50肩(40肩)

50肩(40肩)

 いわゆる50肩とか40肩といわれるものは、肩関節周囲炎の俗名です。50代を中心に、40代後半~60代前半の人に多く見られることからこう呼ばれています。男女差はなく、50代にもっとも多く、ついで60代、40代と続きます。

50肩の症状

 肩関節周りの痛みと関節拘縮(こうしゅく)が主な症状です。初めは肩を動かすと何となく痛い程度だったのに、日に日に痛みが強くなり、動かせる範囲が狭まくなってきます。これを関節拘縮といいます。

 症状が進むと、服を着る動作や、洗濯物を干す動作などでも、強い痛みを感じるようになります。電車のつり輪につかまれなかったり、就寝中、寝返りをすると痛みで目覚めたりと、日常生活に支障があらわれます。

 疼痛は寒さで憎悪し、夜間に強くなる傾向があります。痛みは肩周囲だけではなく、腕や肘まで広がることがあります。特に、手を頭の後ろにもってくる「髪を結ぶ」動作や、手を背中にもってくる「帯を結ぶ」動作で顕著です。

 50肩で肩が赤く腫れたり、熱を持つということは稀です。もしそのような症状が見られ疼痛が激しい場合は、石灰沈着性腱板炎の可能性があります。

 また、50肩は比較的早い段階で拘縮が現れます。拘縮がない場合は、腱板断裂や上腕二頭筋長頭腱障害を疑います。疼痛があまりにも激しい場合は、他の疾患の可能性があります。一度病院で診てもらいましょう。

50肩の原因と経過

 西洋医学では、はっきりとした原因は不明とされていますが、退行変性(加齢による老化)と慢性炎症が、肩関節周りの組織(筋肉や関節包、腱板など)の広い範囲に及び、肩は動かなくなるとされています。

 一般に、50肩は「緊張期→拘縮期→回復期」という経過をたどります。不思議なことに何もしなくても、1~2年で自然に回復しますが、長期間に渡って日常生活に支障がでます。

50肩の対処方法

 自然に回復するとはいうものの、長い間、疼痛に耐えるのは辛いことだと思います。

 自宅でできる対処方法としては、軽い関節運動を毎日行います。無理をすると逆に傷めることになるので、痛みが増強しない範囲で行いましょう。

 また、冷えると痛みが強くなるので、肩は冷やさないように気をつけましょう。ホカロンなどで温めるのも良いでしょう。

 病院では、西洋医学に基づく消炎鎮痛剤や湿布薬による薬物療法や、マッサージなどによる理学療法があります。

 また、東洋医学の鍼灸という方法もあります。からだのツボに優しく鍼とお灸を施していきます。副作用はほとんどありません。

 当鍼灸院では、自己治癒力(自然治癒力)に着目した施術を行っています。

 辛い痛みでお困りの方は、一人で我慢せず、気軽にご相談ください。

料金のご案内

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日