がエネルギーをつくりだすことで、生命活動が支えられています。

食べた物の栄養素や呼吸から得た酸素が血流にのって1つ1つの細胞に運ばれ、それらを燃料として細胞がエネルギーを産出しています。細胞のつくりだすエネルギーが生命活動の基盤になっているわけです。

そして、細胞には2種類のエネルギー産生システムがあります。1つは「解糖系」、もう1つは「ミトコンドリア系」と呼ばれるシステムです。

わたしたちの細胞内には、性質の異なる2つのエネルギー工場があるのです。

では、それぞれのエネルギー工場の特徴をみていきましょう。

まず、「解糖系」は、食べ物から得られる栄養素をエネルギーに変える工場です。原料になるのは主にブドウ糖です。

糖を分解するだけの単純な工程なので、すぐにエネルギーが作り出せるのが特徴です。ただし、一度に作り出せる量は決して多くありません。

一方、「ミトコンドリア系」は、細胞内のミトコンドリアという小さな器官がエネルギーをつくりだします。

酸素やさまざまな栄養素などをつかって、解糖系とは比較にならないほど多量のエネルギーを生み出すことができます。ただし、工程が複雑なため、エネルギーをつくりだすまでに時間はかかります。

まとめると、「解糖系」は、エネルギーをすばやくつくれますが、一度に作り出せる量は「ミトコンドリア系」と比べてごく少量です。「ミトコンドリア系」は、エネルギーを産出するのに時間はかかりますが、多量のエネルギーをつくりだすことができます。

卵子にはミトコンドリアがいくつある?

ここで大切なことは、ミトコンドリアは1つの細胞に1つではなく、多数存在しているということです。体の部位によってその数は異なります。

例えば、一生拍動を続ける心臓は持久力が必要です。そのため、心臓を構成している1つ1つの細胞には、多量のエネルギーを生み出せるミトコンドリアがいっぱい存在しています。その数は数百個といわれています。

卵子も1つの細胞なので、卵子の中にもミトコンドリアは存在します。では、卵子はどのくらいの数のミトコンドリアを持っているのでしょう?

成熟した1つの卵子には、じつに10万個ものミトコンドリアが存在すると言われています。

ミトコンドリアが多く集まる心臓や骨格筋、脳では、1細胞当たりのミトコンドリアの数は数百~5千個ほどですから、これをはるかに上回る、膨大な数にのぼります。

そもそもたった1つの細胞である受精卵が分裂を繰り返して、60兆個という膨大な数の細胞でできているからだをつくろうしているのです。

ですから、それだけ多量のエネルギーが必要になります。そのため、1つの卵子に10万個ものミトコンドリアが存在するわけです。

不妊とミトコンドリアの関係

受精卵のもとである卵子には10万個以上のミトコンドリアがあり、ミトコンドリアのはたらきにより、卵子は成熟します。そして、通常、女性は毎月1~2つの卵子を排卵します。

排卵した卵子は卵管の中で精子を待ちます。精子と出会い、受精卵となった卵子は細胞分裂をはじめ、3日で8分割、5日で64分割されていきます。

この過程で卵子のミトコンドリア系のはたらきが不十分だった場合、エネルギーが不足し細胞分裂が止まってしまうことがあります。そうなると受精卵は育たなくなります。

卵子が成熟するときも、受精卵が分割して赤ちゃんに成長していくときも、卵子のミトコンドリアは重要なはたらきをしています。

卵管を移動して子宮内にたどり着いた受精卵は、子宮内膜に着床しますが、この時にもミトコンドリアの働きがなくては着床は起こりません。

そして、着床すると、今度は子宮内膜に胎盤が作り始められます。この際にも子宮内膜側のミトコンドリアがとても重要で、子宮のミトコンドリアのはたらきが不十分だと流産になってしまいます。

このように、卵子の成熟から妊娠、出産に至るまで、その全過程においてミトコンドリアは関わっています。

ミトコンドリアの働きが低下すると、不妊を招くことになるのです。

卵子は温かいからだで成熟する

女性は一生分の卵子を持って生まれてきます。そして、卵子はからだの中で温められながら成熟していきます。

思春期を迎える15歳前後の時期までに、1つの卵子のミトコンドリアはおよそ10万個まで増えます。ミトコンドリアのはたらきにより、卵子は順番に成熟して排卵のときを迎えます。

ここで重要なことは、ミトコンドリアは温かい環境で活発に働くということです。

つまり、卵子の成熟には「温かいからだ」が絶対条件になります。

質の良い卵子は「温かいからだ」で育つのです。

さらに、先述のように子宮内膜のミトコンドリア系のはたらきも妊娠を大きく左右します。温かいからだでは、子宮内膜のミトコンドリア系も優位にはたらき、受精卵が着床しやすいふかふかの子宮内膜がつくられやすくなります。

ミトコンドリアにスポットをあててみると、「妊娠には温かいからだがなによりも大切」ということがよく理解できます。

まとめ

  • ・1つの卵子に約10万個のミトコンドリアがあります。
  • ・ミトコンドリアの作り出すエネルギーは、卵子の成熟から妊娠、出産までの全過程を支えています。
  • ・ミトコンドリアの働きが不十分だと、不妊を招くことになります。
  • ・ミトコンドリアは温かい環境で活発に働きます。
  • ・妊娠には「温かいからだ」が大切です。

不妊でお悩みの方へ

病院の不妊治療を受けても、いいと言われることを色々ためしても、なかなか赤ちゃんに恵まれない・・・

もしかしたら、妊娠を妨げているのは「冷え」なのかもしれません。

冷えはミトコンドリアの働きを低下させ、やがて、不妊を招くことになります。不妊につながる冷え体質から脱却することが、妊娠への近道かもしれません。

冷えを改善する治療の1つに、鍼灸治療があるのをご存知でしょうか?

鍼灸の不妊治療の歴史は古く、数千年も前から行われてきました。鍼灸は、その長い歴史の中で、「冷え」と「不妊」の関係を解き明かし、治療に生かしてきました。

そして、今、東洋医学で数千年も前から言われてきた「冷え」と「不妊」の関係は、ミトコンドリアが発見されたことにより、科学的にも明らかとなったのです。

鍼灸治療は不妊の原因となる、冷え体質を解消する治療法です。

「冷え」は、日常生活の中で、知らず知らずのうちにだんだんとたまっていきます。その要因は、無理な仕事や人間関係などのストレス、偏った食生活や不規則な生活習慣などです。

はなもも鍼灸治療院では、「鍼とお灸で気血のめぐりを良くして冷えをとり、ミトコンドリアが優位にはたらく温かいからだに導く」という根本治療を行っています。

ミトコンドリアが活性化すれば、質の良い卵子がつくられ、受精卵の着床しやすい環境が整い、妊娠の可能性は高まります。

不妊でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院へご相談ください。

当院についてはこちら

トップページ

参考文献 安保徹:人が病気になるたった2つの原因 講談社

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り