排卵障害

排卵障害

 排卵は、妊娠への第1歩です。もし、排卵が上手くいっていないと、妊娠は難しくなります。

 「毎月、ちゃんと排卵しているの?」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

 ここでは、排卵障害と当鍼灸院で行っている施術についてお話します。

このページの目次
  1. 排卵障害とは
  2. 排卵障害の施術

排卵障害とは

 卵巣の中で、卵胞・卵子は約半年かけて成長します。卵胞が成熟すると、卵子は卵巣の外に飛び出し排卵が起こります。

 ところが、何らかのトラブルがあると、卵子が育たなかったり、育っても排卵が起こらなかったりすることがあります。

 これを排卵障害といいます。

 排卵障害はさまざまな要因が関係します。排卵をコントロールしている中枢機能がうまく働かなくて起こることもあれば、卵巣そのものの機能低下、ホルモンのアンバランス、黄体機能の低下などによって起こることもあります。

 具体的には、次のようなトラブルがある場合、排卵障害が起こります。

 多嚢胞性卵巣症候群性腺刺激ホルモン分泌障害高プロラクチン血症卵巣機能低下症黄体化非破裂(未破裂)卵胞など。

 これらの疾患は、強いストレスや無理なダイエットなどが原因とされていますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。

排卵障害はどうやってわかる?

 通常、多嚢胞性卵巣症候群などは、月経不順や無月経などの自覚症状があったり、基礎体温表に乱れがみられたりするので、大抵の場合、異変に気がつきます。

 でも、中には、黄体化非破裂卵胞のように、月経が普通にあったり、基礎体温も2相性だったりするため、排卵していないことに気づかないこともあります。

 「もしかして、排卵していないのかも」と不安に思ったら、まずは、病院で診てもらいましょう。超音波検査やホルモン値検査などで、排卵の有無を調べてくれます。

 排卵障害を起こす疾患のあることがわかると、病院では、薬物療法や手術療法などが行われます。

 内服の排卵誘発剤やホルモン剤を使って、卵胞の発育を促して排卵を誘発します。

 効果が見られない場合は、効き目の強い注射を使用します。

 また、場合によっては、手術で排卵を妨げているものを取り除いて、排卵が起こるか様子をみます。

排卵障害の施術

 排卵障害を抱えている方の中には、今のからだの状態で、本当に妊娠できるか不安な人もいるのではないでしょうか。

 そもそもなぜ排卵障害が起こるのでしょうか。

 現代医学では、ストレスやダイエットなどが原因で排卵障害が起こるとされていまが、ここで考えなければならないことは、どんなに強いストレスにさらされている人でも、どんなに厳しいダイエットに取り組んでいる人でさえも、排卵障害にならない女性はいるということです。

 このことは、ストレスやダイエットで排卵障害になるのではなく、からだの状態次第で、ストレスやダイエットの影響を受けたり受けなかったりするということです。

 一般的に言えば、からだは疲れると病気にかかりやすくなります。東洋医学的に言えば、精気(せいき)を消耗すると、病にかかりやすくなります。

 精気とは、東洋医学で用いる言葉で、生命エネルギーみたいなものを指します(精気が不足するとからだが冷えることから、積聚治療では「精気の消耗」のことを「冷え」と呼んでいます)。

 精気が充実していると、はつらつとした日々を送れます。

 でも、精気が不足すると疲れやすくなったり、やる気が湧かなくなったりします。

 特に、精気の消耗が激しい時に強いストレスなどの負担がかかると、それに抵抗できなくなり、病気になりやすくなります。

 どんな病気になるかは、その人の特性によります。

 たとえば、同じ環境で働いていても、ある人は腰が痛くなり、ある人は肩が凝ったりします。生まれ持った体質は人それぞれなので、同じ状況にあってもそこから受ける影響は一様ではありません。

 排卵障害も、からだの異常が卵巣に出やすい体質を持つ人の症状ということです。

 東洋医学的にみれば、精気が低下して、からだの抵抗力が落ちた結果、その人は卵巣に問題が出たわけです。

 つまり、ストレスやダイエットはきっかけに過ぎず、排卵障害の根本的な原因は「精気の消耗」にあるのです。

 「精気の消耗」が妊娠に及ぼす影響は排卵障害だけではありません。

 妊娠力の低下という目には見えない影響もからだに及ぼします。

 妊娠力とは、妊娠可能な卵子を育む力や排卵する力、受精卵の着床しやすいふかふかの子宮内膜を育てる力、着床した受精卵を育む力などを言います。

 妊娠できるか否かは、最終的にはその人の妊娠力にかかっています。

 もし、薬で排卵が上手く誘発されても、その後、受精卵が着床して妊娠が継続するか否かは、その人の妊娠力次第なのです。

 いずれにしても、妊娠を妨げている根元的な原因は、精気の消耗ということになります。

 そこで当鍼灸院では、低下してしまった精気を回復する施術を行っています。全身のツボを駆使してからだの隅々に気血を巡らせて、不足した精気を補っていきます。治療の様子

 妊活中の方も、病院で不妊治療中の方も、からだに精気に満ち溢れれば、卵巣本来の機能が回復し、妊娠力も戻ってくることでしょう。そしてその先に、きっと嬉しい結果が訪れます。

 排卵障害でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日