不妊になぜ鍼灸は効果的なのか?妊娠率を上げる鍼灸治療の受け方

不妊になぜ鍼灸は効果的なのか?妊娠率を上げる鍼灸治療の受け方

 不妊治療における鍼灸治療の効果は、赤ちゃんを望む方達の間で広く知られるようになりました。

 その一方で、鍼灸は不妊に効果がないのでは、と疑問視されることがあります。また、鍼灸治療の受け方によっては、効果のあらわれ方に違いがあることも、近年の論文からわかってきました。

 ここでは、なぜ、不妊に鍼灸治療が効果的なのか、不妊治療の成功率はどのくらい上がるのか、また、どのように鍼灸治療を受けるといいのか、国内外の研究報告と治療経験をもとに考えてみたいと思います。

不妊になぜ鍼灸治療は効果的なのか?

 鍼灸治療が不妊にいいのは、妊娠力を高めたり、血行を良くしたり、自律神経やホルモンバランスを整えて、妊娠しやすいからだに導く治療法だからです。鍼灸治療は、妊娠の可能性を高めます。

 はりとお灸で、ツボを刺激することで気血のめぐりを良くします。からだのすみずみに新鮮な血液が行きわたることで、温かいからだになり、本来の妊娠力が戻ってきます。

 骨盤内の血行がよくなると、卵巣、子宮、精巣に十分な酸素と栄養が届きます。卵胞は成熟して質のよい卵子が育ちやすくなり、精巣では運動性の高い精子がつくられるようになってきます。子宮内膜はふかふかベッドのように発育し、受精卵(胞胚)が着床しやすい環境が整ってきます。

 鍼灸治療は、自律神経と女性ホルモンバランスにも、よい効果が及ぶと考えられています。ストレスを抱えていたり、深く思い悩んでいると自律神経が乱れ、血管が収縮してからだは冷えてきます。

 鍼灸は、血管の収縮・拡張をコントロールしている自律神経にもアプローチするので、血行が改善されてきます。また、自律神経が深く関与している、エストロゲンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンがバランスよく分泌され、妊娠の可能性は高まります。

 アメリカ国立代替医療センター(NCCAM)の研究では、鍼による皮膚刺激が自律神経系の働きを調整することがわかってきました。鍼灸治療がなぜ不妊に効果的なのか、科学的にも明らかになってきました。

 鍼灸治療によって、リラックス効果のあるホルモンが分泌されることもわかっています。このホルモンの働きにより、気持ちが清々しく前向きになると考えられています。

 心とからだが元気になる鍼灸治療は、赤ちゃんを授かるのにとてもいい治療法と言えます。

 では、鍼灸治療で、不妊治療の妊娠率はどのくらい向上するのでしょう?

鍼灸治療で不妊治療の妊娠率はどのくらい上がるのか?

 不妊治療における鍼治療効果は、国内外でさかんに研究が行われています。代表的な研究報告を紹介します。

 まずは、海外から見てみましょう。

  • 胚移植日に1回、鍼治療を行った体外受精・顕微授精の273例を対象。鍼治療を行なわない組では22%の妊娠率、鍼治療を行った組では36%の妊娠率となり、鍼灸治療を行なった組で有意に妊娠率が高くなった。(2006年デンマーク)

  • 黄体期に3回、鍼治療を行った体外受精・顕微授精の225例を対象。鍼治療を行なわなかった組では13.8%、鍼治療を行なった組では28.4%の妊娠率だった。(2006年ドイツ)

  • hMG注射時、採卵前、採卵直後の3回、鍼治療を行った体外受精(IVF)の228例を対象。鍼治療を行なわない組では23%、鍼治療を行った組では31%の妊娠率だった。有意差はないが鍼治療を行った組で妊娠率は高かった。(2006年オーストラリア)

  • ・体外受精(IVF)を受けた1366人を対象に、胚移植後1日以内に1回、鍼治療を受けた組は、鍼治療を受けなかった組と比較して、妊娠率が65%高かった。(米メリーランド大学医学部)

  • 胚移植の前後2回、鍼治療を行った体外受精(IVF)の412例を対象に、鍼治療を行わない組では17.8%、鍼治療を行った組では18.3%の妊娠率だった。有意差は認められなかった。(2018年ウェスタンシドニー大学国立補完医学研究所)

 研究毎で鍼治療を行ったタイミングと回数は異なりますが、いずれも鍼治療を行ったが妊娠率は高くなっています。

 次に、国内の研究報告を見てみましょう。

  • ・体外受精を5回以上受けても妊娠できなかった不妊症の女性114人に、週1~2回のペースで治療を行ったところ、43%にあたる49人が妊娠できた。(2006年名古屋の明治鍼灸大と明生鍼灸院の研究グループ)

  • ・体外受精など高度生殖医療を3回以上受けても妊娠できず、子宮内膜が薄いことが原因と推定される女性57人(平均年齢34.7歳)に、鍼灸治療を6ヶ月以上続けたところ、24.6%の14人(同33.7歳)が冷凍保存した胚を移植して妊娠することができた。また、不妊原因の分からない女性24人(同35.2歳)への鍼灸治療でも、30%にあたる7人(同36.1歳)が妊娠した。(2001年名古屋市、明生鍼灸院と豊田市、竹内病院トヨタ不妊センターの共同研究)

 海外では、短期間に鍼治療(鍼のみ)を行ったのに対して、日本では継続的に鍼灸治療(鍼とお灸)を行っています。海外では18%~36%、日本では25%~43%の妊娠率でした。

鍼灸治療はどのように受けるとより効果的なのか?

 前述の研究結果から読み解くと、鍼灸治療は継続的に受けた方が、妊娠率の向上に期待が持てます。

 採卵や胚移植の前後に数回、鍼治療を受けるだけでも妊娠率は上がりますが、週に1~2回のペースで、数か月継続して受けた方が妊娠の可能性は高くなります。

 また、鍼だけではなく、お灸も併用した方がより効果的のようです。

 実際に当院でも、不妊の患者さんは冷えている方がとても多く、鍼とお灸を組み合わせた治療の方が結果は良好です。

 このように、鍼灸治療は受け方によって、その効果は変わってきます。

 東洋医学と西洋医学、それぞれ、赤ちゃんを授かるためにできることがあります。

 病院で施されるホルモン療法や人工授精・体外受精・顕微授精などの不妊治療は、妊娠の成立をサポートしてくれるすばらしい医療です。

 一方、東洋医学に基づく鍼灸治療は、妊娠力を高めて、妊娠しやすいからだに体質改善する医術です。

 妊娠しやすいからだになれば、病院で施される人工授精や体外受精などの成功率はさらに高まると考えられます。

 日本産婦人科学会の統計(2013年)によると、体外受精や顕微授精など病院で行われる不妊治療、1回あたりの成功率は全年齢平均で16.3%と報告されています。

 そして、当鍼灸院で2か月以上にわたり、週に1~2回鍼灸治療を受けていただいた患者さんの妊娠率は、60%前後を推移しています(2019年5月現在)。

 根気よく鍼灸治療を受けることでその効果は大いに発揮され、不妊治療の妊娠率の向上に期待が持てます。

どんな人に鍼灸はいいのか?

  • ・妊娠に良いと言われることをいろいろ試しても、なかなか赤ちゃんを授からない人

  • ・人工授精や体外受精などの不妊治療を何回も受けている人

  • ・不妊症の要因になる子宮筋腫などの疾患を持っている人

  • ・検査で異常はみつからないのに妊娠できない、原因不明不妊の人

  • ・2人目になかなか恵まれない2人目不妊の人

 このようなケースでは、冷えが原因で妊娠しにくい状態になっている可能性があります。鍼灸治療で妊娠力を高め、子宮や卵巣の働きを活性化するとよいでしょう。

夫婦で鍼灸治療を受けるといいのか?

 ぜひ夫婦で鍼灸治療を受けてください。

 WHO(世界保健機構)によると、赤ちゃんに恵まれないカップルの半分は男性側にも問題があることはわかっています。

 男性は、病院の検査で「異常なし」といわれると自分には何も問題ないと思いがちですが、異常なしは「病院の検査では、異常は見つけられなかった」ということです。これは原因不明不妊と同じです。

 妊娠はとても複雑で綿密な工程を経て成立するものです。検査ではみつけられないこともまだたくさんあります。

 たとえ、異常なしだったとしても、男性も一緒に鍼灸治療を受けた方がいい結果が期待できます。当院でも、実際に、夫婦で受けていただいた方が、妊娠率は高い傾向がみられます。

 夫婦二人で妊活に取り組めば、きっと可愛い赤ちゃんに恵まれます。

関連するページ

男性不妊の鍼灸治療

どのくらいの期間で効果はあらわれるのか?

 当院では、2~6ヶ月で妊娠される方が多いです。卵巣や子宮などの環境が整うのに、このくらいの期間かかると考えられます。

 また、卵胞・卵子はおよそ半年かけて成長すると言われています(諸説あります)。ですから、卵子の質に問題を抱えている場合は、半年くらいたってから効果が出はじめる人が多いです。

 その人のからだの状態によっては1年以上かかることもありますが、多くは2~6ヶ月で妊娠されます。

 一方、精子の成長期間は2~3ヶ月であることがわかっています。それまでなかなか妊娠できなかった人が、パートナーも鍼灸治療をうけるようになってから、2か月程度で妊娠できたというケースも少なくありません。

 一般に、男性の方が早く治療効果があらわれるので、女性だけが治療を続けているようなケースでは、男性も鍼灸治療を受けるとよいでしょう。

まとめ

  • ・鍼灸治療は、自律神経やホルモンバランスを整え、血液循環を改善することで、妊娠の可能性を高めることが期待できます。リラックス効果もあり、不妊にとてもいい治療法です。

  • ・鍼灸治療は、週に1~2回、継続して受けるとより効果です。夫婦二人で受けると、さらに妊娠の可能性は高まります。

症状ごと


関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日