片頭痛はなぜ女性に多いのでしょうか

片頭痛はなぜ女性に多いのでしょうか

 片頭痛に悩まされる割合は、圧倒的に女性が多く、男性の4倍とも言われています。特に20~40歳代の女性に集中しています。なぜ女性に片頭痛が多いのでしょうか。

 生理前になると頭痛がするという女性は多く、最も考えられる要因は、女性ホルモンの1つ、エストロゲンといわれています。なぜなら、エストロゲンは、セロトニンの分泌に大きく影響をするからです。

 セロトニンは神経伝達物質(化学物質)の一種で、血管を収縮して興奮を抑える「鎮静作用」をもっています。生理前になると、エストロゲン(女性ホルモン)の量が急に下がり、これに伴って、セロトニンの量も急激に低下します。すると、血管の鎮静作用が弱くなり、脳の血管が必要以上に拡張して頭痛がおきると考えられています。

 まとめると、生理前にエストロゲンが減少→セロトニンも急激に減少→血管が過度に拡張→片頭痛がおきる、ということです。

 つまり、生理周期にともなってエストロゲン(女性ホルモン)の量が減るため、頭痛をおこしやすくなるわけです。

 また、妊娠すると頭痛は減り、出産すると再び片頭痛がおこりはじめます。これは、妊娠すると生理がなくなり、エストロゲンの量が安定するためと言われています。

 このように女性ホルモンが大きくかかわっているので、更年期障害や生理不順、月経困難症、ストレス過多などといった女性は、より片頭痛に悩まされやすくなるのです。

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日