女性の更年期障害は何歳から?どうして起こるの?

女性の更年期障害は何歳から?どうして起こるの?

 更年期を迎えた女性は、心身に様々な不調が起こることがあります。これを更年期障害と言います。

 更年期障害は何歳頃から起こるものなのか、また、どうして起こるのか、ここで詳しくお話ししたいと思います。

更年期障害は何歳から起こるの?

 日本産婦人科学会の定義によると、更年期とは「生殖期と非生殖期の間の移行期をいい、卵巣機能が減退し始め、消失するまでの期間」とされています。

 一般的には、閉経の前後5年くらい、計10年間を更年期といい、女性の更年期障害はこの期間に起こりやすいとされています。

 日本人女性の場合、閉経の平均年齢は50.5歳なので、更年期障害の起こりやすい年齢は45歳から55歳頃ということになります。

 また、若い女性でもなることがあり、この場合は、「若年性更年期障害」と呼ばれています。

更年期障害の原因は?

 更年期障害は、閉経の前後に起こる「エストロゲン(女性ホルモン)の減少」と深く関係しています。このホルモンバランスの大きな変化が自律神経に影響を及ぼし、ホットフラッシュなどの原因になると考えられています。

 では、詳しくみていきましょう。

 

 まず、女性の卵巣では、生涯にわたって排卵する卵胞の数は決まっています。卵胞は新たに増えることはない、というのが今の定説です。

 そのため、年齢とともに、卵巣の中にある卵胞の数は徐々に少なくなっていきます。

 更年期を迎える頃には、卵胞の数は残り僅かになり、月経周期も不規則になってきます。やがて、卵胞はすべて無くなり閉経します。

 この間、卵胞から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)の量も減少してきます。

 エストロゲンの分泌は、実は、脳の下垂体から分泌されるLH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)によってコントロールされています。

 脳内で分泌されたLHとFSHが血流にのって卵胞に届くと、それが合図になってエストロゲンが作られる仕組みになっています。

 ところが、更年期は卵胞の数が減ってくるので、エストロゲンの生産量も必然的に減少してきます。

 そこで、脳はこの減少分を補おうとしてどんどんLHとFSHを分泌し、卵胞にエストロゲンを作らせようとします。

 でも、卵胞の数は減る一方なのでエストロゲンの減少傾向は続き、反対に、LHとFSHの分泌量はますます増えてきます(下図)。エストロゲンとLHとFSHの分泌量の変化を記したグラフです。エストロゲンの分泌量曲線は10歳頃から急激に上昇し、20代後半にピークに達します。その後、更年期に向かって減少し続けます。LHとFSHの分泌量曲線は40歳頃から急激に増加し60歳代でピークを迎えます。更年期に入るとエストロゲンとLH・FSHの分泌量曲線が逆転する様子が描かれています。

 やがて、過剰になったLHとFSHが、脳の下垂体にある自律神経中枢に影響を及ぼし、更年期障害でよくみられる「自律神経失調症状」を引き起こすと考えられています。

 また、この年代の女性は仕事や子育て、家事に加えて、親の介護などが重なり精神的ストレスを抱えている方も少なくありません。

 仕事をしている人は、管理職など責任ある立場を任され、何かと負担が増える年齢でもあります。

 ホルモンのバランスが変化する時期にこうした状況が重なり、気持ちの落ち込みやイライラなどの「精神面の不調」があらわれることも少なくないようです。

 まとめると、更年期障害は、エストロゲンの減少とその人の心理的要因や社会的要因が複雑に絡み合い引き起こされると考えられています。

 参考文献:病気が見えるVol.9 メディックメディア

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日