首・肩こり

首・肩こり

 首から肩にかけてのコリや張り、重み、痛みが慢性化して、辛い思いをしている方もいるのではないでしょうか。中には、頭痛を伴っている人もいると思います。

 ここでは、当鍼灸院で行っている、慢性的なコリの鍼灸治療についてお話します。

首・肩こりの対処方法

 西洋医学では、首から肩にかけて広がる僧帽筋を中心に、筋肉の緊張、うっ血や浮腫みによって首・肩こりはおこると考えられています。

 一般に、首・肩こりは、過労やストレスが誘因になることが多いですが、中には、ヘルニアや心臓病、消化器疾患などの病気が隠れていることもあります。症状があまりにも辛いときには、我慢せず病院で診てもらいましょう。

 首・肩こりの対処方法には、湿布薬や消炎鎮痛剤による薬物療法や、マッサージやストレッチなどによる理学療法があります。

 この他に、東洋医学の鍼灸という方法もあります。からだのツボに鍼やお灸を優しく施します。副作用の心配もなく、からだに緩やかに作用します。

 最近は、ドラッグストアなどで家庭用のお灸を購入することができます。肩には、「肩井(けんせい)」という、肩こりの施術によく用いられるツボがあります。首の後ろの根もとと肩先の中間のところにツボはあります。指圧しても気持ちいいですが、強く押しすぎないように気をつけてください。人によってはこれだけでも軽くなることがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

慢性的な首・肩こりの鍼灸治療

 だれでも日々の生活の中で、首や肩が疲れて凝ることはありますが、いつの間にか回復しています。これは、からだに備わっている機能がしっかりと働いているからです。

 東洋医学では、この機能のことを自己治癒力(自然治癒力)と呼んでいます。

 例えば、免疫力や細胞の再生力などがこれにあたります。免疫力は、ウイルスなどから体を守ったり、病気から快復する機能で、自己治癒力の代表と言えます。

 細胞の再生力は、傷ついた細胞や古くなった細胞が、新しい細胞に生まれ変わる機能です。もちろん首や肩の筋肉も細胞の集りです。昼間、負担のかかった細胞が、夜、寝ている間に新しく再生されることで、一日の疲れは癒されています。

 普段、何かのきっかけで首や肩が凝ったとしても、通常は一晩寝れば、自然に回復するものです。

 ところが、何らかの理由で自己治癒力が低下してくると、修復が追いつかなくなり、コリはだんだんと溜まってきます。この状態が長く続くと、やがて慢性化してしまいます。酷くなると痛みを伴います。

 はなもも鍼灸治療院では、この自己治癒力を中心とした施術を行っています。

 慢性化したコリには、精気を補うことが大切と考え、全身に施術を施します。

 しつこい首・肩こりでお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

 本来の自己治癒力が戻れば、からだはきっと変わると考えています。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日