片頭痛がおきるメカニズム

片頭痛がおきるメカニズム

 片頭痛という言葉はよく知られていますが、その原因は残念ながらまだはっきりとは解明されていません。

 一説によると、セロトニンという物質が、深く関わっていると言われています。セロトニンは神経伝達物質(化学物質)の一種で、「鎮静作用」があります。脳や血管の中に存在していて、血管を収縮させて興奮をおさえる働きがあります。

 脳内でストレスを感じ始めると、興奮を抑えようとしてセロトニンが血液中に沢山放出されます。ストレスを感じている間はセロトニンが血液中に放出され続けて、血管は緊張して収縮しています。ストレスから解放されるとセロトニンが減少します。すると、血管は緊張がとけて拡張しはじめます。この時、必要以上に拡張すると、血管が引っ張られて頭痛がおきるのではないかと推察されています。

 片頭痛をおこしている人の血流を調べると、痛みが起きている部分の血流量は、大幅に増えているそうです。これは血管が拡張し過ぎて、たくさんの血液が流れていることを示しています。このために「ズキンズキン」と拍動するような痛みがおこると言われています。

 ストレスを受ける→血管にセロトニンが大量に放出される→血管が収縮する→ストレスから解放される →セロトニンが急激に減少する→血管が必要以上に拡張する→片頭痛がおきる、というメカニズムです。

 また、三叉神経説というものもあります。三叉神経は脳神経の中で、最も大きな神経で、顔周辺の感覚をつかさどっています。この三叉神経が何らかの刺激を受けると、神経の末端から血管を拡張させる神経伝達物質が分泌されます。そして、血管が拡張して炎症がおこり、その炎症部分が三叉神経を刺激して片頭痛を招くことになるのではないかと考えられています。

 三叉神経が刺激を受ける→三叉神経の末端から血管拡張させる神経伝達物質を分泌→血管が拡張し炎症→炎症部が三叉神経を刺激→片頭痛がおきる、という説です。

 いずれにしても、「極端な血管の拡張」が片頭痛の正体ではないかと推察されています。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日