PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)

 PMSとは“Premenstrual Syndrome”という英語の略称です。月経(生理)の3~10日前から、精神的あるいは身体的な不調に悩まされる場合を月経前症候群(PMS)と言います。40歳~更年期に多くみられます。排卵性月経で起こり、無排卵性月経では起こりません。

月経前症候群の症状

【こころの不調】

  • ・イライラする
  • ・怒りっぽくなる
  • ・不安になる
  • ・悲しくなる
  • ・憂鬱な気分になるなど

【からだの不調】

  • ・顔や手足のむくみ
  • ・乳房のはり
  • ・頭痛
  • ・腹部膨満感など

 PMSは、程度に個人差があり、人によってまちまちです。中でも、精神的な不調と乳房の痛みはよく聞きます。

 月経を迎えると自然と収まってきますが、あまりに辛い場合は何か病気が潜んでいるかもしれないので、一度は、病院でみてもらうことをお勧めします。

現代医学的な原因と治療法

原因

 原因はまだ不明ですが、月経にともない女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスが変化することによって、心と体に不調があらわれると考えられています。他にも、脳内ホルモンの問題、精神的葛藤、カルシウムの低下などがありますが、いずれもまだはっきりしたことはわかっていません。

治療法

 体調や生活への影響を考慮して、どの方法を用いるか検討されます。

症状に合わせた対症療法

 ・頭痛などの痛みには鎮痛剤や漢方

 ・浮腫みには利尿剤

 ・精神面の訴えには、抗うつ剤など

低用量経口避妊薬

 比較的リスクの少ない低用量経口避妊薬(エストロゲンとプロゲステロンの合剤)を使って、排卵を抑制する方法です。

対処方法

上手に気分転換

 軽い不快感なら、もうすぐ月経がはじまるサインと受けとめられますが、ひどい場合には憂鬱になることもあります。毎月のことなのでストレスになって悪化させないように、上手に気分転換をはかりましょう。軽い運動、入浴、趣味などで、心身をリラックスさせるのもいい方法です。

リズミカルな生活

 生活習慣も見直してみましょう。規則正しい生活を心がけて、毎日の生活にリズムをつける、十分な睡眠と休養をとる、1日3食バランスのよい食事をとる、などといったことで、軽くなることもあります。

塩分・水分の制限

 浮腫みが酷い場合は、塩分や水分を摂り過ぎないように、適量の摂取を心がけましょう。

手軽にできるお灸

 お灸は自分でもできる簡単な対処方法です。ドラックストアなどで家庭用のお灸を購入できます。

 副作用はほとんどなく、からだに優しく作用します。軽度であれば、自分で対処できる場合もあります。

月経前症候群のツボ

 月経痛の施術に用いる「三陰交(さんいんこう)」や「照海(しょうかい)」は、月経前症候群にもおすすめのツボです。特に三陰交は、「女性のツボ」と呼ばれるほどです。

詳しいページ

月経痛のツボ

東洋医学的な原因と鍼灸治療

 月経にともなうホルモンバランスの変化は、誰にでもおこることですが、PMSは、なる人とならない人がいます。当鍼灸院では、ここに着目して原因を導きだし、施術を行っています。

東洋医学的原因

 本来、女性のからだには、ホルモンバランスの変化に、ちゃんと適応できる仕組みが備わっています。もし、これがなければ、月経や妊娠・出産のたびにおきるホルモンバランスの変化に、からだがついていけなくなり、女性全員が辛い思いをすることになってしまいます。

 でも、実際はそうではありません。月経前や妊娠した時に、まったく平気な人は沢山います。この人達には、適応力があるからです。

 逆に、適応力が低い人は、女性ホルモンのバランスが変化する時期に、心身に何らかの影響があらわれるわけです。

施術方針

 PMSも更年期障害や妊娠初期のつわりなどと同様に、適応力を上げる施術を行っています。詳しい施術内容については、以下のページも参照してください。

詳しいページ

 PMSを根本的に解決するには、ホルモンの変化に対処できるからだになることが大切です。

  

 月経前症候群は個人差がありますが、本来の仕組みが働けば、からだ全体のコンディションは整ってきます。

 鍼灸が、心身の不調に悩まされている方々のお役に少しでも立てればと思っております。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日