原因不明不妊

原因不明不妊

 妊活中のカップルの中には、原因不明の不妊で悩んでいる人達が少なくありません。

 「原因がないのに、どうして妊娠できないの?」、「このままで妊娠できるの?」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

 そこで、原因不明不妊とはいったいどういうことなのか、当鍼灸院ではどのような施術を行っているのか、詳しくお話しします。

原因不明不妊とは

 一般に、病院の不妊治療は、妊娠を妨げている疾患を、検査で見つけることからはじまります。原因を突き止められれば、妊娠に向けてその対策が検討されます。

 でも、原因が見つからないことがあります。これを原因不明不妊(機能性不妊)といい、不妊に悩むカップルの10~35%が該当します。割合に開きがあるのは、施設によって検査内容に差があるためです。

 不妊症の中で、原因不明のものは意外と多いのです。

 原因不明不妊は、「原因がない」のではなく、「検査では原因がみつからない」、「数値や画像では異常は見当たらない」ということです。

 つまり、これだけ科学が進歩しても、まだ「数値や画像にあらわれないものがある」、「検査ではみつけられない原因がある」ということです。

 そもそも、人のからだは機械とは違います。体調が良い日もあれば、なんとなく調子が悪いと感じる日もあります。清々しい気持ちで過ごしているときもあれば、イライラした気持ちのときもあります。

 からだの状態は、生活環境や人間関係、食生活などの影響を受けながら、日々変化しています。

 女性が、ストレスやダイエットから排卵が止まってしまうことがあるように、生殖機能の働きも日常生活の影響をつねに受けています。

 ですから、機械の故障のように数値にあらわれないものもあるのです。

 では、「不妊症検査で、数値や画像にあらわせないもの」とはなんでしょうか?

 それは、そのヒトの身体に備わっている妊娠力です。

 ただ単にホルモンや栄養素が足りていれば、卵子が育って排卵が起こり、受精卵が着床して妊娠するわけではありません。

 もし、そうであるなら、原因不明不妊なんてものはなくなり、妊娠率はもっと高くなることでしょう。

 なぜなら、不足分をホルモン剤やサプリメントで補充すればいいわけですから。

 でも実際は、そう単純ではありません。

 新しい生命が宿る妊娠のプロセスはとても複雑なものです。いまだに妊娠の全貌は明らかになっていません。

 その複雑なプロセスを一歩一歩着実に進める力が、皆さんのからだに備わっている妊娠力です。

 原因不明不妊は、この妊娠力が低下している状態です。

 これは、東洋医学でいう「未病(みびょう)」の状態と言えます。見た目は健康(病院の検査結果は異常なし)でも、妊娠力が少し弱っているのです。

原因不明不妊の施術

 人のからだは残念なことに年々老化していくものです。それは、生命力(精気)の低下、つまり、冷えを示します。

 その影響を強く受けるのが卵子精子です。30歳をこえる頃から肉体的な老化とともに妊娠力も徐々に低下してきます。日々、ストレスや疲労が溜まるような生活を送っているとなおさらです。

 もし、卵子が受精しても着床しないのであれば、その原因は母体の冷えに尽きます。からだが冷えているため妊娠力が低下し、着床・妊娠のプロセスがスムーズに進まないのです。

 もし、受精できないのであれば、男性側にも問題のある可能性があります。からだが疲れている、あるいは、冷えているなどの理由で造精機能が低下し、精子の数が減少したり、精子能力が弱くなったりしているのです。

 現在、病院で行われている体外受精では、受精可能と判断された卵子と精子を使うはずですが、それでもその成功率は10%台です。

 なかなか妊娠できないのは、女性にしても男性にしても冷えが強く、妊娠力が低下してしまっているためです。

 当鍼灸院では、生命力を高めて冷えを解消し、本来の妊娠力を取り戻す、という施術を行っています。

 原因不明不妊の鍼灸治療は、できるだけ夫婦で受けるのがいいでしょう。

 夫婦2人で本来の妊娠力を取り戻せば、受精能力の高い卵子と精子が作られ、妊娠に向けた一連のプロセスもスムーズに進むことでしょう。

 さらに、女性には周期療法も行い、卵胞・卵子の成長、子宮内膜の発育、排卵、着床、妊娠をサポートします。

 原因不明の不妊でお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。治療の様子

お気軽にお問い合わせください

料金のご案内へ

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日