男性不妊

男性不妊

男性不妊の現状

 国内では6組に1組のカップルが不妊に悩み、約50万人がなんらかの不妊治療を受けているとされています。世界保険機構(WHO)によると、不妊の原因のほぼ半分は男性にもありますが、男性の参加は女性に比べて少ないのが現状です。

 男性に理解が広がらないのはなぜでしょう。

 それは、「不妊の原因は女性という思い込みから」と考えられています。

 先述のように、不妊の半分は男性にも原因があることが明らかになっています。正常な精子が全く見当たらない「無精子症」でさえ、100人に1人はいると言われています。男性不妊症は身近な問題です。「自分は違う」と信じている方や、結果が不安で、病院に行きたがらない人も多いのかもしれません。

 もちろん、異常なしの人はいます。男女両方とも異常はないのに、妊娠しないケースも沢山あります。実は、このような「原因不明不妊」が、不妊に悩むカップルの中で最も多いと言われています。でも、妊活に取り組んでいるのは、圧倒的に女性です。

 妊娠は、高齢になるほど難しくなります。妊活は、男女が協力して取り組むことが大切です。2人で取り組むことで、妊娠の可能性はさらに高まるはずです。

男性不妊のパターン

 男性不妊症の90%以上は精子をつくる機能に問題がある、造精機能障害であることがわかっています。造精機能障害とは、精子の形成や成熟ができないことです。

 しかし、その約60%は、なぜ精子に異常が発生しているのか、原因がわからないものです。この中には、ストレスによる自律神経の乱れから引き起こされているケースも少なくありません。

 また、男性が最も歯がゆいのは性機能障害です。性機能障害は男性不妊の中では、自分でもはっきりと認識できる症状です。これには、精神的ストレスで起こる勃起不全(ED)も多く含まれます。

 先のように、不妊に悩むカップルの中で最も多いのは、「原因不明不妊」です。これは、男女2人で妊活に取り組むことが重要です。

男性のための妊活・不妊鍼灸

 原因不明のケースや精神的ストレスが原因の男性不妊は、その人の持っている生命力を強化すること大切です。

 鍼とお灸で、ツボを優しく刺激して、「気血の滞り(とどこおり)」をとっていきます。「気血のめぐり」が良くなると、生命力が充実し、生殖力を生みだすと考えています。

 鍼灸にはリラックス作用があることも、近年の研究で明らかになっています。精神的ストレスを溜めないように気を付けましょう。

 男性の妊活は、精神面も含め、生命力を高めて生殖力を強化することが重要です。

 ご夫婦で取り組めば、きっとかわいい赤ちゃんに恵まれます。

料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日