月経前症候群(PMS)の鍼灸治療
ホーム > 月経前症候群(PMS)の鍼灸治療

月経前症候群(PMS)の鍼灸治療

 PMSとは“Premenstrual Syndrome”という英語の略称です。月経(生理)の3~10日前から、精神的あるいは身体的症状に悩まされる場合を月経前症候群(PMS)と言います。排卵性月経で起こり、無排卵性月経では起こらないと考えられています。

 ここでは、PMSの原因と対処方法、当鍼灸院で行っている鍼灸治療についてお話します。

月経前症候群の症状

 PMSは、イライラする、悲しくなる、憂鬱な気分になるなど、「心の不調」を伴うことが多いようです。その他に、手足のむくみ、乳房のはり、頭痛、下腹部痛などの「からだの不調」もみられます。PMSの症状は程度に差があり、あらわれる症状も人によってまちまちです。症状の中では、精神的な症状と乳房の症状がよく聞かれます。

 月経を迎えると自然と収まってきますが、症状が重い場合は何か病気が潜んでいるかもしれないので、一度産婦人科でみてもらいましょう。

月経前症候群の原因

 発症原因はまだ不明です。一説によると、月経に伴って変化する2種類の女性ホルモン、つまり、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のアンバランスによって、心と体に不調があらわれると考えられていますが、まだはっきりしたことはわかっていません。その他に、脳内ホルモンの問題、精神的葛藤、なども考えられていますが、いずれもまだ不明です。

月経前症候群の対処方法

 軽い不快感なら、もうすぐ月経がはじまるサインと受けとめられますが、ひどい場合には憂鬱になることもあります。毎月のことなのでストレスになって症状を悪化させないように、上手に気分転換をはかりましょう。軽い運動、入浴、趣味などで、心身をリラックスさせるのも効果的です。

 生活習慣も見直してみましょう。規則正しい生活を心がけて、毎日の生活にリズムをつける、十分な睡眠と休養をとる、1日3食バランスのよい食事をとる、などといったことで、症状が軽くなることもあります。

 病院によっては、症状をやわらげる薬を処方してくれるところもありますが、副作用が心配な方には、東洋医学の鍼灸治療や漢方薬といった対処方法もあります。漢方薬は、植物など天然の原料を組み合わせて作られているので、副作用が少ないのが特徴です。

 鍼灸は、からだのツボに鍼やお灸を施すことで、辛い症状を緩和します。副作用はほとんどなく、様々な症状に優しく作用します。軽い症状なら、自分で改善できる場合もあります。ドラックストアなどで家庭用のお灸を売っています。試してみてはいかがでしょうか。

月経前症候群のツボ

 月経前症候群におすすめのツボは、月経痛にも使います。特に「三陰交(さんいんこう)」や「照海(しょうかい)」は、婦人科系のツボとして昔から有名です。

詳しいページ

月経痛のツボ

月経前症候群の鍼灸治療

 はなもも鍼灸治療院では、月経前症候群の諸症状を一時的に和らげる「対症療法」ではなく、PMSのない健康なからだへと体質改善する「根本治療」を目指しています。

 当鍼灸院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)の基本理念に、「病の原因は冷えに帰着する」というものがあります。月経前症候群でも、他の病気でも、その原因の根底には「冷え」があると考えています。ここで言う「冷え」とは、温度感覚の冷えだけではなく、もっと深い意味を持っています。一言で表現すると「精気(せいき)の低下」です。

 月経前症候群もこの理念のもと、鍼灸治療を行っています。鍼とお灸を全身に施すことで気血の流れを良くして、根本原因(=冷え)を解消していきます。原因を取り除くことで、PMSからの脱却を目指します。自己治癒力が高まり、ホルモンバランスも徐々に整ってきます。月経前症候群は個人差があり、結果のあらわれにくい方もいますが、根気よく冷えを改善していくことで、からだ全体のコンディションが整ってくると考えています。

 原因を解消すれば、からだは回復に向かいます。ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院へご相談ください。鍼灸治療が、PMSで悩まされている方々のお役に少しでも立てればと思っております。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り