排卵障害

排卵障害

 排卵は、妊娠への第1歩です。もし、排卵が上手くいっていないと、不妊症を招くことになります。

このページの目次
  1. 排卵障害とは
  2. 排卵障害の鍼灸

排卵障害とは

 卵巣の中で、卵胞・卵子は約半年かけて成長します。卵胞が成熟すると、卵子は卵巣の外に飛び出し排卵が起きます。

 ところが、何らかのトラブルがあると、卵子が育たなかったり、育っても排卵が起きないことがあります。これを排卵障害といいます。

排卵障害の原因は?

 排卵障害はさまざまな要因が関係します。排卵をコントロールしている中枢機能がうまく働かなくて起こることもあれば、卵巣そのものの機能低下、ホルモンのアンバランス、黄体機能の低下などによって起こることもあります。

 具体的には、次のようなトラブルがある場合、排卵障害が起こります。

 多嚢胞性卵巣症候群性腺刺激ホルモン分泌障害高プロラクチン血症卵巣機能低下症黄体化非破裂(未破裂)卵胞など。

 また、これ以外にも、自律神経女性ホルモンには深い関連性があるため、ストレスなどで自律神経が乱れると、排卵に影響することがあると考えられています。

排卵障害はどうやってわかる?

 通常、多嚢胞性卵巣症候群などは、月経不順や無月経などの自覚症状があったり、基礎体温表に乱れがみられたりするので、大抵の場合、異変に気がつきます。

 でも、中には、黄体化非破裂卵胞のように、月経が普通にあったり、基礎体温も2相性だったりするため、排卵していないことに気づかないこともあります。

 「もしかして、排卵していないのかも」と不安に思ったら、まずは、病院で診てもらいましょう。超音波検査やホルモン値検査などで、排卵の有無を調べてくれます。

 排卵障害のあることがわかると、病院では、薬物療法や手術療法などが行われます。内服の排卵誘発剤やホルモン剤を使って、卵胞の発育を促して排卵を誘発します。効果が見られない場合は、効き目の強い注射を使用します。

 また、場合によっては、手術で排卵を妨げているものを取り除いたりして、排卵が起こるか様子をみます。

排卵障害の鍼灸

 でも、今のからだの状態で、本当に妊娠できるのか不安な人もいるのではないでしょうか。

 東洋医学では、排卵を妨げているトラブルがあるということは、いつでも妊娠できる健康なからだとは少し違う状態とみます。

 そもそも、排卵が誘発されても、その後、妊娠できるかどうかは、その人の妊娠力にかかっています。また、もし、体外受精に進んだとしても、受精卵(胚)が着床して妊娠が継続するか否かは、その人の妊娠力次第です。

 病院の治療は、薬で排卵が起きるように手助けしてくれたり、体外受精で卵子と精子を出会わせることで、妊娠の可能性を高めてくれます。

 でも、いい受精卵ができて、無事、着床して妊娠できるかは、その人の妊娠力にかかっているのではないでしょうか。

 まずは、からだをしっかり整え、妊娠力が安定すれば、病院の不妊治療はさらに力を発揮すると考えています。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日