更年期障害

更年期障害

 更年期は、個人差はありますが、一般的には46歳~55歳くらい、閉経をはさんだ約10年くらいです。この時期は女性ホルモンのバランスが変わります。そのため、からだのあちこちに不調があらわれることがあります。更年期を迎えた女性の約70%は、何らかの悩みを抱えていると言われています。

 ここでは、更年期を上手に乗り切るポイントと鍼灸治療についてお話します。

更年期障害にみられる不調

 更年期にあらわれる不調は実にさまざまで、「こんなものまで更年期障害?」といいたくなるものもあります。

【からだの不調】

  • ・ホットフラッシュ(急なのぼせや発汗)
  • ・下半身の冷え
  • ・動悸
  • ・めまい
  • ・胸の締めつけ感
  • ・頭痛
  • ・耳鳴り
  • ・肩こり、腰痛
  • ・疲労感
  • ・閃輝暗点(せんきあんてん)など

【こころの不調】

  • ・イライラする
  • ・不安になる
  • ・憂鬱な気分になる
  • ・眠れないなど

 更年期は、家事や仕事、子供の進学や結婚、親の介護など、家族の問題や転機があれこれともち上がる時期です。ホルモンのアンバランスに、こうした不安や悩みなどのストレスが加わり、それが精神面にあらわれることも多いようです。

 更年期障害は、からだがホルモンバランスの変化になじめば治ってしまうと言われています。けれども、あまりにひどい場合は別の病気が隠れていることもあるので、がまんせずに、一度、病院でみてもらいましょう。

更年期を上手に乗りきるポイント

 人のからだは、ホルモンバランスがくずれると、からだのあちこちに支障がでてくることがあります。

 ただ、更年期障害は、個人差が大きく、辛くて大変だったという人もいれば、まったく感じなかったという人もいます。マイナス思考になって悪化させないように、上手に気分転換をはかりましょう。

 「自分のからだのことを理解して、無理をしない」、「ものごとをポジティブに考える」、「小さなことは気にしない」、「生活にリズムをつける」、「食事に気を配る」、「適度な運動をこころがける」などといったことで、軽くなることもあります。

 更年期を上手にすごすコツは、前向きな姿勢で乗りきることです。

 それでも不快感に悩まされる人は少なくありません。そんな時、東洋医学の鍼灸といった対処方法もあります。

 からだのツボに鍼やお灸を施すことで、更年期の不調に対処します。副作用はほとんどなく、からだに優しく作用します。ドラックストアなどでも家庭用のお灸が売っています。場合によっては、お灸だけでも軽くなることがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

更年期障害のツボ

 更年期障害に特におすすめのツボは、「三陰交(さんいんこう)」です。女性のツボとして昔からとても有名で、月経痛などにも用いられます。

詳しいページ

月経痛のツボ

更年期障害の鍼灸

 更年期障害は、「ホルモンバランスの変化に、からだが馴染めない、つまり、適応できていない状態」です。妊娠するとおきる「つわり」と同じ理由です。なので、更年期に、不調が出る人もいれば、まったく平気な人もいるわけです。つわりもある人とない人がいますね。

 いずれにしても、ホルモンの変化にからだが適応できれていれば何もおきないし、できなければ何らかの不調があらわれます。

 この年代の女性は、親の介護や家事など、私生活のことや仕事のことなどで、とにかく肉体的にも精神的にも負担のかかる時期です。

 負担がかかり過ぎれば、からだは疲れてだんだんと対応できなくなってきます。

 そして、ホルモンバランスの変化にからだが適応できなくなると、様々な不調があらわれます。

 はなもも鍼灸治療院では、この点に着目して、「適応力を高める」という施術を行っています。自分自身の力で解決できるからだになることが目標です。

 適応力は、精気(せいき)を補い冷えをとることで高めていきます。

 ホルモンバランスの変化を受け止められるからだになって、更年期を乗り越えましょう。

 はなもも鍼灸治療院では、女性に多くみられる心身の不調(頭痛、肩こり、冷え性、便秘、不眠など)の施術も行っています。気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日