パニック障害の鍼灸治療
ホーム > パニック障害の鍼灸治療

パニック障害の鍼灸治療

パニック障害とは

突然の動悸、呼吸困難、めまい、発汗などの「身体の症状」とともに、強い不安や恐怖感などの「心の症状」を伴う、「パニック発作」を引き起こします。発作は10分~1時間でおさまります。

しかし、発作が繰り返されると、また起きるのではないかといった「予期不安」が生まれてきます。長期化すると、大勢の人が集まる所や、過去に発作を起こした場所を避ける「広場恐怖」が生じてきます。「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」、この3つが特徴的な症状と言われています。

パニック障害は直接生命を脅かすものではありません。

しかし、症状が悪化すると、家に閉じこもるようになり、うつ病を併発することがあります。パニック障害の50%~60%は、うつ病を伴うと考えられています。

パニック障害は、100人に2~3人の割合でかかる病です。一般に、日常生活にストレスをため込みやすい環境で暮らしている人が多いとされていますが、必ずしもストレスだけが関与している訳ではないようです。いつも緊張を高めている人に多いことが分かってきています。

近年の研究では、脳内の情報を伝達するシステムがうまく機能できなくなると、パニック障害やうつ病を発症すると考えられています。脳の中では、「神経伝達物質」と呼ばれる物質がさまざまな情報を、神経細胞から神経細胞へ伝達しています。「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という神経伝達物質は、人の感情に関する情報を伝える物質であることが解かっています。

パニック障害は、恐怖や不安に関係している「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える「セロトニン」のバランスが、何らかの原因でくずれることでパニック障害が引き起こされると考えられています。

ちなみに、うつ病もこれらの神経伝達物質が減ることで発症するため、パニック障害と併発するケースが多いと言われています。

パニック障害の鍼灸治療

東洋医学でも、パニック障害はうつ病と同様に「七情」、つまり、「喜、怒、思、憂、悲、恐、驚」の不均衡から起こるとされています。鍼灸治療の基本方針も、うつ病と同じく、七情のバランスを整えることにあります。

詳しいページ

うつ病の鍼灸治療

パニック障害やうつ病は、場合によっては外出できなくなるなど、日々の生活もままならない状態になり、長い間にわたり辛い思いをされるケースも少なくありません。治ったと思っても再発することがあり、一般には、難しい病気と捉えられています。

しかし、鍼灸治療は、自己治癒力(からだに備わっている、病気を治す機能)を高めていくことができます。原因を解消して、からだに本来備わっている治癒力がうまく機能するように促します。人によっては、ほとんど症状はなくなりますが、完治までいかなくとも、日常生活に支障がないところまで回復することはできます。

病院の治療で改善しない場合や、早く辛い症状から解放されたい時など、パニック障害でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。1日でも早く快方しますよう、日々、病と向かい合っています。

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り