冷え症の鍼灸治療
ホーム > 冷え症の鍼灸治療

冷え症の鍼灸治療

今、冷え症の人が増えている

近年、冷え症(冷え性)の人が増加傾向にあります。特に、成人女性の半数は冷え症に悩んでいると言われています。子供の頃から「手足の冷え」や「しもやけ」などに悩んでいる方や、重い生理痛や生理不順で辛い思いをされている方も多いのではないでしょうか。

最近は、男性でも冷えを感じている患者さんが増えてきました。

意外に思われるかもしれませんが、昔に比べて現代の方が冷えやすい環境になっています。温暖化に伴い、夏は、ほぼ1日中、エアコンの効いた場所にいる機会が増えています。また、今は真冬でも、体を冷やす作用のある夏野菜がお店に並び、1年中食べることができます。

生活スタイルが多様化して、ストレスによる血流の悪化も冷え症の大きな原因になります。からだの内部では、いつも熱(体温)がつくられ、血液の流れにのって熱が全身に運ばれることで、わたしたちは体温を保持しています。このため、血行が悪くなると、からだは冷えはじめるのです。ストレスによる血流の悪化は、現代人の冷え症の大きな要因になっています。

詳しいページ

冷え症の原因と対策

冷え症の鍼灸治療

食生活や生活習慣を見直したり、冷え症に良いと言われる事をいくら試しても、なかなか効果があらわれないことがあります。どうしてもストレスを避けられない状況が続き、慢性的な冷え症に悩まされるケースもあります。

そんな時、鍼灸治療は、からだに溜まった冷えを解消するお手伝いをします。

東洋医学には、「冷えは万病のもと」という基本理念があり、鍼灸治療は数千年も前から「冷え」に着目した治療を確立してきました。鍼とお灸でツボを優しく刺激することで、気血の流れを改善して冷えを解消します。

近年の研究では、鍼灸治療により副交感神経が優位になることが、科学的にもわかってきました。お腹や腰に、温かいお灸と心地のよい鍼を施すことで、副交感神経の働きを高めて、血管を広げ血行を改善します。全身のめぐりが良くなるので、患者さんによっては、リラックスして寝てしまう方もいらっしゃいます。

はなもも鍼灸治療院では、温かい体に導く根本治療を行っています。治療後には、多くの方が「体がホカホカする」と仰います。

冷え症の中には、腰痛、肩こり、食欲不振、めまい、頭痛、生理痛、生理不順、不妊症など様々な悩みを抱えている方も少なくありません。当院では、冷え症に伴うこれらの症状もトータルで治療を行います。

辛い冷え症でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療にご相談ください。

関連する記事


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

はなもも便り