夏に起きるメンタルの不調
ホーム > 夏に起きるメンタルの不調

夏に起きるメンタルの不調

日本の夏は、年々暑さが増してきています。厳しい暑さで体調を崩す人が多い季節ですが、メンタル面の不調を訴え、来院する方も多い季節です。

そこで、今回は、夏に起きるメンタルの不調とその対策についてお話します。

汗と一緒に失うもの

夏は、他の季節と比べて大量の汗をかきます。実は、このが夏に起きるメンタルの不調と密接に関係しています。

汗をかくと水分と一緒にナトリウム(塩分)も失われていきます。夏、たくさん汗をかいた後、水分補給のみで塩分の補給を忘れていると、「低ナトリウム血症」という体内の塩分濃度が低下した状態に陥ってしまいます。

低ナトリウム血症になると、頭痛や吐き気のほか、倦怠感や無気力などの精神面の症状があらわれます。暑い日が続くと、だるさや無気力を感じる人が増えるのは、このためです。

ナトリウム(塩分)の他に、カリウムというミネラルも大量の汗とともに失われます。体内のカリウム濃度が低下する「低カリウム血症」も、抑うつや不安感、脱力感などのメンタル症状を招くことがあります。

カリウムは、昆布類やわかめ、ひじきなどの食品に多く含まれています。

夏は、ビタミンB1などの水溶性ビタミンも不足しがちです。水溶性ビタミンとは、水に溶けやすいビタミンのことをいいます。暑い日は、水分と一緒に失われやいので注意が必要です。

ビタミンB1が不足すると、疲れやすい、だるい、食欲不振など、夏バテの症状があらわれやすくなります。

ビタミンB1は、豚肉やぬか漬けなどに豊富です。

汗をかいたら、水分だけではなく、ミネラルやビタミンの補給も忘れずに心がけましょう。

夏場の偏った食生活

偏った食生活による栄養不足もメンタルの不調に繋がります。

夏は暑さで食欲が低下する人も多いですが、冷たい素麺など食べやすい物ばかりに頼っていると、栄養が偏り、ミネラルやビタミン類が不足して精神面に影響が出てきます。

暑いからといって、冷たい物を摂りすぎるのもよくありません。

夏は冷たいビールが美味しい季節ですが、アルコールには強い利尿作用があるため、水分や塩分が失われやすくなります。

また、エアコンの効いた部屋で、アイスクリームなど冷たい物ばかり食べていると、からだは芯から冷えてきます。メンタルの不調は、冷えの影響も大きいので気をつけてください。

食生活に注意して、暑い夏を乗り切りましょう。

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り