妊娠と女性ホルモンの関係
ホーム > 妊娠と女性ホルモンの関係

妊娠と女性ホルモンの関係

妊娠の成立には、ホルモンの働きが大きく関わっています。

排卵子宮内膜の生育はホルモンによってコントロールされているので、妊娠をめざすには、正常なホルモン分泌が大切です。

ホルモンがスムーズに分泌されないと、なかなか赤ちゃんに恵まれない「不妊」を招くことになります。

ここでは、女性ホルモンと呼ばれるものを中心に、その働きについてお話しします。

もくじ

女性ホルモンとは

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンがあります。

月経周期にともなって卵巣で作られるホルモンです。

エストロゲンは、卵胞の発育とともに作られるので、別名、卵胞ホルモンと呼ばれています。一方、プロゲステロン黄体で作られるので、黄体ホルモンと呼ばれています。

ちなみに、妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の産生場所は胎盤に移り、胎盤ホルモンと呼ばれるようになり、妊娠前と働きが変わります。

もくじへ戻る 〉

子宮内膜を増殖し妊娠の準備をする女性ホルモン

脳の下垂体というところから、卵胞の成長を促すFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されると、卵巣で原始卵胞が成長を開始します(原始卵胞とは、卵胞のもとになる細胞です)。




FSH(卵胞刺激ホルモン)とは、名前の通り、卵胞を刺激するホルモンです。

卵胞が大きくなってくると、FSHは卵胞を刺激してエストロゲン(女性ホルモン)の産生を促します。

卵胞の発育にともなって、エストロゲンが分泌されます。

エストロゲンが子宮に届くと、その作用で子宮内膜が増殖し、妊娠の準備をはじめます。




卵胞が成熟すると、下垂体からは、LH(黄体形成ホルモン)が大量に分泌され、これにより排卵が起こります。




排卵後、卵胞は黄体となり、プロゲステロン(女性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)を分泌します。

この2つのホルモンの働きによって子宮内膜の発育が促進され、受精卵の着床に適したふかふかの状態になります。


もくじへ戻る 〉

子宮内膜の変化

このように、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)には、子宮内膜を発育する作用があります。

子宮内膜は女性ホルモンの周期的な変動にともなって変化し、妊娠の準備と維持を担います。

とても大切な役割を持つ子宮内膜の変化を、もう少し詳しくみていきましょう。

月経期に入ると、エストロゲン・プロゲステロンの低下により、子宮内膜は剥離(はくり)して子宮外に排出されます。

月経後、エストロゲンの分泌量は徐々に増えはじめ、エストロゲンの作用で子宮内膜の血管が増えていきます。

血流にのって十分な酸素と栄養が届けられ、子宮内膜は増殖し、受精卵が着床しやすいふかふかの状態になります。




排卵が起こると、プロゲステロンエストロゲンとともに、子宮内膜の血流量をさらに増やします。

発育した子宮内膜は、グリコーゲンに富む分泌物を分泌し始めます。

この分泌物は、精子受精卵のエネルギーとして使われる、とても重要な物質です。

妊娠しなかった場合、プロゲステロン・エストロゲンは低下し、次の月経期に入ります。

このように、子宮内膜は女性ホルモンの周期的な変動に応じて、妊娠の準備を行っています。

もくじへ戻る 〉

ホルモン分泌と子宮内膜の変化

女性周期におけるホルモン分泌と子宮内膜の変化をまとめると、次のようになります。

・FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の作用で、卵胞は成長→排卵→黄体となります。この過程で、卵胞・黄体では女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)がつくられ分泌されます。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の作用で、子宮内膜は増殖し、精子や受精卵のエネルギーとなる物質を分泌します。


もくじへ戻る 〉

頸管粘液の液性を変える女性ホルモン

子宮内膜の他に、頸管粘液女性ホルモンの変動に応じて、周期的に変化しています。

頸管粘液(おりもの)とは、子宮頚管から分泌される粘液です。

頸管粘液は、排卵の直前にピークをむかえるエストロゲンに反応して、無色透明となり、量も増えてきます。

粘り気があり、10㎝ぐらい糸を引くように伸びるようになります。

透明で多量であるため、精子は子宮頚管を通過しやすくなります。

排卵後しばらくすると、プロゲステロンの分泌量が増えていきます。

頸管粘液はプロゲステロンに反応して、不透明で伸びなくなり、量も少なくなります。

精子は通過しにくくなりますが、異物(細菌など)も侵入しにくくなるため、感染予防になります。

このように、女性ホルモンは、頸管粘液の液性にも関与し、普段は細菌などの外敵の侵入を防ぎ、排卵時には、精子が通過しやすい状態にしています。

もくじへ戻る 〉

女性ホルモンの産生

エストロゲンは主に卵胞でつくられています。卵胞ほどではありませんが、黄体でも産生されます。プロゲステロンは主に黄体でつくられ、わずかですが卵胞でもつくられます。

エストロゲンとプロゲステロンの原料は「コレステロール」です。

卵胞に届けられたコレステロールから、LH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)の作用でエストロゲンが産生されます。

排卵後、卵胞が黄体に変化すると、黄体ではLH(黄体形成ホルモン)のはたらきで、多量のプロゲステロンがつくられます。

コレステロールと聞くとからだに良くないイメージがありますが、適量のコレステロールは女性ホルモンをつくるために不可欠です。

妊娠にかかせない物なのです。

「無理なダイエットは不妊を招くことがある」と言われるのはこのような理由からです。

もくじへ戻る 〉

まとめ

女性ホルモンの作用をまとめると次のようになります。

子宮内膜を増殖し、受精卵の着床しやすい環境を整える
子宮内膜から受精卵や精子のエネルギーになる分泌物を分泌する
頸管粘液の性質を変化させ、精子の通過を助ける

このように、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)は、子宮内膜の発育や頸管粘液の性質をコントロールしています(女性ホルモンの働きはこれ以外にもありますが、ここでは主に、妊娠と関係する作用についてお話ししました)。

参考文献:病気がみえるVol.9 vol.10 メディックメディア、妊娠と出産10ヶ月 成美堂出版

もくじへ戻る 〉

関連記事

 

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り