妊娠「安定期」の旅行は大丈夫?

妊娠「安定期」の旅行は大丈夫?

 「安定期」と聞くと、ついつい安全な時期のように思ってしまいますが、医学用語に「安定期」という言葉はないのをご存じですか。

安定期の旅行、油断は禁物

 一般に、妊娠15週までを妊娠初期、16週~27週を妊娠中期、28週以降を妊娠後期と呼んでいます。

 妊娠初期(15週まで)は、受精卵が着床して、胎盤が作られる大切な時期です。この時期は、受精卵が着床してもうまく成長できないなど、数人に1人の割合で流産を経験します(*1)。

 妊娠後期は、早産や妊娠高血圧症候群などの問題が起こる可能性がでてきます。

 妊娠中期は、初期や後期にくらべれば、トラブルの目立たない時期です。胎盤も完成して、初期流産の危険性が下がるので、「安定期」と呼ばれているのかもしれません。

 ですが、流産や早産のリスクが無いというわけではありません。

 初期流産に比べると少なくなりますが、流産全体の5~10%は、中期流産と言われています(*2)。

 早産は、全妊娠の約5%(年間およそ60,000件)で起こり、妊娠中期にあたる22週~28週未満の早産は、約0.2%(年間およそ2,500件)あるとされています(*3)。

 妊娠中期~後期に起こる、妊娠高血圧症候群のリスクは20人中1人の割合です(*3)。

 妊娠中期(安定期)だからと言って、旅行などに出かけて無理を重ねると、思わぬトラブルを招くこともあります。

 母子ともに順調であれば、1日中、安静にしている必要はありませんが、旅行したりせず、普通に日常を送ることが、安産に繋がります。

 もし、実家に帰るなど、遠出の予定があるときは、産婦人科の医師に相談しましょう。

 たとえ安定期でも、必要以上の安心感を持たないように気をつけましょう。

妊娠中のトラブル予防

 妊娠中のトラブルを心配しすぎる必要はありませんが、もし、ご自身と赤ちゃんのために、何かできることはないかと思っている方は、東洋医学の鍼灸という方法があるのを知っていますか。

 からだのツボに鍼やお灸を施しながら、体調を整えます。副作用もなく、逆子などは、鍼灸を薦める産婦人科の先生もいます。

 当鍼灸院では、鍼は「鍉鍼(ていしん)」と呼ばれる、妊婦さん用の刺さらない安全な鍼を使用しています。ツボにやさしく押し当てながら施術します。お灸も心地よい温感です。

 マタニティ鍼灸ケアを受けていると、骨盤内の血流がよくなり、赤ちゃんの健やかな発育が期待できます。お母さんの免疫力や治癒力も高まるので、妊娠中のトラブル予防にお薦めです。

 お腹の赤ちゃんのために何かしたいと思っている方は、鍼灸を試してみてはいかがでしょうか。

参考文献

*1 杉俊隆著 不育症学級 金原出版

*2 藤井和行監修 流産 東京図書

*3 病気がみえるvol10産科 メディックメディア

関連するページ


お気軽にお問い合わせください



«   |