ストレスで胃酸過多になる理由

ストレスで胃酸過多になる理由

 胃酸過多の要因の1つに、ストレスがあります。よくストレスで胃が痛むといいますが、このとき、胃の中は胃酸が必要以上に分泌されている状態、あるいは、胃壁を守る粘液が不足している状態になっています。ここでは、ストレスで胃酸過多になる理由をわかりやすくお話します。

 はじめに、胃のしくみについてお話します。食べ物が胃に入ると、それを消化するために、「胃酸」が分泌されます。胃酸はとても酸性度が高く、食物と一緒に入り込んできた細菌を殺菌してくれますが、胃壁自体も溶かしてしまうほどの強さがあります。そこで、胃の中では、「粘液(ムチン)」も分泌されて、胃壁をおおい守っています。

 胃酸や粘液の分泌は、自律神経(交感神経と副交感神経)とホルモンによって調節されています。

詳しいページ

自律神経とは

 副交感神経は、胃壁の血行を良くして胃酸や粘液の分泌を促進してくれます。反対に、交感神経は、血流を減少させて胃酸や粘液の分泌を抑えます。食後にリラックスしていると、副交感神経が優位に働き、消化が促進されるわけです。

 一方、ホルモンによる胃液の調節は、「ガストリン」と「セクレチン」と呼ばれるホルモンが受け持っています。「ガストリン」は、胃酸の分泌を促進してくれます。反対に、「セクレチン」は胃酸や粘液の分泌を抑える作用があります。

 このように、自律神経とホルモンがうまくバランスをとりながら、胃酸と粘液の分泌量を調節しています。

 ところが、このバランスを乱すのがストレスです。ストレスを抱え続けると、自律神経やホルモンのバランスがくずれはじめ、胃酸が必要以上に分泌される胃酸過多になったり、胃壁を守る粘液(ムチン)が減少して胃潰瘍になることがあると考えられます。

 また、人のからだはストレスを受けると、副腎皮質ホルモンの分泌が高まるしくみになっています。このホルモンは、ストレスに対抗するために分泌されるホルモンですが、これとは別に、胃酸の分泌を増やして、粘液(ムチン)の分泌を減らす作用も持っています。このため、長い期間にわたってストレスを抱えると、胃酸過多や胃潰瘍などに悩まされることになります。

 人のからだはとても複雑で、わかっていないこともまだたくさんあります。胃酸過多の原因も一言で説明できるものではありませんが、ストレスは胃の調子を崩す大きな要因といえそうです。

 最後に、余談になりますが、アイスクリームやビールなどの冷たい物が胃に入ってくると、血管は収縮して血流がとどこおおり、粘液(ムチン)が十分に分泌されなくなることがあります。冷たい飲食物の摂り過ぎも、胃の調子を悪化する要因です。胃酸過多など胃の症状でお悩みの方は、温かい食事を心がけるとよいでしょう。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »