更年期障害

更年期障害

 更年期障害は、程度に差はあるものの約70%の女性が悩まされています。更年期は誰でも通る道ですが、できることなら穏やかに通過したいですね。

更年期障害とは

 更年期になるとあらわれる「からだ」と「こころ」の変調を更年期障害と呼んでいます。

 女性は、30歳代後半からエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が徐々に減ってきます。

 そして、更年期(45歳~55歳くらい)になると、体内のホルモンバランスがそれまでと大きく変わり、その影響で自律神経が乱れてからだのあちらこちらに変調があらわれることがあります。

 また、更年期は、子供の進学や結婚、親の介護など、家族の問題や転機があれこれともち上がる時期です。ホルモンのアンバランスにこうした問題が重なり、不安感やイライラを感じることも少なくありません。

 更年期に起こるこうした心身の変調は様々あり、こんなものまで更年期障害?と言いたくなるものまであります。以下に代表的なものを挙げます。

【からだの不調】

  • ・ホットフラッシュ(急なのぼせや発汗)
  • ・下半身が冷える
  • ・動悸がする
  • ・めまいがする
  • ・胸が締めつけられる
  • ・喉に何か詰まった感じがする
  • ・頭が痛い
  • ・耳鳴りがする
  • ・肩がこる、腰が痛い
  • ・疲労感、倦怠感
  • ・閃輝暗点(せんきあんてん)など

【こころの不調】

  • ・イライラする
  • ・不安になる
  • ・憂鬱な気分になる
  • ・気持ちが落ち込む
  • ・眠れないなど

 更年期障害は個人差が大きいものですが、場合によっては日常生活に支障が出るほど酷くなることもあるので、我慢して悪化させないように気をつけてください。

更年期障害の施術

 当鍼灸院では、更年期障害の施術を行う上で大切にしているポイントが2つあります。

 1つ目は、自律神経を整えて健康なからだに戻っていただくこと、2つ目は、ホルモンバランスの変化に左右されない強いからだになっていただくことです。

 前述のように、更年期障害で起こる心身の変調は、自律神経の乱れから生じることがわかっています。

 そこでまずは、からだのツボに優しく鍼とお灸を施して、自律神経を整える施術を行います。これにより、自律神経の乱れから起きている心身の変調を鎮めていきます。

 また、更年期障害はホルモンバランスの変化が影響している、とする見方があります。

 でも、問題なのは、どうしてホルモンバランが変わると更年期障害になるのか、ということです。

 更年期になれば、誰でもエストロゲンの分泌量が減少して体内のホルモンバランスは変わります。

 しかし、全員が更年期障害になるわけではありません。何事もなく更年期を過ごしている女性もいます。

 この事実から考えられることは、ホルモンバランスの変化は二次的な原因であって、真の原因は他にあるのかもしれない、ということです。

 私は、「からだ全体の力が落ちた結果、ホルモンバランスの変化に耐えられなくなった」と見ています。

 本来、女性のからだには、更年期になるとやってくるホルモンバランスの変化に対応する力が備わっていると考えています。対応力がしっかり働いていれば、更年期は何もなく過ぎ去っていきます。

 でも、この年代の女性には、次々と問題が降り注ぎます。私生活の問題や仕事上のトラブルなどで、肉体的にも精神的にも大きなストレスを抱えている人は少なくありません。ストレスは余計なエネルギーを消耗します。

 年齢的に体力が落ちてくるこの時期に余計なエネルギーを消耗していると、からだに冷えが生じて対応力が低下し、その結果、ホルモンバランスの変化に耐えられなくなると考えています。

 そこで当鍼灸院では、低下したエネルギー、つまり、東洋医学で言う「精気(せいき)」を補う施術を行っています。

 これにより、からだ全体の力を高めて対応力を回復し、ホルモンバランスの変化に左右されない強いからだになっていただきます。

 本来の対応力が戻れば、再発の心配も減ると考えています。

 はなもも鍼灸治療院では「自律神経を整える鍼灸」と「からだ全体の力を高める鍼灸」、この2つをベースにして更年期障害の施術に取り組んでいます。

 更年期障害にお悩みの方、よくなったと思っていたのに再発してしまった方、ぜひ一度、当鍼灸院の施術をお試しください。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日