不眠症の鍼灸治療
ホーム > 不眠症の鍼灸治療

不眠症の鍼灸治療

日本人の約5人に1人が不眠の悩みを抱えているといわれています。

不眠症にはさまざまなタイプがあります。布団に入ってもなかなか寝付けない「入眠障害」、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」、目覚めが早い「早朝覚醒」、眠りが浅い「熟眠困難」、そして、まったく眠れないというケースもあります。

不眠症の原因

ストレスは心身にさまざまな影響を及ぼします。特に、不眠症は精神的なストレスと密接に関連していると考えられています。仕事や人間関係の悩みから起きる不安感や怒りは、交感神経を緊張させて眠りから遠ざけます。

自律神経は、心身を緊張させ興奮状態に導く交感神経と、逆に気持ちをリラックスさせて鎮静状態に導く副交感神経に分かれています。この2つの自律神経は、昼間行動しているときは交感神経が優位になり、夜、寝る頃には副交感神経が優位になるというように、うまくバランスをとりながら機能しています。ところが、ストレス過多の現代社会では、この切り替えがスムーズにいかなくなります。寝る時間になっても交感神経が優位なので、眠りたいのに眠れないのです。眠れないと体調のリズムが崩れ、自律神経の働きも乱れます。それがまた眠りを妨げるという悪循環を生みます。

精神的なストレスは一朝一夕では解決しないことも多いのですが、かといって悩み過ぎれば解決は遠のきます。少しでもストレスを和らげていくことが大切です。

不眠症の鍼灸治療

不眠症の大きな原因の1つが、精神的ストレスと言って過言ではありません。しかし、そのプレッシャーを受け止める力は人それぞれで、ある人にはなんでもないことでも、別の人には重大な悩みということもよくあります。苦悩は、なんらかの形でその人の内面に溜まっていきます。趣味などで発散できる程度のもならいいのですが、それ以上のストレスが日々溜まっていくことも少なくありません。

蓄積されたストレスは、心身を緊張状態にして気のめぐりを停滞させ、自律神経のバランスを乱します。特に、悩み事を抱え続けると、頭に気が集まり、睡眠を妨げることになります。

当院における不眠症の治療方針は、心身の緊張を和らげ、気のめぐりを良くし、自律神経を調整することにあります。お腹や背中、手足を鍼で優しく刺激することで、のびやかに気をめぐらせて、心身の緊張を解きほぐしていきます。副交感神経が多く集まる腰やお腹(内臓)をお灸で温めて、自律神経の調子を整えます。

入眠しやすいように、治療は1週間に1回あるいは、2週間に1回の頻度で来院する方が多いです。もちろん、薬と鍼灸治療を併用していただいても効果的です。薬なしでは眠れなかった方も、だんだんと薬に頼らずに眠れる日が増えていき、やがて自然な眠りにつけるようになっていきます。

不眠症の方は、肩こり、頭痛、めまいなどの不定愁訴を抱えていることも珍しくありません。当院では、日々のおからだの状態をより良い状態にしながら、不眠症からの脱却を目指しています。

お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り