生理周期に伴って起こる片頭痛

生理周期に伴って起こる片頭痛

 片頭痛に悩んでいる女性は、男性の2~3倍います。

 特に20歳代~40歳代の女性に集中していて、生理周期に伴って起こる片頭痛に悩まされています。

 生理がそろそろ始まるという頃になると起こり、生理が終わる頃に収まります。

 ここでは生理周期に伴って起こる片頭痛について、西洋医学と東洋医学の両面からお話します。

女性ホルモンの関与

 どうして片頭痛が生理と連動して起こるのか、その理由はまだはっきりとわかっていませんが、女性ホルモンが関係している可能性が高いと考えられています。

 中でも、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの関与が強く疑われています。

 エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、生理周期に伴って分泌量が大きく変動します。

 生理が始まる数日前になると、エストロゲンの分泌量は急激に減少します。そして生理が始まると、今度は少しずつ増加します。

 この期間に片頭痛に悩まされる女性が多いことから、エストロゲンの関与が疑われています。

 もう少し詳しく見てみましょう。

 エストロゲンは、主に、妊娠に携わるホルモンですが、その他に、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の生成を進める働きもあります。

 という事は、エストロゲンの分泌量が多いとセロトニンの量も多くなり、エストロゲンの量が少なくなるとセロトニンの量も減少します。

 実は、セロトニンには「血管を収縮して痛みを和らげる」という働きがあります。

 もうお気づきだと思いますが、エストロゲンが急激に少なくなる生理前は、セロトニンの量も減少するため、脳の血管が急に拡張してズキズキした頭痛が起こりやすくなるわけです。

 反対に、生理が始まるとエストロゲンは徐々に増えてくるので、セロトニンも少しずつ増え、生理が終わる頃になると片頭痛は無くなくなるということです。

 エストロゲンの分泌量が安定する妊娠中は片頭痛が減り、出産後生理が始まると再び片頭痛が起こりやすくなることからも、このホルモンが関係している可能性は高そうです。

冷えの関与

 ただし、エストロゲンだけで説明がつくわけではありません。

 なぜなら、生理があっても片頭痛が起こらない女性は沢山いるからです。むしろこちらの方が多いのです。

 もしエストロゲンだけが原因ならば、生理のある女性は全員片頭痛に悩まされることになります。

 でも実際はそうではありません。他にも何か原因があるからです。

 では今度は、東洋医学に基づいてその原因を紐解いていきましょう。

 西洋医学ではエストロゲンに注目していますが、東洋医学では「どうして片頭痛を起こす女性と起こさない女性がいるのか?」という点に着目しています。

 言い換えると、「エストロゲンの影響を受ける女性と受けない女性の違いは何か?」という事です。

 それは、適応力の強さです。

 本来、女性の身体にはエストロゲンの変動に適応する力(機能)が備わっています。たとえエストロゲンの分泌量が急激に変化しても、身体はちゃんとついていけるように出来ています。

 例えば、自律神経という神経は、常に血管の状態を見守っています。拡張し過ぎていれば収縮し、収縮し過ぎていれば拡張するなど、血管の太さをコントロールしています。また、血圧調節ホルモンも血管の拡張・収縮を調整しています。

 この様に、みなさんの身体には血管を上手く調節する仕組みが何重にも備わっているのです。これらの仕組みが東洋医学で言う適応力(適応機能)です。

 でも適応力が低下してしまうと、血管の急な変化に対応できなくなり片頭痛を起こしてしまうのです(女性ホルモンの影響を受けて起こる更年期障害も同じ事が言えます)。

 では、どうして適応力が低下してしまうのか?

 その原因は冷えと捉えています。冷えは女性の身体に備わっている適応力を低下させてしまいます。

 当鍼灸院で行っている積聚治療には、「病の根本原因は冷えにある」という基本理念があります。

 生理に伴う片頭痛の根底にも冷えが潜んでいるのです。

まとめ

 その人の生活や仕事、生まれ持った体質、性格、生活習慣など、様々な要因が複雑に絡み合って冷えは生じます。

 冷えが生じると適応力は低下し、やがて、エストロゲンの変動に身体がついていけなくなり片頭痛は起こるのです。

 一晩寝れば治ってしまうような一時的な片頭痛は問題ありませんが、繰り返し起こる片頭痛は、冷えを解消することが根本的な解決に繋がると考えられます。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日