よくある質問

よくある質問

施術について

質問:鍼は痛くないですか?

回答

施術には、髪の毛ほどの細さで、先を丸くした鍼を使用しております。気持ちの良い感覚で、眠ってしまう人もいらっしゃいます。もし、痛いと感じるときは遠慮なく仰ってください。必要最小限の刺激で最大限の効果を出す施術を心がけております。

質問:お灸は熱くないですか?痕が残りませんか?

回答

当鍼灸院では、穏やかな温たかさを感じられるお灸を行っております。痕も残ることはございません。全身がじんわりと温まる、気持ちの良いお灸を心がけております。

質問:鍼灸はどんな症状に向いていますか?

回答

鍼灸は肩こり・腰痛というイメージを持たれている方が多いですが、様々な症状に対応いたします。WHO(世界保健機関)によると、神経系、婦人系、小児系、循環器系、消化器系、呼吸器系、耳鼻咽喉系…などが適応とされております。

詳しいページ

鍼灸の適応

質問:副作用はありませんか?

回答

鍼灸治療は副作用の心配はほぼございません。施術後に、一時的に眠くなったり、だるさを感じることはありますが、これは東洋医学の言葉で「瞑眩反応(めんげんはんのう)」と言います。からだを正常な状態に戻そうとする好転反応で、よい結果が期待できます。

質問:施術時間は何分ぐらいですか?

回答

施術時間はおよそ20分~30分です。その日のお身体の状態によって、多少時間は変わります。小さなお子さんは15分くらいです。

質問:着替えは必要ですか?

回答

Tシャツ、ズボンを着用している場合は、そのまま施術を受けていただけます。お仕事帰りなどの方には施術着をご用意しております。

質問:施術を受けた後に運動しても大丈夫ですか?

回答

鍼灸治療の作用は、施術後、ゆっくりと全身にいきわたりますので、施術を受けた日は激しい運動はひかえ、ゆったりとお過ごしください。

質問:施術を受けた日はお風呂に入っても大丈夫ですか?

回答

お風呂は入っていただいて大丈夫です。ただ、いつもより血流がよくなっているので、のぼせないように、長湯には気をつけて下さい。

質問:鍼は使い捨てですか?

回答

滅菌済みの使い捨ての鍼を使用しております。肝炎やエイズなどに感染する心配はございません。衛生面に配慮して、シーツ、枕カバーも施術毎に新しいものを使用しております。

質問:積聚治療(しゃくじゅちりょう)とは何ですか?

回答

鍼灸にはさまざまな流派があり、鍼灸院ごとに施術方法が異なります。積聚治療とは、当院でとり入れている施術方法(流派)の名前です。

詳しいページ

積聚治療について

妊活について

質問:どのくらいの期間で妊娠していますか?

回答

効果のあらわれ方に個人差はありますが、2ヶ月~6ヶ月で妊娠される方が多いです。

質問:何割ぐらいの人が妊娠していますか?

回答

当鍼灸院では、およそ6割前後の方が妊娠されています。(2020年7月現在)

質問:施術はどのくらいの頻度で受けるとよいのですか?

回答

週1回くらいが理想的ですが、ご自身の都合に合わせ、無理のないように受けてください。特に、お身体の冷えの強い方や、年齢的なリミットの迫っている方は、間を空けず定期的に受けていただくことをお薦めいたします。

質問:料金はどのくらいかかりますか?

回答

通常料金は、5,000円(1回)です。初回は、初検料1,000円が別途かかります。妊活・不妊治療の方には、一ケ月15,000円の定額料金もご用意しております。他に費用はかからず、この料金で一ヶ月間に何回でも施術を受けていただけます(例:3月10日からご利用の場合、4月9日まで有効、10日が更新日となります)。

妊婦・産後の施術について

質問:うつ伏せになれませんが施術を受けられますか?

回答

施術は横向きに寝た状態で受けていただけますのでご安心ください。

質問:お腹に鍼を刺すのですか?どんな鍼を使うのですか?

回答

当鍼灸院では、妊婦さんには「鍉鍼(ていしん)」という“刺さない鍼”を使用しております(下写真)。鍼先が丸く滑らかな形状をしています。からだのツボに軽く押し当てるとても優しい施術です。気持ちよくなって眠ってしまう方もいらっしゃいます。どうぞ安心して施術をお受け下さい。鍉鍼(ていしん)の実物写真

質問:妊娠初期ですが施術は受けられますか?

回答

妊娠初期から施術は受けていただけます。つわり、流産予防などで訪れる方がいらっしゃいます。

質問:逆子で34週ですがもどりますか?

回答

一般に、逆子は35週を過ぎると直りにくいと言われていますが、赤ちゃんの動けるスペースがあれば、37週でももどることがあります。帝王切開の前日にもどったという方もいらっしゃいます。諦めずにご相談ください。

質問:逆子の施術は、いつごろから受ければよいですか?

回答

週数が進むにつれて赤ちゃんは大きくなり、子宮内で動けるスペースは小さくなってきます。医師に逆子と言われたら、できるだけ早く鍼灸治療を受けてください。早ければ早いほど、逆子はもどりやすい傾向があります。

質問:逆子は何回くらい施術を受けるともどりますか?

回答

30週前後であれば1~2回の施術で戻る方が多いですが、週数が進んでいると3~5回と施術回数は増える傾向があります。

質問:妊娠中・産後はどんな症状の人が施術を受けに来ていますか?

回答

つわり、逆子、腰・股関節・恥骨などの痛み、お腹のはり、風邪、倦怠感、便秘、むくみ、不安感、流産予防などで訪れる方がいらっしゃいます。お母さんの体調が良くなると、赤ちゃんも健やかに発育します。妊娠中に鍼灸ケアを受けていた方は、安産になることが多いようです。

産後は、体調回復や育児に伴うストレス、産後うつなどで施術を受けに来る方がいらっしゃいます。

質問:出産後はいつから鍼灸治療を受けられますか?

回答

退院したらいつでも受けていただけます。ただし、医師から自宅安静を勧められている間は、無理をせずご静養ください。

小児鍼について

質問:どのような症状に良いのですか?

回答

夜泣き、疳の虫、アトピー性皮膚炎、夜尿症、虚弱体質、風邪、食欲不振など、小さなお子さんの諸症状に対応いたします。

質問:どのような施術をしますか?

回答

赤ちゃんや小さいお子さんには、優しい刺激が適しています。先を丸くした刺さらない鍼(下写真)で、からだのツボを優しく押したり撫でたりする、とても安全な施術です。お灸も温かな感じで、痕は残らないのでご安心ください。鍉鍼(ていしん)の実物写真

施設、予約、健康保険について

質問:駐車場はありますか?

回答

敷地内に2台分の駐車スペースがございます。看板の所からお入りください。

質問:予約制ですか?予約は何日前までにする必要がありますか?

回答

当鍼灸院は完全予約制です。ご予約は、メールの場合は2日前までにお願いいたします。お電話の場合は、当日でも大丈夫です。

質問:予約をキャンセルする時はどうしたらよいですか?キャンセル料はかかりますか?

回答

キャンセルする場合は、電話またはメールでご連絡ください。キャンセル料はかかりません。

質問:健康保険は使えますか?

回答

特定の疾患で、かつ、医師の同意書がある場合、健康保険をご利用いただけます。

質問:受付時間外や休日に施術を受けたい場合、追加料金はかかりますか?

回答

追加料金はございません。当鍼灸院は、「料金案内」で提示している以外の費用は一切いただいておりません。

その他ご質問などございましたら、気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日