妊娠の成立を左右するミトコンドリアのはたらき

妊娠の成立を左右するミトコンドリアのはたらき

 ミトコンドリアとは細胞の中にある、活動エネルギーをつくりだす小器官で、妊娠の成立に深く関与しています。

 ここでは、妊娠に欠かせないミトコンドリアのはたらきについてお話しします。

ミトコンドリアが活動エネルギーを作り出す

 わたしたちのからだは約60兆個の細胞が集まってできていて、1つ1つの細胞がエネルギーをつくりだすことで、生命活動が支えられています。

 食べ物の栄養や呼吸から得た酸素が血流にのって1つ1つの細胞に運ばれ、それを燃料として、各細胞がエネルギーを作り出しています。細胞の産出するエネルギーが妊娠の基盤になっているわけです。

 そして、細胞内にはエネルギーを作る仕組みが2つあります。1つは「解糖系」、もう1つは「ミトコンドリア系」と呼ばれる仕組みです。2つはそれぞれ特徴があります。

 まず、「解糖系」は、食べ物から得られる栄養素をエネルギーに変える仕組みです。原料になるのは主にブドウ糖です。糖を分解するだけの単純なしくみなので、すぐにエネルギーを作り出せます。ただし、一度に作り出せる量は決して多くありません。

 一方、「ミトコンドリア系」は、細胞内のミトコンドリアという小さな器官がエネルギーを作り出します。酸素やさまざまな栄養素をつかって、解糖系とは比較にならないほど多量のエネルギーを生み出すことができます。ただし、工程が複雑なため、エネルギーをつくりだすまでに時間はかかります。

 まとめると、「解糖系」は、エネルギーをすばやくつくれますが、一度に作り出せる量は「ミトコンドリア系」と比べてごく少量です。

 「ミトコンドリア系」は、エネルギーを産出するのに時間はかかりますが、多量のエネルギーをつくりだすことができます。

卵子に存在するミトコンドリアの数

 ここで大切なことは、ミトコンドリアは1つの細胞に1つではなく、多数存在しているということです。体の部位によってその数は異なります。

 例えば、一生拍動を続ける心臓は持久力が必要です。そのため、心臓を構成している1つ1つの細胞には、多量のエネルギーを生み出せるミトコンドリアがいっぱい存在しています。その数は数百個といわれています。

 卵子も1つの細胞なので、卵子の中にもミトコンドリアは存在します。では、卵子にはいったいどのくらいの数のミトコンドリアがあるのでしょうか。

 成熟した1つの卵子には、じつに10万個ものミトコンドリアが存在すると言われています。ミトコンドリアが多く集まる心臓や骨格筋、脳では、1細胞当たりのミトコンドリアの数は数百~5千個ほどですから、これをはるかに上回る、膨大な数にのぼります。

 そもそもたった1つの細胞である受精卵が細胞分裂を繰り返して、60兆個という膨大な数の細胞でできているからだをつくろうしているのです。

 ですから、それだけ多量のエネルギーが必要になります。そのため、1つの卵子に10万個ものミトコンドリアが存在するわけです。

妊娠の成立を左右するミトコンドリア

 卵巣内にある卵子は、ミトコンドリアの作り出すエネルギーによって成熟します。そして、通常、女性は毎月1~2つの卵子を排卵します。排卵した卵子は卵管の中で精子を待ちます。精子と出会い、受精卵になった卵子は細胞分裂をはじめます。

 もしこの過程で、卵子のミトコンドリア系のはたらきが不十分だった場合、エネルギーが不足して細胞分裂が止まってしまうことがあります。そうなると受精卵は育たなくなります。卵子が成熟するのも、受精卵が分割して成長するのも、ミトコンドリアのはたらきにかかっています。

 細胞分裂を繰り返しながら、卵管を移動して子宮内にたどり着いた受精卵は、子宮内膜に着床しますが、この時にもミトコンドリアの働きがなくては着床は起こりません。

 そして、無事に着床すると、今度は子宮内膜に胎盤が作り始められます。この際にも子宮内膜側のミトコンドリアがとても重要で、作り出されるエネルギーが足りないと、胎盤が十分に発育できず流産をまねくこともあります。

 このようにミトコンドリアは、卵子の成熟から妊娠、出産に至るまで、その全過程において重要な役割を担っています。

参考文献 安保徹:人が病気になるたった2つの原因 講談社、森本義晴:卵子力をアップさせる 学研パブリッシング

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »