ストレスで胃酸過多になる理由

ストレスで胃酸過多になる理由

 胃にあらわれる症状の多くは、精神的なストレスが原因で胃酸過多もその1つです。ここでは、どうしてストレスで胃酸過多になるのか、わかりやすくお話します。

胃のしくみ

 まず、胃のしくみを知りましょう。

 食べ物が胃に入ると、それを消化するために胃酸が分泌されます。胃酸はとても酸性度が高く、食べ物と一緒に入り込んできた細菌を殺菌してくれます。でも、胃壁も溶かしてしまうほどの強さがあります。そこで、胃の中では、ムチンと呼ばれる粘液が分泌されて、胃酸で溶かされないように胃壁をおおい守っています。

 この胃酸と粘液の分泌量は、自律神経ホルモンが調節しています。

自律神経による胃酸と粘液の調整

 自律神経には副交感神経交感神経と呼ばれる2つの神経があって、この2つの神経が胃酸や粘液の分泌量をコントロールしています。

 からだをリラックスモードにする副交感神経がはたらいているときは、胃壁の血行が良くなって胃酸や粘液の分泌が促進されます。

 反対に、からだを緊張モードにする交感神経がはたらくと、血流が低下して胃酸や粘液の分泌が抑えられます。

 普段、食後は、副交感神経の方が優位に働いて消化が進みます。

ホルモンによる胃酸と粘液の調整

 一方、ホルモンによる胃液の調節は、ガストリンセクレチンと呼ばれる2つのホルモンが受け持っています。

 ガストリンは胃酸の分泌を促進して、セクレチンは反対に、胃酸や粘液の分泌を抑える作用があります。正反対の働きをもつ2つのホルモンが、うまくバランスをとりながら胃酸と粘液の分泌量を調整しています。

 このように、自律神経とホルモンが絶妙なバランスで働いているおかげで、胃の調子はよく保たれごはんも美味しく食べられるわけです。

ストレスで胃酸過多になる理由

 ところが、このバランスを乱すのが精神的ストレスです。

 自律神経やホルモンは感情や生活のリズム、環境の変化などに影響を受けます。悩みや心配事などの精神的なストレスが続くとバランスを崩すことがあります。

 自律神経やホルモンのバランスがストレスでかき乱され、胃酸が必要以上に分泌されると胃酸過多を、胃壁を守る粘液が減少すると胃潰瘍などを招くことになります。

 また、人のからだはストレスを受けると、副腎皮質ホルモンの分泌が高まるしくみになっています。このホルモンは、ストレスに対抗するために分泌されるホルモンですが、これとは別に、胃酸の分泌を増やして、粘液の分泌を減らす作用も持っています。

 このため、長い期間にわたってストレスを抱え続けると、胃酸過多や胃潰瘍などに悩まされることになるわけです。

 ストレスはなるべく早い段階で解消したいものです。とは言え、なかなかそれができないから胃の調子を崩すわけですが、せめて食べ過ぎ飲み過ぎは慎むようにしましょう。

 これを機会に、生活習慣を見直すなど、胃酸過多対策をこころがけみてはいかがでしょうか。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日