頭痛

頭痛

 頭痛の中には早く対処しないと危険なものと、命にはかかわらないけれども不快な痛みに悩まされるものがあります。

 ここでは後者の頭痛を対象に、その対処方法と当鍼灸院で行っている施術についてお話します。

頭痛の種類

 頭痛と言っても、その種類はさまざまです。「すぐに治るだろう」と思っていても、脳梗塞やくも膜下出血のようにほっとくと危険な場合もあります。

 痛みがひどいときは我慢せず、病院でみてもらいましょう。

 一方、片頭痛緊張型頭痛群発頭痛のように、命にはかかわらないけれども、酷くなると日常生活に支障が出るものもあります。

片頭痛

 片頭痛は、それまで何でもなかったのに、突然ズキズキした頭痛に襲われます。数時間~数日続くことがあります。

 音や光に敏感になったり、吐き気や嘔吐を繰り返したり、イライラなどを伴うこともあります。

 片頭痛の起こる前兆として、目がチカチカする閃輝暗点(せんきあんてん)を訴える人もいます。

 片頭痛は、心理的ストレスから解放された後に発症しやすい傾向があります。

 これには、セロトニンという物質が深く関わっています。

 セロトニンとは神経伝達物質(化学物質)の一種で、脳や血管の中に存在していて、血管を収縮させて興奮をおさえる働きがあります。

 脳がストレスを感じ始めると、興奮を抑えようとしてセロトニンが血液中に沢山放出されます。ストレスを感じている間はセロトニンが放出され続けて、血管は収縮しています。

 しかし、ストレスから解放されるとセロトニンは減少し、血管は拡張します。

 この時、過剰に拡張すると「ズキンズキン」とした痛みが起こります。

 これが、ストレスから解放された時に起こる片頭痛です。

 また、三叉神経という神経が関わっている片頭痛もあります。

 三叉神経は、脳神経の中で最も大きな神経で、顔周辺の感覚を支配しています。

 三叉神経が何らかの刺激を受けると、神経の先から血管を拡張させる神経伝達物質が分泌されます。

 すると、血管が拡張して炎症がおこり、その炎症部分が三叉神経を刺激して片頭痛が起こります。

 片頭痛の中には、エストロゲンという女性ホルモンが関与しているものもあります。

 これは、20歳代~40歳代の女性に集中していて、生理がそろそろ始まるという頃になると起こり、生理が終わる頃になると収まります。

 エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、生理周期に伴って分泌量が大きく変動します。

 生理が始まる数日前になると、エストロゲンの分泌量は急激に減少します。そして生理が始まると、今度は少しずつ増加します。

 この期間に片頭痛に悩まされる女性が多いことから、エストロゲンの関与が疑われています。

 もう少し詳しくお話します。

 エストロゲンは、主に、妊娠に携わるホルモンですが、その他に、セロトニン(脳内の神経伝達物質)の生成を進める働きもあります。

 前述のように、セロトニンには「血管を収縮して痛みを和らげる」という働きがあります。

 エストロゲンの分泌量が多いとセロトニンの量も多くなり、エストロゲンの量が少ないとセロトニンの量も減少します。

 ですから、エストロゲンが急激に少なくなる生理前は、セロトニンの量も減少するため、脳の血管が急に拡張してズキズキした頭痛が起こりやすくなるわけです。

 反対に、生理が始まるとエストロゲンは増えてくるので、セロトニンの量も徐々に増加し、生理が終わる頃になると片頭痛は無くなります。

 エストロゲンの分泌量が安定する妊娠中は片頭痛が減り、出産後生理が始まると再び片頭痛が起こりやすくなることからも、このホルモンが関係している可能性は高いと言えます。

 以上のように片頭痛には色々な要因がありますが、いずれにしても、血管の過剰な拡張によって引き起こされます。

緊張型頭痛

 緊張型頭痛は頭痛の中で最も多く、70~80%を占めています。精神的ストレスなどの心理的な要因が関与しています。

 ストレスで肩や首の筋肉が過緊張することで血管が過剰に収縮し、頭皮の血流が悪くなり頭痛が起こります。

 主に後頭部両側から項部にかけて起こり、側頭部や前頭部に起こることもあります。

 鈍痛のことが多く、頭を締め付けられるような頭重感や、帽子をかぶったような被帽感を訴えます。

 発症は徐々に起こり、比較的長く続いて慢性化することもあります。

 痛みは朝に軽く夕方に強くなるなど、一日の中で変動があります。また、天候によっても左右されやすい頭痛です。

 その他に、疲れ目なども伴います。

群発頭痛

 群発頭痛は、夜間睡眠中に突然起こる頭痛です。

 入眠して2~3時間後、片側の眼の奥でえぐられるような激しい痛みが反復して起こります。

 痛みは20分~90分でおさまります。このような発作が年に1、2回の頻度で起こります。

 頭痛発作の間に、顔面が赤くなったり、涙や鼻水が出たり、結膜の充血を伴ったりします。

 群発頭痛は20~30歳代の青年・壮年男性に多く、男女比は5:1です。

 ストレスやアルコールで誘発されやすい頭痛です。

頭痛の対処方法

 前章でお話した様々な頭痛は、ストレス心理的な葛藤がきっかけになるので、なによりも日々のストレスを溜め込まないことが大切です。

 規則正しい生活を送り、夜更かしをしない、疲れをためない、リラックスする時間を作る、軽い運動で気分転換するのもよいでしょう。

 食事にも気を付けましょう。刺激物は避け、栄養バランスのとれた食事を心がけてください。

 冷たい食べ物は控え、温かい物を積極的に摂りましょう。

 特に気をつけたい食べ物を挙げると、赤ワイン、チョコレート、チーズです。

 これらには血管を拡張する”チラミン”という物質が含まれているので、片頭痛を誘発する可能性があります。摂りすぎないように注意してください。

 一方、”マグネシウム”をたくさん含む緑黄色野菜などは、頭痛を予防する食べ物です。積極的に摂取しましょう。

 病院に行くと、危険な頭痛ではないか検査してくれます。命にかかわる頭痛ではないと分かれば、症状に合った薬を処方してくれます。

 また、東洋医学の鍼灸漢方薬という方法もあります。

 植物などから作られている漢方薬は、副作用の心配が少なく、緩やかに作用します。ただし、からだに合わないものを服用すると、思わぬ副作用が起こることがあります。必ず漢方医に処方してもらいましょう。

 鍼灸は、からだのツボに鍼やお灸を施すことで頭痛を緩和します。からだに優しく作用するので副作用の心配はありません。国家資格を持つ鍼灸院で施術を受けることができます。

 自分で手軽にできる方法としてはツボ押し(指圧)があります。人によってはツボ押しだけで頭痛が軽くなることもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

頭痛におすすめのツボ

 百会(ひゃくえ)は、頭痛のツボとしてよく使います。

 両耳からまっすぐ上がった線と、眉間の中央から上がった線が交差するところに「百会(ひゃくえ)」はあります(下図)。百会(ひゃくえ)の位置の図

 頭のてっぺんから、真下に抜けるように指圧します。強く押しすぎないように気をつけて下さい。

頭痛の施術

 第1章でお話したように、みなさんが悩まされている頭痛は、血管の過剰な拡張や収縮によって引き起こされています。

 普段、血管の収縮と拡張は、交感神経と副交感神経と呼ばれる2つの自律神経が調節しています。

 血管が拡張し過ぎた時は交感神経が働いて血管を収縮し、逆に、収縮し過ぎた時は副交感神経が働いて拡張します。

 このように2つの自律神経(交感神経と副交感神経)がうまくバランスをとりながら、24時間休むことなく血管の太さを調節しています。

 自律神経が正常に働いていれば、セロトニン(神経伝達物質)の分泌量が増減したり、多少ストレスがかかったりしても、血管は程よい太さに調節されて頭痛は起こらないわけです。

 ところが、「よく頭痛を繰り返す」という人がいます。これは、自律神経を整える施術を受けていないためと考えられます。

 一時的に良くなったとしても、自律神経のバランスが乱れたままでは頭痛は繰り返し起こります。

 頭痛体質から脱却するには、自律神経をしっかりと整えることが大切です。

 当鍼灸院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)では、自律神経が乱れる原因は「精気の虚」にあると捉えています。

 精気とは東洋医学で用いる言葉で、みなさんが生まれながらに持っている生命力みたいなものです。つまり、「精気の虚」とは「生命力の消耗」のことを意味しています(ちなみに積聚治療では、「精気の虚」のことを「冷え」と表現しています)。

 生命力は生体のエネルギー源です。

 エネルギーが不足すると、からだに備わっている機能は正常に働かなくなり、その結果、病気になります。

 身近な例にインフルエンザなどの感染症があります。私たちの周りはウイルスや細菌などの外敵でいっぱいですが、普段は、からだに備わっている免疫機能が働いて、体内に侵入してきた外敵を撃退しています。

 ところが、インフルエンザに罹ってしまうことがあります。

 それは、残業や夜更かしなどが続いたときです。心身に無理を強いる生活は、生命力(エネルギー)を必要以上に消耗します。

 生命力を消耗した結果、免疫機能が低下してインフルエンザに罹ってしまうわけです。

 頭痛も同様です。

 どんなにストレスに強い人でも、限度はあります。過度なストレスに長期間さらされれば、それに抵抗するために生命力を余計に消耗することになります。

 生命力の消耗が自律神経機能に影響すると、血管の調節が上手くいかなくなり頭痛を招くことになるわけです。

 ただでさえ自律神経はとてもデリケートな神経で、ストレスの影響を受けやすい特性があります。ですから、過度なストレスによる生命力の低下は、頭痛を引き起こす原因になりやすいのです。

 はなもも鍼灸院では、頭痛の根本原因を生命力の消耗と捉え、生命力を回復する施術を行っています。治療の様子

 鍼とお灸でからだの隅々に気血をめぐらせて、生命力を高めていきます。

 本来の生命力が戻れば自律神経は正常に働き、頭痛体質から自然に解放されます。

 慢性的な頭痛でお悩みの方は、ぜひ一度、当鍼灸院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日