妊活・不妊

妊活・不妊

はなもも鍼灸治療院には、このような悩みを持った方々が来院されています。

  •  不妊症の検査を受けて原因は見つからなかったけれども妊娠しない
  •  人工授精や体外受精を行っても授からない
  •  質の良い卵子が育たない
  •  病院では高齢だからと言われてしまう
  •  不妊や流産の要因になる病気が見つかり妊娠できるか不安
  •  妊活をはじめたがなかなか恵まれない

そして、皆さんに共通しているのが、「からだの芯の冷え」です。

妊娠には温かいからだが最適です

一般に、女性は、排卵がおきると体温は上がり高温期になります。そして、受精卵が着床して妊娠が成立すると、出産を迎えるまで温かいからだは維持されます。

なぜなら、受精卵が正常に細胞分裂を繰り返して胎児に成長するためには、温かい環境が必要だからです。温かなからだは、赤ちゃんに恵まれやすいからだなのです。

不妊は、東洋医学では「不孕(ふよう)」と呼ばれ、数千年も昔から鍼灸治療がおこなわれてきた長い歴史があります。鍼灸治療はその膨大な治療の積み重ねの中で、冷えと不妊の関係を明らかにしてきました。

東洋医学では「冷えは万病のもと」といわれ、赤ちゃんを授かりにくい方には、冷えがあります。冷え性の女性はもちろん、そうでない方もお灸を施すと、とても気持ち良いと言います。

これは、からだの芯が冷えて、熱を必要としている状態だからです。

ご自身が感じている以上にからだは冷えています。

冷えはからだにどのような影響をおよぼすのでしょうか?

冷えは、みなさんのからだに備わっている「妊娠力」を低下させてしまいます。

妊娠の成立には、ホルモンを分泌する力、卵胞を育てる力、良質の卵子をつくる力、排卵する力、子宮内膜をふかふかに厚くする力、着床した受精卵を育む力など、すべての力が必要です。

これらの力が東洋医学における妊娠力です。妊娠力は、昔も今もかわることなく、みなさんのからだに備わっています。

ところが、冷えが生じると妊娠力は徐々に低下していきます。妊娠力が低下すると、「検査で異常は見つからないけれども妊娠できない」、「採卵しても質の良い卵子がとれない」、「移植しても妊娠できない」など、とても悩ましい状況になります。

東洋医学ではこの状態を、「未病(みびょう)」の状態と診ます。健康そうに見えても(病院の検査結果は異常なしでも)、妊娠する力が弱くなっているのです。

さらに冷えが強くなると、子宮内膜症や多嚢胞卵巣症候群、不育症など妊娠の妨げとなる病を招くことになります。これは、冷えが強まり、未病から病気に進行した状態です。

妊活が思うようにいかない方の多くは、肩こり・腰痛をはじめ、頭痛・イライラ・抑うつ感・冷え性・便秘・月経痛など、なにかしらの症状を抱えていることが少なくありません。

これらの多くも冷えが原因で引き起こされます。からだに及ぼす冷えの影響は多岐にわたります。

赤ちゃんに恵まれやすい温かなからだに導きます

冷えは1日、2日でたまるものではありません。過労や過度のストレス、冷たい飲食物の食べ過ぎや飲み過ぎ、あるいは、生活環境などの要因が重なりながら、長い年月をかけて溜まってきます。

そして、冷えにともない妊娠力は徐々に低下していきます。赤ちゃんを授かる一番の近道は、根本原因(=冷え)を解消していくことです。

はなもも鍼灸治療院では、「からだの芯の冷えをとり、妊娠力を高める」という根本治療を行っています。

赤ちゃんの授かりやすい温かなからだになり、本来の妊娠力を取り戻しましょう。きっと、可愛らしい赤ちゃんに恵まれます。

治療期間と費用は?

治療の効果はどのくらいであらわれるのでしょうか?

当院では、治療をはじめて3ヶ月~6ヶ月で妊娠される方が多くいらっしゃいます。これは、卵胞・卵子の成長する期間とほぼ一致しています。

卵胞・卵子は、およそ6ヶ月以上かけて成長していくと考えられています(諸説あります)。そして、最後の2ヶ月~3ヶ月は、卵胞の成熟にとってとても大切な時期と言われています。

もちろん、もっと短期間で妊娠した方もいらっしゃれば、1年以上かかった方もいらっしゃいます。一般に、不妊や流産の原因になる病気をかかえている方は、冷えが少し強い傾向にあり、妊娠までに時間を要することもあります。冷えの程度により、効果のあらわれ方に個人差はあります。

体外受精などと鍼灸治療を併用した場合、経済的な負担は大きくなります。当院では、みなさんに安心して鍼灸治療を受けていただけるように、1ヶ月定額料金をご用意しています(1ヶ月間に何回でも治療を受けていただけます)。

費用面のことが心配で今まで鍼灸治療を控えてきた方や、こまめに治療を受けたい方など、一日でも早く赤ちゃんを希望される方はぜひこちらをご利用ください。

お気軽にご相談ください

妊活や不妊治療のことをはじめ、東洋医学から西洋医学のことまで、どのような疑問や悩みもお気軽にお尋ねください。

「日常生活で気をつけることは」、「ある食べ物が妊娠によいと聞いたが本当か」、「病院選びに悩んでいる」、「このまま同じ病院の治療を続けていてよいのだろうか」、「なぜ鍼灸が妊娠によいのかもっと詳しく知りたい」など、聞いてみたかったことから悩み事まで、お気軽にご相談ください。

症状ごと


関連するページ


お気軽にお問い合わせください