妊活・不妊治療に効果的なお灸のツボ
ホーム > 妊活・不妊治療に効果的なお灸のツボ

妊活・不妊治療に効果的なお灸のツボ

妊活中の方や不妊治療中の方にお勧めの、お灸のツボを紹介します。

不妊症に効果的といわれるツボの中から、ご自宅で使える代表的なツボについてお話します。

参考に、お勧め度を★の数で示しています。

中極(ちゅうきょく)★★

身体の中心線上で、おへその下4寸のところに中極のツボがあります。おへそと恥骨上端の間を5等分して、その一つを1寸とします。目安は、おへその下へ指5本分幅ほど下がったところです。  中極の説明図

中極は、不妊症以外にも婦人科系の症状に良く効き、月経不順(生理不順)、月経痛(生理痛)、子宮筋腫、子宮内膜炎にも使われます。また、男性のED・性的機能障害などにも有効です。

関元(かんげん)★★★

身体の中心線上で、おへその下3寸のところに関元のツボがあります。おへその下へ指4本分幅下がったところです。  関元の説明図

関元という名前は、健康の元である元気に関わる重要なツボ、ということを意味しています。

応用範囲のとても広いツボで、不妊症をはじめ、月経痛(生理痛)、月経不順(生理不順)、子宮筋腫、頻尿、冷え症などにも効果的です。不妊鍼灸治療で使われることの多いツボです。

気海(きかい)★★

身体の中心線上で、おへその下へ指幅1本半分ぐらい下がったところに気海のツボがあります。  気海の説明図

ツボの名前は気の海を表わし、元気、精力の集まるところです。子宝、ED・性的機能障害などにも効果的です。

疲労の溜まっている人には、特におすすめのツボです。

子宮(しきゅう)★★★

中極から指4本分幅横にいったところに、子宮のツボがあります。  子宮の説明図

ホルモンバランスを整えると言われており、不妊症、月経不順(生理不順)などに効果的です。

三陰交(さんいんこう)★★★

三陰交のツボは、足の内くるぶしから指幅4本分上がった骨際にあります。 三陰交の説明図

婦人科系のツボとしてとても有名です。

不妊症、月経不順(生理不順)、月経痛(生理痛)、冷え症、更年期障害の治療をはじめ、逆子や安産の灸にも使われます。

照海(しょうかい)★★

照海は、内くるぶしの突起の頂点から、親指幅1本分下がったところにあります。押すと痛みを感じます。  照海の説明図

不妊症をはじめ、婦人科系の疾患、とくに月経にともなう症状に効果があるツボです。

血海(けっかい)★★

血海のツボは、膝蓋骨の内側端を指幅3本分ぐらい上がったところにあります。 血海の説明図

血の道に関する症状を治すツボです。血の滞りを取り除き、血液循環を良くしてくれます。女性特有の月経から起こるいろいろな症状によく効きます。

・最近は、ドラックストアなどで家庭用のお灸が購入できます。温感に強弱があるので、お灸が初めての人は、ソフトタイプから始めるのが良いでしょう。

・お身体の状態によって、効果的なツボは異なります。一度、お近くの鍼灸院でご相談ください。

・赤ちゃんに恵まれにくい方の中には、手足の冷えや骨盤の冷えなどの冷え性に悩まされている方が多くいらっしゃいます。冷えは妊娠にとって大敵です。ご自宅のお灸でなかなか効果があらわれない場合は、鍼灸院の治療をお勧めします。

関連する記事


お気軽にお問い合わせください

 

 



«   |   »

はなもも便り