クローン病

クローン病

 近年、患者数が増加傾向にあるクローン病。現代医学では原因不明とされ、指定難病とされている病気の1つです。

 ここでは、当院で行っている鍼灸治療について紹介します。

クローン病とは

 クローン病とは、慢性炎症腸疾患の1つとされ、慢性的に腸で炎症が起きる病気です。よく似た病気に潰瘍性大腸炎があります。

 クローン病は、比較的、若い成人男性に多くみられ、腹痛、発熱、体重減少、下痢、血便などの症状があり、主に回腸から大腸にかけて炎症が起こります。レントゲンをとると、敷石像と呼ばれる特徴がみられます。進行性で、痔ろうをつくることもあります。

 口内炎やブドウ膜炎、結節性紅斑、強直性髄膜炎など、消化器以外の炎症もしばしばみとめられます。

 残念ながら、炎症が起きる原因はまだわかっていませんが、最近、遺伝子異常が報告されて、環境要因と遺伝的要因の両方が関与している可能性が推察されています。

クローン病の鍼灸治療

 ここでは、東洋医学でみるクローン病の病態と、当院で行っている鍼灸治療についてお話します。

東洋医学でみるクローン病の病態

 クローン病は、腸を中心に慢性的に炎症が起きている病気ですが、実は、炎症とは、からだに侵入してきた細菌などの異物をやっつけたり、傷ついたところを修復する、からだの「治癒反応」です。

 炎症と聞くと、悪いイメージを持つかもしれませんが、全くの逆で、生理学では、免疫機能がはたらいて、悪いところを治そうとしている状態を「炎症」と呼んでいます。

 炎症は、まさに、東洋医学でいう「自己治癒力」の一つです。

 自己治癒力とは、病気からからだを守ったり、たとえ、病気にかかったとしても、そこから回復する力(機能)のことです。

 でも、クローン病のように、慢性的に炎症が続いているということは、その人のからだは、一生懸命に悪いところを治そうとしているのに、なかなか治せない状況が続いている、ということです。

 つまり、クローン病は、「その人の自己治癒力が低下している状態」と東洋医学ではみています。

当院で行っているクローン病の鍼灸治療

 なぜ、自己治癒力が弱まってしまうのでしょうか?

 当院で行っている積聚治療(しゃくじゅちりょう)には、「病の原因は冷えに帰着する」という基本理念があります。東洋医学には「冷えは万病のもと」という言葉もあります。

 からだに冷えが生じると、自己治癒力が低下し、その結果、病気を患います。

 ただし、ここで言う「冷え」とは、単に冷たいということだけではなく、もっと大きな意味を持っています。一言でいうと「精気の低下」です。

 クローン病も、「からだに冷えが生じた(精気が低下した)結果、自己治癒力が弱まり、炎症がなかなか治まらなくなった」と考えています。つまり、クローン病の根本原因は、冷え(精気の低下)にあるわけです。

 鍼とお灸で優しくツボを刺激して、からだの隅々まで気血をめぐらせます。冷えが解消され、だんだんと、自己治癒力が戻ってきます。

 自己治癒力が高まれば病変は回復し、炎症は自然に終結します。

 「自己治癒力を高めて、自らの力で病気を治す」、これこそが鍼灸治療の真髄です。

 クローン病でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

参考文献:臨床医学各論 医歯薬出版株式会社

関連するページ


お気軽にお問い合わせください

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日