更年期障害のメカニズム

更年期障害のメカニズム

 更年期には、女性ホルモンの一種であるエストロゲンなどの分泌量が減り、その影響で体のあちこちに様々な症状があらわれることがあります。エストロゲンが減少すると、なぜこのような症状があらわれるのでしょうか。

 ここでは、更年期障害のメカニズムについてお話します。からだにおこる変化を理解することで、更年期を上手に乗り切るヒントになれば幸いです。

ホルモンバランスがくずれる理由

 エストロゲンなど女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部によってコントロールされています。視床下部の命令を受けて、まず、性腺刺激ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されます。そして、このホルモンが血流にのって卵巣に届くと、それが合図となって、卵巣からはエストロゲンが分泌される仕組みになっています。

 ところが、更年期は卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少してきます。そこで、減少分を補おうと視床下部は一生懸命に指令を出し、どんどん性腺刺激ホルモンを分泌します。このため、からだの中のホルモンバランスは乱れてくるわけです。

心と体の不調があらわれる理由

 脳の視床下部には女性ホルモンの調節中枢だけではなく、自律神経をコントロールする中枢や、怒り・不安感などを調整する情動中枢が集まっています。しかも、これらの中枢は近くにあり、密接に連動していると言われています。

 

 このため、更年期に起こる女性ホルモンの変化が、自律神経や情動に影響して、自律神経症状や精神的症状があらわれやすくなると考えられています。

 自律神経はからだの各器官の働きをコントロールしている神経です。ですから、自律神経が乱れるとからだのあちこちに不調がおきてくるわけです。

詳しいページ

自律神経失調症の症状

最後に

 更年期は、卵巣機能がだんだんと低下して、女性ホルモンのバランスが変わります。これは健康な女性ならば、だれにでもおこる自然な体の変化です。前向きにとらえ、更年期を上手に乗りきりましょう。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »