不妊治療における鍼灸に期待できる効果
ホーム > 不妊治療における鍼灸に期待できる効果

不妊治療における鍼灸に期待できる効果

近年、不妊治療における鍼灸の効果は、不妊症に悩む人達の間で広く知られるようになってきました。その一方で、鍼灸は不妊に効果がないのでは、と疑問視されることもあります。

ここでは、鍼灸治療でどのくらい妊娠率があがるのか、どのように鍼灸治療を受けるとより効果的なのか、紹介いたします。

鍼灸治療でどのくらい妊娠率は上がる?

不妊鍼灸治療における妊娠率は、海外でも研究が行われ論文も発表されています。その中から、代表的なものを紹介します。

  • ・胚移植日に鍼治療を行った273例を対象に、鍼治療を行なわない組では22%の妊娠率、鍼治療を行った組では36%の妊娠率となった。(2006年デンマークの報告)
  • ・黄体期に鍼治療を行った225例を対象に、鍼治療を行なわなかった組では13.8%、鍼治療を行なった組では28.4%の妊娠率であった。(2006年ドイツの報告)
  • ・採卵前、採卵直後に鍼治療を行った228例を対象に、鍼治療を行なわない組では23%、鍼治療を行った組では31%の妊娠率だった。(2006年オーストラリアの報告)
  • ・体外受精(IVF)を受けた1366人を対象に、胚移植後1日以内に鍼治療を受けた組は、鍼治療を受けなかった組と比較して、妊娠率が65%高かった。(米メリーランド大学医学部の報告)

それぞれ、鍼治療を受けるタイミングや期間は異なりますが、いずれの論文でも鍼治療を受けた組の方が妊娠率は高くなっています。

ただし、これらはいずれもごく限られた短期間に鍼灸を行ったもので、長い期間にわたる調査ではありません。

鍼灸治療はからだを整えて妊娠力を高めていく治療ですから、定期的に治療を受けていると妊娠率はさらに上がることが期待できます。

参考までに、当院で2か月以上にわたり鍼灸治療を受けていただいている患者さんの妊娠率は、60%前後を推移しています(2017年~2018年6月現在)。

どんな人に鍼灸は効果的?

  • ・不妊に良いと言われることをいろいろ試しても、なかなか赤ちゃんを授からない人
  • ・人工授精や体外受精などの不妊治療を繰り返している人
  • ・不妊症の要因になる子宮筋腫などの疾患を持っている人
  • ・検査で異常はみつからないのに妊娠できない、原因不明不妊の人
  • ・2人目になかなか恵まれない2人目不妊の人

このようなケースでは、冷えが原因で妊娠しにくい状態になっている可能性があります。鍼灸治療を受けて妊娠力を高め、子宮や卵巣の働きを活性化するとよいでしょう。

夫婦で鍼灸治療をうけると効果は上がる!?

ぜひ夫婦で鍼灸治療を受けてください。

赤ちゃんに恵まれないカップルの半分は男性側にも問題があると言われています。病院の検査で異常なしだった男性も、鍼灸治療を一緒に受けると効果が高まる傾向があります。実際に鍼灸治療をしていると、夫婦で受けていただいた方が妊娠率の高い傾向がみられます。

男性は「異常なし」といわれると自分には何も問題ないと思いがちですが、異常なしは「病院の検査では、異常は見つけられなかった」ということです。これは「原因不明不妊」と同じです。妊娠はとても複雑で綿密な工程を経て成立するものです。検査ではみつけられないこともまだたくさんあります。

夫婦二人で妊活に取り組めば、きっと妊娠の可能性は高まります。

どのくらいの期間で効果はあらわれるのでしょう

卵胞・卵子はおよそ半年かけて成熟すると言われています(諸説あります)。

鍼灸治療の効果があらわれる期間も、ほぼこれに一致しています。その人のお身体の状態によっては1年以上かかることもありますが、3ヶ月~半年で妊娠される方が多いです。

一方、精子の成長期間は2~3ヶ月であることがわかっています。

それまでなかなか妊娠できなかった人が、旦那さんも鍼灸治療をうけるようになってから、2か月程度で妊娠できたというケースもあります。一般に、男性の方が早く治療効果があらわれるので、パートナーだけが治療を継続しているようなケースでは、男性も鍼灸治療を受けるとよいでしょう。

当院についてはこちら

トップページ

引用文献:病気が見えるvol.10 メディックメディア、妊娠と出産 成美堂出版、続・積聚治療 医道の日本社

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り