着床障害

着床障害

 子宮の状態の良し悪しは、妊娠を大きく左右します。せっかく受精卵ができても、子宮内膜に着床できないと妊娠は不成立になります。

 ここでは、着床障害の対処法などについてお話します。

着床障害の要因になるトラブル

 卵子と精子は、卵管の中で出会い受精します。その後、受精卵は、卵管から子宮内に5日~7日かけてゆっくりと移動してきて、子宮内膜にもぐり込み着床します。

 もし、子宮内に何らかのトラブルがあると、受精卵は着床できないことがあります。これを着床障害と言います。受精卵が卵管から子宮内に移動してくるイメージ図

子宮内のトラブル

 子宮内に次のようなトラブルがある場合、着床障害を起こす可能性があるとされています。

 子宮筋腫子宮腺筋症子宮内膜ポリープ子宮奇形子宮内膜癒着子宮内膜が薄い黄体機能不全子宮内膜増殖症子宮体がんなど。

着床障害の対処法

 妊娠を最優先に考えると、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ、子宮内膜癒着、子宮内膜増殖症、子宮奇形などは、病巣が大きかったり、明らかに着床の妨げになっている場合は、病院で取り除くなどの治療を受けることが望ましいでしょう。

 病院では、切除手術や掻爬(そうは)術、形成手術などを受けることができます。

 まずは、着床障害の原因になっていないか、病院で診てもらいましょう。

 もし、着床の妨げになっていないとわかったとしても、病巣を抱えたままでは、決して健康的なからだとは言えません。このままのからだで本当に妊娠できるのだろうかと、不安になることもあると思います。

 東洋医学では、たとえ小さくてもトラブルがあるということは、いつでも妊娠できる健康なからだとは少し違う状態とみます。

 たとえば、いくら着床の妨げにならないとしても、子宮筋腫があるということは、からだに少なからず問題があるから筋腫ができるわけです。どんなに小さな筋腫であっても、本来は、まったく無いことが正常なのです。

 症状はからだからのサインです。

 はなもも鍼灸治療院は、自己治癒力に着目した施術を行っています。

 子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜ポリープは、たとえ完全に消失しなくても、小さくなるだけでも、受精卵にとっては、より着床しやすい状況になります。

 子宮内膜が薄い場合や、黄体機能不全が疑われるときは、周期療法根本療法でアシストします。

 術後の人は、気血の流れが乱れやすいので気をつけましょう。

 東洋医学と西洋医学、それぞれ、着床を手助けする方法があります。両面からアプローチすれば、きっと難しい着床障害も乗り越えられると考えています。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日