夏に起きるうつの対策

夏に起きるうつの対策

 日本の夏は、年々暑さが増してきています。厳しい暑さで体調を崩す人が多い季節ですが、メンタル面の不調を訴え来院する方も多い季節です。になるとうつ症状が悪化するという人も少なくありません。

 そこで、今回は、東洋医学と西洋医学の両面から夏のうつ対策についてお話します。

汗をかいたらミネラル・ビタミン補給

 夏のなるとうつに悩まされるという人は、汗をかいたらビタミンミネラルをしっかりと補給しましょう。

 夏は、他の季節と比べて多量の汗をかきます。この汗が夏に起きるうつと密接に関係しています。

 汗をかくと水分と一緒にナトリウム(塩分)も失われていきます。夏、たくさん汗をかいた後、水分補給のみで塩分の補給を忘れていると、「低ナトリウム血症」という体内の塩分濃度が低下した状態に陥ってしまいます。

 低ナトリウム血症になると、頭痛や吐き気の他に、倦怠感や無気力などの精神面の症状があらわれます。暑い日が続くと、だるさや無気力を感じる人が増えるのはこのためです。この状態が長く続くと、うつ症状があらわれやすくなります。

 ナトリウム(塩分)の他に、カリウムというミネラルも汗と失われます。体内のカリウム濃度が低下する「低カリウム血症」も、抑うつや不安感、脱力感などのメンタル症状を招くことがあります。

 カリウムは、昆布類やわかめ、ひじきなどの食品に多く含まれているので積極的に摂取するといいでしょう。

 夏は、ビタミンB1などの水溶性ビタミンも不足しがちです。水溶性ビタミンとは、水に溶けやすいビタミンのこと。暑い日は、水分と一緒に失われやいので注意してください。

 ビタミンB1が不足すると、疲れやすい、だるい、食欲不振など、夏バテの症状があらわれやすくなります。これらは、うつ症状を悪化させる要因です。

 ビタミンB1は、豚肉やぬか漬けなどに豊富に含まれています。夏にうつが悪化しやすい人は、ビタミンB1が多く含まれる食事をとるといいでしょう。

 夏のうつ対策に、汗をかいたら水分だけではなく、ミネラルやビタミンの補給も忘れずに心がけましょう。

東洋医学に基ずく鍼灸治療で夏うつ対策

 西洋医学では、ミネラルやビタミンの不足が夏うつの原因の1つと考えていますが、東洋医学では少し異なる視点からみています。

 東洋医学には「五行論」という、物事は相互に関係しているという考え方があります。

 季節など自然の推移と人のからだの生理機能も関連しているとされています。よく季節の変り目に体調を崩しやすいとか、低気圧が近づくと頭痛がおきるという人がいるように、私たちのからだは季節や気候の変化に影響をうけています。

 東洋医学は数千年に及ぶ長い歴史と治療の積み重ねの中で、自然と人体の関連性を明らかにしてきました。

 下の五行分類表は、季節と人のからだの対応をあらわしたものです。五行分類表

 表をみると、「夏」には、「暑」と「汗」が属しています。これは、「暑い夏の季節には、からだは汗をかくことで体温調整をしている」ということをあらわしています。人は季節の変化にからだをうまく順応させながら生きているわけです。

 でも、季節の度が過ぎるとからだは順応できなくなり、それに対応する五臓(肝、心、脾、肺、腎)を傷めることがあります。

 ただし、ここで言う五臓とは、西洋医学でいう肝臓とか心臓とかの臓器をあらわしているのではありません。ですから「あなたは肝が弱っています」と言われても、それが西洋医学でいう肝臓の病気だとは限らないことを頭の隅に置いておいてください。

 東洋医学でいう五臓とは、身体や精神活動をコントロールする中枢的な役割をはたしていると考えてください。

 では、話をもとに戻します。

 近年、夏の暑さは勢いを増していることを皆さんも感じていると思います。先述のように、自然界の大きな変化は五臓に影響を及ぼすことがあります。

 五行分類表を見るとわかるように、夏の酷暑は五臓の「心(しん)」を傷めます。 「心」には、五神の「神」を主る(つかさどる)はたらきがあり、「神」とは人の「精神」を意味します。

 つまり、五臓の「心(しん)」は精神活動をコントロールしています。

 厳しい暑さで「心」が病むと、精神活動をうまく調整することができなくなり、メンタル面に影響があらわれるわけです。

 このように、東洋医学は自然と人体の関連性を明らかにし、鍼灸治療に活かしてきました。そして、その考え方と治療法は、脈々と現代にまで受け継がれています。

 暑い季節になるとうつ症状があらわれたり、悪化するという人は、五臓の「心(しん)」に治療を施すと症状は軽快しやすくなります。

 東洋医学は西洋医学とは異なる視点でうつの治療に取り組んでいます。

 色々やってみたけれどもなかなかよくならないという方は、夏うつ対策に鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日