不妊治療の成功率は鍼灸治療でどのくらい向上するのか

不妊治療の成功率は鍼灸治療でどのくらい向上するのか

 近年、不妊治療における鍼灸の効果は、不妊症に悩む人達の間で広く知られるようになってきました。その一方で、鍼灸は不妊治療に向かないのでは、と疑問視されることもあります。

 そこでここでは、実際に海外で行われた研究報告を踏まえ、鍼灸治療でどのくらい不妊治療の成功率があがるのかお話します。

鍼治療で不妊治療の成功率はどのくらい上がる?

 鍼治療を併用すると不妊治療の成功率はどのくらい上がるのか、これについては海外でもさかんに研究が行われ論文が発表されています。体外受精・顕微授精で、鍼治療を行った場合と行わなかった場合の成功率を一覧にまとめました。

鍼治療のタイミング・鍼治療の回数

症例数 不妊治療の成功率 発表元
鍼治療あり 鍼治療なし
胚移植日・1回 273例 36% 22% デンマーク2006年
黄体期・3回 225例 28.4% 13.8%

ドイツ2006年

hMG注射時・採卵前・採卵後・3回 228例 31% 23% オーストラリア2006年
胚移植後1日以内・1回 1366人 1.65倍 アメリカメリーランド医学部2008年
胚移植前後・2回 824例 18.3% 17.8% ウェスタンシドニー大学国立補完医学研究所2018年

以下の文献より表を作成
・アメリカ生殖医学学会誌
鍼治療で不妊治療の成功率は向上しない CareNet

 表をみると、2006年のデンマークとドイツの結果では「鍼治療あり」の方が有意に成功率が向上して鍼灸の効果が確認できます。他の4つの結果をみても「鍼治療あり」の方が成功率が高くなっています。

 いずれも鍼治療を1~3回行った結果ですが、もっと頻繁に鍼治療を行えば不妊治療の成功率は向上する可能性があります。2018年に発表した研究者も「特により頻繁に鍼治療を受けた場合などは、さらに詳しい研究が必要」(CareNetの記事より引用)としています。

 また、鍼治療にお灸をプラスするともっと成功率は高くなると思われます。実際に鍼灸治療をしていると、不妊の患者さんはからだの芯が冷えている方がとても多く、お灸を用いた方が結果は良好です。

 日本産婦人科学会の統計(2013年)によると、体外受精や顕微授精など病院で行われる不妊治療、1回あたりの成功率は全年齢平均で16.3%と報告されていますが、当鍼灸院で2か月以上にわたり週に1~2回鍼とお灸を組み合わせた治療を受けていただいた患者さんの成功率は、60%前後を推移しています(2019年5月現在)。

 鍼灸治療を継続的に併用すると、不妊治療の成功率はさらに高まることが期待できます。

夫婦で鍼灸治療をうけると不妊治療の成功率は上がる?

 ぜひ夫婦で鍼灸治療を受けてください。

 赤ちゃんに恵まれないカップルの半分は男性側にも問題があると言われています。たとえ病院の検査で異常なしだった男性も、鍼灸治療を一緒に受けると妊娠率が高まる傾向があります。

 男性は「異常なし」といわれると自分には何も問題ないと思いがちですが、異常なしは「病院の検査では、異常は見つけられなかった」ということです。これは原因不明不妊と同じです。妊娠はとても奇跡的で神秘的なものです。検査ではみつけられないことはまだたくさんあります。

 夫婦二人で妊活に取り組めば、きっと可愛らしい赤ちゃんに恵まれることでしょう。

関連するページ

男性不妊の鍼灸治療

症状ごと


関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |