ピロリ菌は悪い菌?良い菌?いったいどっち

ピロリ菌は悪い菌?良い菌?いったいどっち

 ピロリ菌は、胃潰瘍や胃がんとの因果関係が広く知られています。

 でも、近年、ピロリ菌を除去した人に逆流性食道炎が多発しているという報告があったり、逆にピロリ菌除去と逆流性食道炎との因果関係はみとめられないという見解があったり、ピロリ菌は人のからだにとって、良い菌なのか、それとも悪い菌なのか、混乱してしまいますね。

 これについて、最近、なるほどなと思える、わかりやすい文献(*1)があったので紹介します。からだの仕組みを知り、健康な毎日を送るヒントになれば幸いです。

ピロリ菌の歴史

 まず、ピロリ菌の歴史を少しだけお話します。

 ピロリ菌が初めて発見されたのは1979年。その後、オーストラリアのウォーレン博士とマーシャル博士の研究によって、胃潰瘍とピロリ菌の因果関係が明らかになり、2005年、2人にノーベル賞が授与されました。

 そして、現在、日本ではピロリ菌の除菌治療が保険診療として認められています。

わかってきたピロリ菌の作用

 では、文献(*1)を紹介します。

 日本では約半数の人が、ピロリ菌の保菌者です。多くは、子供の頃に感染し、50歳以上では70%の人がピロリ菌を持っています。

 でも、胃がんの発症は70代以降で多く、その率はわずか1%です。ピロリ菌は子供の頃に感染して、日本では約半数の人が、50歳以上では70%の人が保菌者です。

 学会などの見解をみても、欧米では“中学生以下の子供にはピロリ菌の除去は行うべきでない”と考えられていて、日本小児栄養消化器肝臓学会でも、“胃がんの予防目的で症状のない子供に検査や除菌を行うべきでない”と注意を促しています。

 一方、日本ヘリコバクター学会は、“全高校生を検査して、除菌することが望ましい”としています。

 ピロリ菌には、次のように、からだにとってよい作用があることもわかってきました。

  • ・ピロリ菌は、胃酸を中和する作用があり、逆流性食道炎や食道がんなどを抑える働きがある。
  • ・保菌者ではアレルギーが40%も低く、ピロリ菌は免疫系のバランスを調整している可能性が示唆される。

 これらの事から、一概に、ピロリ菌は除去した方がよい、除去しない方がよい、ということは言えません。

 「若い人は、ピロリ菌がアレルギーを抑制するというプラス面を考慮すると、胃に異常がなければ、腸内細菌のバランスを崩してまで除菌する必要性は低く、一方、成人は、胃潰瘍や萎縮性胃炎が胃がんのリスクを高めるので、症状のある人のみを除菌する」のがバランスのよい対応と考えらます。

 文献(*1)の内容は、ここまでです。

ピロリ菌は悪い菌?良い菌?

 ここからは、私見になりますが、以上のことからピロリ菌は「悪い菌」でもあり、「良い菌」でもあると言えます。

 前述のように、その人の胃の状態によって、ピロリ菌がプラスに作用をすることもあれば、マイナスに作用をすることもあります。

 ですから、ピロリ菌の除菌については、”除菌の必要性とその副作用について”、主治医からしっかりと話を聞いて、納得された上で決めるのがよいと思われます。

 普段、私たちにできることは、ピロリ菌が良い働きをしてくれるように、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事を心掛け、胃の健康に気をつけることです。

*この記事は、2019年1月現在の学説、学会の見解をもとに作成しました。科学の進歩に伴って、学説はかわることがあることをご留意ください。

参考文献
*1:健康科学研究所所長 井上正康:「健康長寿処方箋60」2019年 月刊東洋療法297

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |   »

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日