妊活中に一番気をつけたい生活習慣について
ホーム > 妊活中に一番気をつけたい生活習慣について

妊活中に一番気をつけたい生活習慣について

妊娠しやすいからだになるためには、普段、どんな生活を送ればいいのか気になるところです。

そこで、今回は、妊活中に気をつけたい生活習慣についてお話します。

妊娠のために一番気をつけたいこと

妊活を始めると、妊娠にはこれがいいのでは、あれは良くないのでは、と色々迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

その中で、東洋医学的にみて一番気をつけたいことは、やはり「冷え」です。

わかりやすい理由の1つに、ミトコンドリアがあります。

ミトコンドリアは、からだを構成している細胞内にある小器官で、妊娠などの生命活動に必要なエネルギーを作り出しています。

もちろん、卵子も1つの細胞なので、ミトコンドリアは存在します。

質の良い卵子が育つのも、受精卵が着床して妊娠が成立するのも、全てミトコンドリアが作り出す活動エネルギーに支えられています。

そして、重要なことは、「ミトコンドリアは温かいからだで、優位にエネルギーを産出する」ということです。

つまり、妊娠には温かいからだが必須なのです。

東洋医学で昔から「妊娠に冷えは大敵」と言われてきた理由が、科学的にも明らかになってきました。

では、これを踏まえた上で、日常生活で気をつけたい生活習慣についてお話しします。

いきすぎた労働やストレス

今の時代、仕事や家事、人間関係など日々の生活の中でストレスを感じない、ということは難しいことだと思います。睡眠不足や不規則な生活もストレスの元になります。

もちろん私たちには、そのようなストレスに対する抵抗力も忍耐力もありますが、いくらその能力が高くても、毎日無理を続けていれば、やがて身体を壊してしまいます。

私たちの身体は、忙しかったり、悩み事や人間関係などによるストレスを受けると、自律神経の交感神経が緊張して、脈拍を増やして血圧を上昇させます。

ある程度のストレスの下では、血流が増えて血行も良くなってよいのですが、いき過ぎた時が問題なのです。

いき過ぎると血管の収縮が強くなるため、血流が悪くなり、身体はだんだんと冷えてきます。その結果、ミトコンドリアの働きは低下し、なかなか赤ちゃんに恵まれないという状態になってきます。

ストレスの持続→交感神経の過緊張→血流の悪化→冷えが生じる→ミトコンドリアの働きが低下→妊娠しにくくなる

今の女性に多い不妊症は、昔の女性には少なかった、仕事と家庭の両立や睡眠不足などによるストレスを抱え続けることで、からだに冷えが生じ、ミトコンドリアの活動が制限された先に起こることです。

「いきすぎた労働やストレスが冷えを招き、不妊につながる」ということを理解し、無理のない生活スタイルを心がけましょう。

エアコンの効かせすぎ

エアコンは熱中症対策として大切ですが、効かせ過ぎは身体に負担をかけることがあります。

温度を下げ過ぎた部屋にいると、からだは表面から冷えてきます。エアコンの効いた部屋と温度差の大きい屋外を、買い物や仕事などで出たり入ったりしていると、体温調節を司る自律神経がだんだんと乱れてきます。

自律神経の乱れは、妊娠に大きく関わる女性ホルモンの分泌に影響します。

自律神経を司る中枢と女性ホルモンの調節中枢は、脳の視床下部というところにあります。しかも、これらの中枢は極めて近くにあり、密接に連動していると考えられています。

このため、女性ホルモンの分泌は、自律神経の影響を受けやすいのです。

からだが冷えるほどのエアコンの効かせ過ぎは、自律神経やホルモンバランスの乱れに繋がります。身体に負担をかけないように、上手に利用しましょう。

外気の冷え

外気の冷えは、足元や首などから入りやすいと言われています。普段から足元や首回りの保温も気をつけたいところです。

外気は皮膚を通して、細かな血管を流れる血液から熱を奪います。

特に冬は足元から冷えてきます。これは、冷たい空気は下に、温かい空気は上に集まりやすいためです。

暑い夏でもクーラーの効いた部屋では同じことが言えます。また、足はムレやすいため余計に冷えやすいので注意してください。

シルクの5本指靴下で足元を保温

5本指靴下は指を1本ずつ包んで足を保温し、血行不良の解消や冷えによるトラブル防止に効果的です。

さらに、シルクは保温性と吸排出性に優れ、冬は温かく、夏は湿気を放出し、肌を温かく爽やかに保ってくれます。また、シルクは体内の毒素や老廃物を排出してくれます。

ここで1つ注意していただきたいことは、夜寝るときは、靴下は極力履かないように心がけてください。

寝ている時も体温調節機能は休まず働いています。しっかりと自律神経を働かせることも大切です。

レッグウオーマーで足首を保温

冷えは足首からも入りやすいので、レッグウォーマーで保温することも効果的です。

薄手の物でよいので、締め付け感が少ないものを選んでください。締め付けが強いと、血行不良となり逆効果です。

マフラーで首を保温

冬、外出時にはマフラーなどで首を寒さから守ってください。冷えは首からも入ってきます。

夏でもクーラーの効いた部屋では、ネックウォーマーなどを利用すると良いでしょう。

首には、「風池」「風府」など「風」がつくツボや、首の下方には「風門」と呼ばれる、風邪の治療に使われるツボがあるほどです。

冷やさないように、保温をこころがけましょう。

腹巻で内臓を保温

腹巻きは昔からある、とても優れた健康法です。妊活中の方もぜひ利用してください。

お腹を腹巻で保温してあげると、ミトコンドリアも活発になり、妊娠に最適な温かいからだになってきます。

骨盤内の血流も良くなり、卵巣には、ミトコンドリアの燃料となる酸素と栄養が十分に届けられ、質の良い卵子が育ちやすくなります。

寝ている間も常に体温を作り出している内臓を、冷やさないようにすることは、とても大切なことです。

腹巻は理にかなった、昔からある生活の知恵です。締め付けがなく、汗をかかない薄手のものでよいので、ぜひ一度お試しください。

まとめ

東洋医学では、昔から「妊娠には温かいからだが不可欠」と考えられてきました。ミトコンドリアの機能が解明され、その理由の一端が、科学的にも確かなものとなりました。

本来、みなさんのからだには熱を作り出す仕組みが備わっています。

しかし、現代女性は、ストレスやエアコン、食事など、昔と比べて冷えやすい環境の中で暮らしています。

冷えは、昨日今日で溜まるものではなく、長い時間をかけて徐々に強くなってきます。知らず知らずのうちにからだの芯は冷えてきます。

妊活で一番気をつけたいことは、からだを冷やさないようにすることです。

そのためには、ストレス→交感神経過剰の生活を見直していくことが、なによりも大切です。さらに、からだを保温して、日常生活で生じる冷えから回避することも忘れてはいけません。

冷えを遠ざける生活習慣を心がけ、妊娠しやすい温かいからだになりましょう。

最後に・・・毎朝起きたら、まず、温かいお白湯(お湯)を一杯飲むことをお勧めします。続けていると、だんだんと身体のすみずみまで温まるのを感じるようになるでしょう。

妊活がうまくいかないとお悩みの方へ

「妊活をはじめてからしばらく経つけれども、なかなかうまくいかない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

その原因は「冷え」かもしれません。

妊娠にいいといわれる栄養素をどんなに摂取しても、妊娠力をアップすると言われる健康食品をいくら食べても、からだが冷えていてはせっかくの効果も半減です。

ミトコンドリアが元気に働く「温かいからだ」だからこそ、その効能は活きてきます。

卵胞はおよそ6ヶ月かけて成長し排卵するので、妊活をはじめて半年以上経過している方は、冷えが妊娠を妨げている可能性があります。

そんな時、鍼灸治療が効果的なのをご存じでしょうか。

東洋医学に基ずく鍼灸治療は、「赤ちゃんに恵まれにくい人には冷えがある」という理念のもと、数千年も前から妊娠治療(不妊治療)を行ってきた歴史があります。

その膨大な治療の積み重ねの中で、「温かいからだと妊娠の関係」を東洋医学的に解明し、治療方法を発展させてきました。

妊活で時間ばかりが過ぎ、何かのきっかけになればと鍼灸院を訪れ、めでたく妊娠されていく方が沢山いらっしゃいます。もちろん、病院の不妊治療に通っている方も、それと並行して鍼灸治療を受けるととても効果的です。

妊活がうまくいかないとお悩みの方、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

当院についてはこちら

トップページ

引用文献:赤ちゃんが欲しい人の本 西東社、安保徹:人が病気になるたった2つの原因 講談社、続・積聚治療 医道の日本社

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り