妊娠に関わるホルモンのはたらき

妊娠に関わるホルモンのはたらき

 妊娠の成立には、ホルモンが大きく関わっています。「卵胞の成長、子宮内膜の発育、排卵、受精、着床」という妊娠の一連のプロセスは、すべてホルモンによってコントロールされています。

 妊娠をめざすには正常なホルモン分泌が大切です。ホルモンがスムーズに分泌されないと、なかなか赤ちゃんに恵まれない「不妊」を招くことになります。

 ここでは、妊娠に関与しているホルモンのはたらきについてお話しします。妊娠の基礎知識を確認しましょう。

卵胞の成長を促すホルモン

 妊娠は、卵巣で卵胞(らんぽう)が成長することからはじまります。卵胞の発育を促すホルモンは、FSH(卵胞刺激ホルモン)です。名前の通り、卵胞を刺激するホルモンです。

 脳の下垂体というところから分泌され、血流にのって卵巣に運ばれます。FSHが卵巣に届くと、その作用で原始卵胞の成長がはじまります(原始卵胞とは、卵胞のもとになる細胞です)。

ホルモン分泌と卵胞の成長のイメージ図

子宮内膜を増殖するホルモン

 子宮内膜を増殖するホルモンは、卵胞から分泌されるエストロゲンです。

 卵胞が大きくなってくると、FSHは卵胞を刺激してエストロゲンというホルモンの産生を促します。卵胞の発育にともなって、エストロゲンは分泌されます。

 血流にのってエストロゲンが子宮に届くと、その作用で子宮内膜が増殖して、妊娠の準備をはじめます。ホルモン分泌と子宮内膜の増殖のイメージ図

排卵を誘発するホルモン

 卵胞が成熟すると、下垂体からは、LH(黄体形成ホルモン)が多量に分泌され、これに反応して排卵が起こります。

 排卵を誘発するLHの多量分泌のことを「LHサージ」と呼びます。ちなみに、市販の排卵検査薬は、LHサージを検出することで排卵を予測しています。ホルモン分泌と排卵のイメージ図

着床の準備をするホルモン

 排卵後、卵胞は黄体となり、プロゲステロンエストロゲンを分泌します。この2つのホルモンのはたらきによって子宮内膜の発育が促進され、受精卵が着床しやすいふかふかの状態になります。ホルモン分泌と子宮内膜の肥厚のイメージ図

 ここまでお話したホルモン分泌にともなう卵胞と子宮内膜の変化をグラフにすると、下図のようになります。ホルモン分泌にともなう卵胞・子宮内膜の変化の関係図

エストロゲン・プロゲステロンの別名

 エストロゲンとプロゲステロンは、卵巣で作られるホルモンなので女性ホルモンと呼ばれています。

 さらに、別名があり、エストロゲンは卵胞で作られるので卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体で作られるので黄体ホルモンとも呼ばれています。

 ちなみに、妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の産生場所は胎盤に移り、胎盤ホルモンと呼ばれるようになり、妊娠前と働きが変わります。

女性ホルモンの変動にともなう子宮内膜の変化

 女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)には、子宮内膜を発育する作用があります。子宮内膜は女性ホルモンの周期的な変動にともなって変化し、妊娠の準備と維持を担います。とても大切な役割を持つ子宮内膜の変化を、もう少し詳しく見ていきましょう。

 月経期に入ると、エストロゲン・プロゲステロンの低下により、子宮内膜は剥離(はくり)して子宮外に排出されます。 月経後、エストロゲンの分泌量は徐々に増えはじめ、エストロゲンの作用で子宮内膜の血管は増えていきます。血流にのって十分な酸素と栄養が届けられ、子宮内膜は増殖します。

 排卵が起こると、プロゲステロンはエストロゲンとともに、子宮内膜の血流量をさらに増やします。子宮内膜は受精卵の着床に適したふかふかの状態になります。

 また、発育した子宮内膜は、グリコーゲンに富む分泌物を分泌し始めます。この分泌物は、精子や受精卵のエネルギーとして使われる、とても重要な物質です。

 妊娠しなかった場合、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量は減少し、次の月経期に入ります。

 このように、子宮内膜は女性ホルモンの周期的な変動に応じて、妊娠の準備を行っています。

 女性周期におけるホルモン分泌と子宮内膜の変化をまとめると次のようになります。

 ・FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の作用で、卵胞は成長→排卵→黄体となります。この過程で、卵胞・黄体では女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が作られ分泌されます。

 ・女性ホルモンの作用で、子宮内膜が増殖して、精子や受精卵のエネルギーとなる物質を分泌します。ホルモン分泌にともなう卵胞・子宮内膜の変化の関係図

受精を起きやすくするホルモン

 女性ホルモンには、排卵時に頸管粘液(おりもの)の性質を変化させて、受精を起こりやすくする働きもあります。

 頸管粘液とは子宮頚管で分泌されている粘液です。排卵の直前にピークをむかえるエストロゲン(女性ホルモン)に反応して、頸管粘液は、無色透明に変化して、量も増えてきます。粘り気があり、10㎝ぐらい糸を引くように伸びるようになります。透明で多量になるので、精子は子宮頚管を通過しやすくなり、卵子のもとに向かい受精が起こりやすくなります。

 排卵後しばらくすると、今度はプロゲステロン(女性ホルモン)の分泌量が増えてきます。頸管粘液はプロゲステロンに反応して、不透明で伸びなくなり、量も少なくなります。精子は子宮頚管を通りにくくなりますが、細菌なども侵入しにくくなるため、感染予防になります。

 女性ホルモンは精子と卵子が出会い受精が起こりやすいように、頸管粘液の性質をコントロールしています。

まとめ

妊娠をコントロールするホルモンの働きをまとめると、次のようになります。

・卵胞の成長を促す

・排卵を誘発する

・子宮内膜を発育して、受精卵が着床しやすい環境を整える

・子宮内膜から受精卵や精子のエネルギーになる分泌物を分泌する

・頸管粘液の性質を変化させて受精を助ける

・妊娠しなかった場合、次の月経に入る

ホルモンのはたらきを知ると、妊娠をめざすには正常なホルモン分泌が大切なことがよく理解できます。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日