子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症

 子宮筋腫は、女性疾患の中で特に多く、厚生労働省の調査によれば40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれています。また、子宮内膜症子宮腺筋症は30代にもっとも多く、不妊の原因になることもあります。

 この3つの疾患は、それぞれ合併してあらわれることがあります。はじめは子宮筋腫だけだったのが子宮内膜症にもなってしまった、というようなケースも珍しくありません。

現代医学的にみた子宮筋腫

 子宮はやわらかな筋肉(平滑筋)の層からできています。子宮筋腫は、子宮を形成している平滑筋の細胞が増殖した、筋肉のコブのような良性の腫瘍で、それ自体が生命を脅かすものではありません。

 その大きさや数はまちまちで、米粒大の小さなものから、放置すると10㎏を超える大きさになるものもあったり、1個しかできないものもあれば10個以上もできてしまったりと、様々です。

 子宮筋腫は、30代~50代の女性に多くみられ、小さいものも含めると、30歳以上の女性の約20%に子宮筋腫があると言われている、もっともポピュラーな女性疾患の一つです。特に30代では、妊娠したときに筋腫が見つかったり、不妊症検査を受けて発見されることもあります。

 子宮がこぶし大以上になると、おなかの上からさわっただけで、自分でもしこりのあるのがわかるようになります。でも、皮下脂肪だと思い込み、見過ごしてしまうこともあります。

筋腫の種類

 筋腫が発生する場所によって3つのタイプに分類されます。

筋層内筋腫

 子宮の筋層内にでき、表面や子宮内腔に向かって発育していきます。筋腫の中でもっとも多いタイプです。

漿膜(しょうまく)下筋腫

 子宮の表面近くにできて、外に向かって大きくなるタイプです。

粘膜下筋腫

 子宮内膜の粘膜面にできて、子宮内腔に向かって大きくなります。下方に向かって大きくなると、子宮から膣内、さらには外陰部まで脱出することがあり、これを筋腫分娩といいます。

 3つのタイプの中で、粘膜下筋腫と筋層内筋腫は、妊娠の妨げになやすく、特に粘膜下筋腫は、小さくても受精卵の着床の邪魔になることがあります。

筋腫の症状

  • ・貧血
  • ・月経過多
  • ・不正出血
  • ・激しい月経痛
  • ・月経困難症
  • ・疲労感
  • ・頻尿
  • ・腰痛など

 初期にはほとんどありませんが、筋腫が大きくなるにつれて、症状があらわれることがあります。

 月経過多で出血量が多かったり、不正出血が長く続く場合は、貧血になります。

 筋腫が周囲と癒着(ゆちゃく)している場合には、激しい月経痛や下腹痛をともなうことがあります。とくに、漿膜下筋腫で、有茎性(茎(くき)のようなもので子宮につながっている)の場合には、茎部がねじるなどして激しい腹痛をおこすことがあります。

 その他、筋腫が大きくなるにしたがって膀胱や直腸が圧迫されると、頻尿や便秘になったり、骨盤内の神経や脊髄(せきずい)が圧迫されると腰痛を訴えます。

現代医学的な原因

 まだはっきりとはわかっていませんが、筋腫の元になるが若いうちからあって、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの影響で、筋腫が発育するという説があります。

 これは、エストロゲンの分泌が活発な30代以降に筋腫が大きくなり、分泌が減少する更年期以降で筋腫が小さくなる傾向があることから考えられています。

 でも、更年期以降でも筋腫が縮小しないケースもあり、エストロゲンの影響についても詳細は不明です。また、筋腫の核がなぜできるのか、そのメカニズムについてもはっきりしたことはまだわかっていません。この他に、免疫力の低下やストレスの影響なども考えられています。

現代医学的な治療法

 筋腫の大きさや部位、妊娠希望の有無などを考慮して、総合的に判断されます。

対症療法

 筋腫が小さくて軽度の場合、鉄剤で貧血の対処をしたり、鎮痛薬で痛みを抑えたりする対症療法がとられます。でも、貧血が酷い場合や、不妊症や流産の原因と考えられる場合、あるいは、筋腫が大きく発育した場合などは、薬物療法や手術などが検討されます。

薬物療法

 GnRHアゴニスト(偽閉経療法)は、薬で閉経状態をつくることで筋腫を小さくする方法です。でも、更年期障害のような副作用があったり、6ヶ月以上続けると骨量が低下したり、薬をやめると筋腫が再び大きくなるなどの問題があります。そのため、近年は、薬物療法として用いられることは減り、手術前に、筋腫を縮小する目的で用いられることが多くなってきました。

手術療法

 手術には、子宮ごと摘出する全摘出手術と、子宮は残して筋腫だけを摘出する筋腫核出術とがあります。筋腫の位置や大きさ、年齢、妊娠の希望などによって検討されます。妊娠を希望する場合には、筋腫核出術が優先されますが、この場合、筋腫の再発や癒着(ゆちゃく)のリスクがあるといわれています。

その他の療法

 次のような療法を行う病院もあります。

【子宮動脈閉塞術(UAE)】

筋腫に向かう血管に栓をして栄養を遮断することで、筋腫を小さくする方法です。

【MRガイド下集束超音波療法】

子宮筋腫に集束した超音波をあてて、縮退させる方法です。

現代医学的にみた子宮内膜症

 子宮内膜と同じ組織が、卵管や卵巣など子宮以外の場所にできるのが、子宮内膜症です。

 子宮内膜症になると、発生した場所で月経と同じ現象が毎月おこって出血を繰り返しますが、出口がないために体外へは排出されず、血液が次第に蓄積されていきます。ときには、周囲と癒着(ゆちゃく)して、病巣が広がっていくことがあります。

 また、子宮内膜症は、最初は小さな粒であっても、広がるにつれて硬いコブになっていくのも特徴です。

 とくに多いのが卵巣にできる卵巣チョコレート嚢胞(嚢腫)です。血液が次第に卵巣の中にたまり作られます。子宮内膜症の図

 卵巣チョコレート嚢胞(嚢腫)は、炎症や癒着が卵管の近くまで広がり、不妊症を招くこともあります。また、卵管で子宮内膜症がおきると、卵管が詰まり、不妊や子宮外妊娠の原因になることがあります。

子宮内膜症の症状

  • ・月経痛
  • ・月経過多
  • ・不正出血
  • ・月経困難症
  • ・下腹部の痛み
  • ・腰痛など

 発症している場所や、程度によって多少異なりますが、主な症状は月経痛です。約70%に月経困難症がみられますが、月経の時以外にも、下腹部の痛みや腰痛がみられます。

 その他に、貧血、下痢、便秘、排便痛、頻尿、むくみ、性交痛などがあります。

 チョコレート嚢胞(のうほう)は、大きくなるまでこうした症状がみられないことがありますが、嚢胞が破裂して、急激な腹痛に襲われることがあります。また、腸との癒着がひどくなると、腸閉塞をおこすことがあります。

現代医学的な原因

 子宮内膜症は月経のある20~30代にもっとも多く起こり、最近は、妊娠経験のない若い女性を中心に増えています。一方、妊娠して月経がなくなると、子宮内膜症は小さくなる傾向があります。

 このように、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌がさかんな成熟期に増えて、分泌の止まる妊娠期や、分泌の減る更年期に小さくなっていくため、エストロゲンが関与しているだろうということはわかっています。

 でも、子宮内膜の組織が、なぜ子宮以外のところにできるのか、その原因については解明されていません。いくつか説はあるので、代表的なものを紹介します。

  • ・月経時に剥がれ落ちた子宮内膜が、経血と一緒に卵管の方に逆流して、卵巣やお腹の中に内膜組織が付着する説
  • ・なんらかの原因で、子宮内膜の組織に変化する説。

現代医学的な治療法

 年齢や重症度、妊娠希望の有無などを考慮して方針は決まります。

薬物療法

 エストロゲンを抑えるホルモン剤を服用して、一時的に無月経(閉経)状態にすることで、内膜症を小さくします。低用量ピルや黄体ホルモンなどが用いられます。赤ちゃんを望んでいる人には、向かない方法です。

 服用を中断すると再発することがあったり、副作用の問題もあるため、担当医と相談しながら進めることが大切です。

手術療法

 薬物療法で改善されない場合は、手術が検討されます。妊娠を希望する場合は、病巣の部分切除や癒着をはがす、腹腔鏡下手術が行われます。内膜症が大きかったり、症状が酷い場合は、年齢によっては、全摘手術が選択されます。

現代医学的にみた子宮腺筋症

 子宮腺筋症は、子宮内膜とよく似た組織が子宮の筋層(筋肉内)にできる病気です。子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に組織ができますが、子宮腺筋症は子宮にできます。

 本来は子宮の内側に増殖すべき子宮内膜が、子宮の筋肉内に入り込んで増殖・出血するので、子宮の筋肉がかたく腫れ上がってしまいます。子宮腺筋症は30歳代後半~40歳代の経産婦に多い病気です。子宮腺筋症の図

子宮腺筋症の症状

  • ・強い月経痛
  • ・月経過多
  • ・月経期間の延長など

 子宮筋腫の症状とよく似ていて、筋腫を合併していることもあります。

現代医学的な原因

 詳しい原因はまだわかっていませんが、妊娠したことのある人や、人工妊娠中絶を行った人に発症するケースが多いことから、分娩や手術を行った際に、子宮の筋肉内に子宮内膜様の組織が入り込むことが考えられています。その他に、ストレスや免疫力の低下、冷えなど複合的なものと考えられています。

現代医学的な治療法

 どの方法を選択するかは、病巣の大きさや妊娠希望の有無などを考慮して決まります。

薬物療法

 子宮内膜症と同様に、エストロゲンを抑えるホルモン剤を服用して、腺筋症の進行を抑えます。低用量ピルや黄体ホルモンなどが用いられます。服用を中断すると再発することがあったり、副作用の問題もあります。

手術療法

 病巣が広がってくるような場合は、手術が検討されます。妊娠を希望する場合は、腹腔鏡か開腹手術で病巣のみを摘出します。重症度によっては、年齢を考慮して全摘手術が選択されます。

 子宮筋腫と違って、健全な筋肉との境目を見分けるのが難しいため、再発率は高いですが、手術後の妊娠率は約40%です。

東洋医学的な考え方と鍼灸治療

 当鍼灸院では、東洋医学的な病態の特徴や人のからだの仕組みから、病巣ができる根本的な原因を導きだし、施術方針を決定しています。

根本的な原因

  • ◆瘀血(おけつ)
  • ◆冷え

 子宮筋腫の原因は、血液の流れが悪くなる「瘀血(おけつ)」にあります。骨盤内の血流が悪くなり、どろどろと停滞することにより形成されます。

 瘀血(おけつ)の解釈の1つに、熱の塊(かたまり)という見方があります。

 血液には、内臓などでつくられた体温を全身に運ぶ役割があります。熱を運んでいる血液が、長期間停滞することで形成される瘀血(おけつ)は、熱の集まりとみることができます。

 そのため、何らかの要因で、お腹に冷えが生じると、これ以上冷やさないように、熱の塊である瘀血(おけつ)がつくられる訳です。

 逆に、冷えが解消されれば、瘀血(子宮筋腫)は必要なくなり、自然に小さくなっていきます。

 見方を変えると、瘀血(おけつ)は、冷えに対するからだの防御反応と言えます。

 冷えが生じる背景には、深く思い悩んだり、イライラしたりといった内因(内から生じる病因)や、夏のエアコンや冬の冷たい外気にあたり過ぎたといった外因(外部から発病させる病因)、また、過労や食べ過ぎなどの不内外因(生活習慣から生じる病因)があります。

 内因、外因、あるいは、不内外因によって、気が消耗すると、「冷え」が生じてきます。これを「根元的な冷え」といい、病の根本原因と考えています。

 月経のたびに出血を繰り返す子宮内膜症子宮腺筋症も「血液」と関連が深い疾患です。

 卵巣に血液が溜まって形成されるチョコレート嚢胞(嚢腫)や子宮の筋層に広がる腺筋症も、「冷え」が下腹部に生じた結果、発症したと考えています。筋腫、内膜症、腺筋症は、病名は違っても根本的な原因は同じなので、それぞれ合併することも少なくありません。

鍼灸の施術方針

 【施術方針】気血をめぐらせ、冷えをとる

 お腹を中心に、全身をお灸で温めて血行をめぐらせます。背中や腹部、手足のツボに優しく鍼を施して、気血の流れを調整しながら、自己治癒力(からだに備わっている、病を治す機能)を高めていきます。

 施術は、1~2週間に1回程度、無理のないペースで受けていただくとよいでしょう。ホルモンバランスの関係で、肩こりや頭痛、不眠、イライラ、のぼせなどを伴う場合、一緒に施術を行います。

 *はなもも鍼灸治療院では、病巣に鍼を刺入しない安全な施術を行っています。どうぞ安心してお受けください。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日