2人目不妊の原因と妊娠するために鍼灸治療ができること
ホーム > 2人目不妊の原因と妊娠するために鍼灸治療ができること

2人目不妊の原因と妊娠するために鍼灸治療ができること

1人目はすんなりと妊娠できたのに、2人目はなかなか授からない。このような「2人目不妊」のケースが年々増えてきていると言われています。

そこで、今回は2人目不妊の原因と妊娠するために鍼灸治療ができることを、東洋医学と西洋医学の視点からお話します。

西洋医学でみる2人目不妊の原因

2人目の場合、前回の妊娠時よりも年齢が上がっているので、卵巣機能が低下したり、卵子の老化が進んでいることがあります。特に35歳を過ぎるとその可能性は高まると言われています。

また、元々不妊症を引き起こす疾患をもっていたにも関わらず、1人目はそれに気づかず妊娠することもあります。

子宮筋腫や子宮内膜症などがあったとしても、知らずに妊娠していく人はいます。1人目の妊娠時は、程度の軽かったものが、時間の経過とともに悪化して、2人目の妊娠をむずかしくしている可能性も考えられます。

あるいは、前回の出産後に、不妊症の要因となる疾患を患ってしまったということもあります。

2人目を望む段階になって、これらの要因や年齢の問題などが重なり、妊娠の可能性が低くなってしまうことがあります。

男性に原因がある場合も、1人目の妊娠以降、なんらかの病気やストレスなどが原因で、精子の状態が悪化することがあります。

最近では、2人目になかなか恵まれない、というストレスからホルモンバランスや自律神経が乱れ、その影響で妊娠できないケースも多いようです。

また、夫婦ともに病院で検査しても異常がみられない、原因不明不妊であることも多いと言われています。

東洋医学でみる2人目不妊の原因

いずれにしても、妊娠を妨げる障害があるということです。

このような問題が起こるのは、その人の体質の他に、1人目の出産や初めての育児による疲労の影響が大きいのも事実です。

出産・育児は女性のからだに大きな負担がかかります。

出産時の出血や赤ちゃんの授乳により、からだは「冷え」やすくなっています。

東洋医学的にみると、血液は「熱」とみます。なぜなら、内臓などで作られた体温は、血流にのって全身に運ばれるからです。

母乳も元はお母さんの血液です。ですから、出産時の出血や哺乳により、産後のからだは冷えやすくなっているのです。

また、慣れない育児や、仕事との両立でストレスが溜まってくると、冷えが生じ、自律神経やホルモンバランスに影響を及ぼします。

不妊症や原因不明不妊と同様に、2人目不妊の原因も「冷え」なのです。

冷えが生じると自己治癒力は低下してしまい、不妊症の要因になる病気を患ったり、元々持っていた疾患が悪化して、妊娠の障害になってしまうことになります。また、妊娠力が低下し、なかなか2人目を授からない、ということになってきます。

妊娠するために鍼灸治療ができること

2人目を妊娠するためには、日常生活で疲れやストレスを溜め込まないことが大切です。

しかし、育児におわれたり、家庭と仕事の両立など、抱え込むことが多いと、どうしてもストレスや疲れは溜まり、からだの調子は崩れ、妊娠しにくい状態になってきます。

そんな時、鍼灸治療は元気なからだを取り戻すお手伝いをします。

鍼灸治療は、お身体を本来の調子に整え、妊娠しやすい状態に導く治療法です。鍼灸はリラックス効果もあるので、ストレス解消にも最適です。

鍼とお灸でからだを芯から温めることで、2人目不妊の原因である「冷え」を解消します。だんだんと妊娠力が回復し、赤ちゃんに恵まれやすいからだに整ってきます。

2人目を授かりたいと願う人が鍼灸院をおとずれ、多くの方が妊娠力を回復することで赤ちゃんを授かっていきます。

はなもも鍼灸治療院では、「2人目不妊の根本原因(=冷え)を解消し、妊娠力を高めて妊娠を導く」という根本治療を行っています。

2人目不妊でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院へご相談ください。

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り