2人目不妊

2人目不妊

 1人目はすんなりと妊娠できたのに、2人目はなかなか授からないケースを2人目不妊といいます。

 2人目の場合、前回の妊娠時よりも年齢が上がっているので、卵巣機能が低下したり、卵子の老化が進んでいることがあります。特に35歳を過ぎるとその可能性は高まると言われています。

 また、元々不妊症を引き起こす疾患をもっていたにも関わらず、1人目はそれに気づかず妊娠することもあります。

 子宮筋腫や子宮内膜症などがあったとしても、知らずに妊娠していく人はいます。1人目の妊娠時は、程度の軽かったものが、時間の経過とともに悪化して、2人目の妊娠をむずかしくしている可能性も考えられます。

 あるいは、前回の出産後に、不妊症の要因となる疾患を患ってしまったということもあります。

 このような問題が起こるのは、その人の体質の他に、1人目の出産や初めての育児による疲労の影響が大きいのも事実です。

 出産・育児は女性のからだに大きな負担がかかります。

 出産時の出血や赤ちゃんの授乳により、からだは疲労しやすくなっています。

 2人目を望む段階になって、これらの要因や年齢の問題などが重なり、妊娠の可能性が低くなってしまうことがあります。

 男性に原因がある場合も、1人目の妊娠以降、なんらかの病気やストレスなどが原因で、精子の状態が悪化することがあります。

 最近では、2人目になかなか恵まれない、というプレッシャーからホルモンバランスや自律神経が乱れ、その影響で妊娠できないケースも多いようです。

 また、夫婦ともに問題がみられない、原因不明不妊であることもあります。

 いずれにしても、妊娠を妨げる障害があるということです。


料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日