夏に起こる鬱の対策

夏に起こる鬱の対策

 夏は厳しい暑さで体調を崩す人の多い時期ですが、メンタル面の不調を訴える方も多い季節です。暑くなると、鬱(うつ)が悪化するという人も少なくありません。

 そこで、今回は手軽にできる夏うつ対策についてお話します。

汗をかいたらミネラルとビタミンの補給

 汗をかいたらビタミンミネラルをしっかりと補給しましょう。

 夏は、他の季節と比べて多量の汗をかきます。実はこれが、夏に起こる鬱と密接に関係しています。

 汗をかくと水分と一緒にナトリウム(塩分)も失われていきます。たくさん汗をかいた後、水分補給のみで塩分の補給を忘れていると、低ナトリウム血症という体内の塩分濃度が低下した状態に陥ってしまいます。

 低ナトリウム血症になると、頭痛や吐き気の他に、倦怠感や無気力などの精神面の症状があらわれます。

 暑い日が続くと、だるさや無気力を感じる人が増えるのはこのためです。この状態が長く続くと、鬱症状があらわれやすくなります。

 ナトリウム(塩分)の他に、カリウムというミネラルも汗と失われます。体内のカリウム濃度が低下する低カリウム血症も、抑うつ感や不安感などのメンタル症状を引き起こします。

 カリウムは、昆布類やわかめ、ひじきなどの食品に多く含まれているので積極的に摂取するといいでしょう。

 また、ビタミンB1などの水溶性ビタミンも不足しがちです。水溶性ビタミンとは、水に溶けやすいビタミンのことです。暑い日は、水分と一緒に失われやいので注意してください。

 ビタミンB1が不足すると倦怠感や食欲不振など、夏バテの症状があらわれやすくなります。これも症状を悪化させる要因の1つです。

 ビタミンB1は、豚肉やぬか漬けなどに豊富に含まれています。夏に鬱が悪化しやすい人は、ビタミンB1が多く含まれる食事を積極的に摂りましょう。

 汗をかいたら水分だけではなく、ミネラルやビタミンの補給も心がけましょう。

東洋医学で対策

 西洋医学では、ミネラルやビタミンの不足が夏うつの原因の1つと考えていますが、東洋医学では少し異なる視点から見ます。

 東洋医学には「五行論」という、物事は相互に関係しているという考え方があります。

 季節などの自然の移り変わりと人のカラダの生理機能は、関連していると考えています。

 よく季節の変り目に体調を崩しやすい人とか、低気圧が近づくと頭痛が起こりやすい人がいますが、私たちのカラダは季節や気候の変化に影響を受けています。

 東洋医学は数千年に及ぶ歴史の中で、自然と人体の関連性を明らかにしてきました。

 下の五行分類表は、季節と人のカラダの対応を表したものです。五行分類表

 表を見ると、「夏」には、「暑」と「汗」が属しています。これは、「暑い夏の季節には、カラダは汗をかくことで体温調整をしている」ということを表しています。

 人は季節の変化にカラダをうまく順応させながら生きているわけです。

 でも、季節の度が過ぎるとカラダは適応できなくなり、それに対応する五臓(肝、心、脾、肺、腎)を傷めます。

 ただし、ここで言う五臓とは、西洋医学でいう肝臓とか心臓とかの臓器を表しているのではありません。ですから、「あなたは肝が弱っています」と言われても、それが西洋医学でいう肝臓の病気とは限りません。

 東洋医学で言う五臓は、カラダや精神活動をコントロールする中枢的な役割を果たしていると考えて下さい。

 では、話を元に戻します。

 近年、夏の暑さは勢いを増していることを皆さんも感じていると思います。

 前述のように、自然界の大きな変化は五臓に影響を及ぼします。

 五行分類表を見ると分かるように、夏の酷暑は五臓の「心(しん)」を傷めます。

 そして、「心」には、五神の「神」を主る(つかさどる)働きがあります。「神」とは人の「精神」を意味します。

 つまり、五臓の「心(しん)」は精神活動をコントロールしています。

 厳しい暑さで「心」が病むと、精神活動をうまく調整することができなくなり、メンタル面に影響が現れるわけです。

 このように、東洋医学は自然と人体の関連性を解き明かして、それを鍼灸治療や漢方に活かしてきました。そして、その考え方と施術方法は脈々と現代まで受け継がれています。

 暑い季節になるとうつ症状が現れたり悪化する人には、五臓の「心(しん)」を元気にする施術を施します。

 東洋医学は西洋医学とは異なる視点で鬱の施術に取り組んでいます。

 色々とやってみたけれどもあまり変わらないという方は、一度、東洋医学を試してみてはいかがでしょうか。

適度な運動を取り入れる

 ウォーキングなどの適度な運動もうつ対策にお薦めです。

 症状が強くなると、外出するのも嫌になり家に閉じこもりがちになります。そうなる前に、軽い運動を取り入れてみましょう。

 ただし、夏は時間帯に気を付けて下さい。

 太陽がカンカンに照る下では、カラダに負担がかかり逆効果です。早朝か夕方以降に行うのがよいでしょう。

 程良い運動は、カラダが心地よく感じて爽快感が得られます。うつ対策に最適です。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日