生理周期に伴って起こる片頭痛

生理周期に伴って起こる片頭痛

 片頭痛に悩んでいる女性は、その男性のおよそ2~3倍いると言われています。

 特に20~40歳代の女性に集中しています。この片頭痛の中には、生理周期に伴ったものがあります。生理がそろそろ始まるという頃になると片頭痛に悩まされ、生理が終わる頃に収まります。

 どうして片頭痛が生理に連動して起こるのか、その理由はまだはっきりとわかっていませんが、女性ホルモンが関係している可能性が高いと考えられています。

 中でも、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの関与が強く疑われています。

 エストロゲンは卵巣から出る女性ホルモンで、その分泌量は生理周期に伴って大きく変動します。

 生理の始まる数日前になると、エストロゲンの分泌量は急激に減少します。そして生理が始まると、今度は少しずつ増加します。

 この期間に片頭痛の起こる女性が多いことから、エストロゲンの関与が疑われています。

 もう少し詳しく見てみましょう。

 エストロゲンは、主に、妊娠に携わるホルモンですが、その他に、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の生成を進める働きがあることも知られています。

 つまり、エストロゲンの分泌量が多いと、セロトニンの量も多くなり、エストロゲンの量が少なくなると、セロトニンの量も減少します。

 実は、セロトニンには「血管を収縮して痛みを和らげる」という働きがあります。

 もうお気づきかと思いますが、エストロゲンが急激に少なくなる生理前は、セロトニンの量も減少するため、脳の血管が急に拡張してズキズキしたあの頭痛が起こりやすくなるというわけです。

 反対に、生理が始まるとエストロゲンの分泌量は徐々に増えてくるので、セロトニンの量も少しずつ増え、生理が終わる頃になると片頭痛は無くなくなるということです。

 エストロゲンの分泌量が安定する妊娠中は片頭痛が減り、出産後、生理が始まると再び片頭痛が起こりやすくなることからも、このホルモンが関係している可能性は高そうです。

 ただし、これだけで「女性の片頭痛」が説明つくわけではありません。生理があっても片頭痛にならない女性はたくさんいます。

 エストロゲンの変動は原因の1つであって、その他に、その人の生まれ持った体質や生活習慣など、様々な要因が複雑に絡み合って片頭痛は起こると思われます。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日