夜尿症(おねしょ)

夜尿症(おねしょ)

 ここでは、当院で行っている夜尿症鍼灸治療についてお話します。

このページの目次
  1. 夜尿症とは
  2. 夜尿症の鍼灸治療

夜尿症とは

 子供の排尿機能は、4歳以上になるとほぼ完成します。でも、この年齢になっても「おねしょ」が続く状態を、夜尿症と言います。

 夜尿症には、すぐになくなるものから難治性のものまであります。おねしょの回数が週に1~2回程度でしたら軽症ですが、毎晩あるようですと重症です。

 軽症の場合は、数回の治療で自然になくなっていきます。でも、重症の場合は難治性のことが多いです。週に1回、2~3ヶ月治療を続けるとおねしょの回数は減ってきますが、中には、全くなくなるまでに半年以上かかる子もいます。

 治療経過には個人差がありますが、一般に、だんだんとおねしょの回数が減ってきて、尿量も減少してきます。おねしょのない日が増えてくると、排尿機能が整う日は近いです。

夜尿症の鍼灸治療

 小さなお子さんの施術には、小児鍼(しょうにしん)という子供用の鍼を使用します(下図)。先が丸く滑らかで、肌に刺さらない鍼です。鍉鍼(ていしん)とも呼ばれています。小児鍼の画像

 夜尿症が悪化する要因には、精神的ストレスと冷えがあります。小児鍼で、お腹や背中を優しくトントンして緊張をほぐしてあげると、気血のめぐりがよくなり排尿機能が整ってきます。

 冷えが要因の夜尿症には、お灸が効果的です。棒灸という、お線香を太くしたような棒状のお灸を、肌にかざして温めます。からだの芯からじんわりと温まる、とても心地よいお灸です。その場で気持ちよさそうに寝てしまう子もいます。もちろん熱く感じることはなく、お灸の痕も残らないので安心してください。

 夜尿症で一番悩んでいるのはお子さん自身です。起きている時のことなら自分の努力で改善できますが、寝ている間のことはどうにもなりません。鍼灸治療を施すことで排尿機能がしっかり働きはじめ、おねしょは徐々に減っていきます。お母さんは優しく見守ってあげてください。

 夜尿症でお困り時は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

料金のご案内

お気軽にお問い合わせください

関連するページ