潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

 潰瘍性大腸炎は、指定難病に定められている疾患で、原因は不明とされています。

 ここでは、当鍼灸院で行っている施術について紹介します。

潰瘍性大腸炎とは

 潰瘍性大腸炎は、腸で慢性的に炎症が起きる病気です。よく似た病気にクローン病があります。

 潰瘍性大腸炎は、主に大腸で炎症が起こり、レントゲンをとると、鉛管像という特徴がみられます。比較的、10代~30代の若年者に多く、最近、増加傾向にあると言われています。

 粘血便、血便、発熱、体重減少などの症状や、しぶり便(テネムス)と言って、繰り返し腹痛を伴う便意に悩まされます。

 また、アフター性口内炎や結節性紅斑、ブドウ膜炎など、腸以外でも炎症があらわれることがあります。

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜や粘膜下層を侵し、大腸がんの危険因子とされています。

 原因には、細菌の侵入や自己免疫疾などが疑われていますが、まだ明らかにされていません。

潰瘍性大腸炎の鍼灸治療

 潰瘍性大腸炎は、腸を中心に、慢性的に炎症が起きる慢性炎症腸疾患です。クローン病と同一の病態なので、施術も同じ方針で行っています。

 詳しくは、こちらを参照してください。

詳しいページ

クローン病の鍼灸治療

関連するページ


お気軽にお問い合わせください

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日