妊娠中の腰痛・股関節痛・恥骨痛

妊娠中の腰痛・股関節痛・恥骨痛

 腰や股関節、恥骨などの痛みで訪れる妊婦さんは、意外と多くいます。痛みのない快適なマタニティライフをすごしたいですね。

 ここでは、当鍼灸院で行っている、妊娠中の腰痛・股関節痛・恥骨痛などの鍼灸ケアについて紹介します。

痛みの原因

 妊娠中期になると、どうしてもからだがそり加減になり、腰痛などを起こす原因になります。普段から腰痛のある人は、妊娠すると余計に感じやすくなります。

 また、妊娠中は、「リラキシン」と呼ばれるホルモンの作用で靭帯や筋肉が緩み、赤ちゃんの成長に合わせて骨盤は形を変えます。

 このため、周辺の筋肉や腱に負荷がかかり、腰痛や股関節痛、恥骨痛などがあらわれるとされています。

腰痛・股関節痛・恥骨痛の鍼灸ケア

 前述のように、一般には、姿勢や骨盤の変化が痛みの原因とされていますが、東洋医学では、もう一歩踏み込んで「根本的な原因」を考えます。

 まず、「どうして痛みの出る妊婦さんと、出ない妊婦さんがいるのか」というところに着目します。

 お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、だれでも姿勢が反り気味になり、骨盤も形を変えるわけで、もし、姿勢や骨盤の変化が原因であるなら、妊婦さんは、全員、腰痛や股関節痛など何らかの痛みに悩まされるはずです。

 でも、実際は、痛みを感じない妊婦さんは沢山います。ということは、姿勢や骨盤の変化は、痛みを招く要因(きっかけ)であって、根本的な原因は他にあるはずです。

 では、根本原因を紐解いていきましょう。

 女性のからだには、本来、妊娠に伴っておきるからだの変化に適応できる機能(力)、いわゆる適応力が備わっています。

 お腹が大きくなってきても、痛みに悩まされない妊婦さんは、適応力がしっかりと働いてからだの変化に対応できているからです。

 でも、適応力が低下してしまった妊婦さんは、赤ちゃんの成長に伴うからだの変化についていけず、何らかの影響があらわれます。特に、負担のかかる股関節恥骨は痛みが出やすくなります。

 当鍼灸院でとりいれている積聚治療(しゃくじゅちりょう)では、精気(せいき)が低下することで、適応力が弱まると考えています。

 妊娠は、女性にとって一生の大仕事です。新しい命を育むために、お母さんはこれまで以上にエネルギー(≒精気)を使います。

 日々、規則正しい生活を送り、食事と睡眠をしっかりとっていれば、赤ちゃんの発育に必要なエネルギー(精気)は十分に補われます。でも、どうしても家事や仕事などで無理が続くと、エネルギー(精気)は余計に消耗してしまいます。

 すると、適応力が徐々に低下してきてしまいます。やがて、赤ちゃんの成長にともなうからだの変化に対応できなくなり、腰や股関節、恥骨などに痛みを感じるようになるわけです。

 痛みの根本的な原因は、精気の低下にあると考えています。

 「精気を補えば、本来の適応力はもどる」という方針のもと施術を行っています。

 快適なマタニティライフを送れるよう、はなもも鍼灸治療院はお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

card千葉県の「子育て応援!チーパス」カードをご利用いただけます。 カード提示で、施術料を500円引きさせていただきます。
ぜひご活用ください。
はなもも鍼灸治療院は、千葉県の「子育て応援! チーパス事業」に協賛しています。

料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日